葬儀参列マナー

お通夜や告別式に参列する方なら必ず知っておきたい、様々なマナーやしきたりを紹介します。

通夜・葬式での服装

通夜・葬式での服装

とり急ぎ通夜の弔問にかけつける時は、平服のままでかまいません。先方も用意が整っていない場合が多く、また礼装で訪れたのでは不幸を予期していたよう で、かえって失礼です。

通夜のマナー

通夜のマナー

通夜とは、その字の通り夜通し遺体とともに過ごすことを言うのですが、現在では夜通し柩を守るのは近親者に限られます。通夜は正式な儀式ではなく、身 近な親しい人の集まりなので厳密なしきたりといったものはありませんが、席順は血縁の近い人から祭壇のそばの席に着くのが普通です。

葬儀のマナー

葬儀のマナー(仏式、神式、キリスト教式)

葬儀には、様々なマナーが存在します。けれども葬儀は、日常においてそんなに頻繁に行われるものではありません。そのため、葬儀についてのマナーやしきたりについて、よくわからないという方がほとんどだと思います。

香典のマナー(書き方、出し方、相場金額)

香典のマナー(書き方、出し方、相場金額)

お香典の書き方、出し方、相場金額などを紹介します。

お悔やみの挨拶

お悔やみの挨拶

お悔やみの挨拶は、平凡でありきたりのものの方がよいでしょう。余計なことを言うと、かえって差し障りができてしまうことも考えられるので、短くすませた方が無難です。

弔辞

弔辞

弔辞を頼まれたら断らないで引き受けるのが礼儀です。弔辞は喪家に保存されますので、丁寧に書くべきですが、文章は真心が伝わるように自分の言葉で書くのが良いでしょう。
最近は、弔辞という言葉を使わず、「お別れの言葉」として捧げるケースもあります。

弔電

弔電

葬儀に出席できない場合は弔電を打ちます。電話でのお悔やみは避けるようにしましょう。喪家では葬儀の準備などで忙しく、さまざまな連絡用に電話を使用しなければならないからです。なるべく電報(弔電)を利用するようにしましょう。

供花の出し方

供花の出し方

遺族や友人など、故人と親しかった方、生前お世話になった方が通夜や葬儀・告別式にお供えする花を供花といいます。故人の霊や遺族の心を慰めるだけでなく、葬儀式場を飾るという役割もあります。

葬儀に参列できない場合

葬儀に参列できない場合

何らかの事情によって葬儀に参列できない場合には、お悔やみの言葉を書いた詫び状を出します。

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」