お葬式の供花、誰が出すの?いくらぐらいが相場?

供花(きょうか)とは、故人に供える花のことで、親族や故人と親しかった友人など、深い所縁のある人が贈るものです。また、住所が遠方だったり、入院中だったりと何らかの事情で参列できない人が、気持ちに代えて贈ることがあります。

供花の手配に際しては、守らなければならないいくつかのマナーがあります。突然の訃報を受けたときには誰しも動揺するものですが、大事な場面で失敗しないよう、あらかじめ心得ておきましょう。

供花の手配の方法やマナー、相場など、基本的な知識を解説します。

Adsense(SYASOH_PJ-195)

供花って何?どうして贈るの?

供花は 「きょうか」、または「くげ」 と読みます。故人の霊を慰めるためのものであり、同時に贈る人のお悔やみの気持ちを表現するものです。家族葬などで遺族が香典を辞退した場合、香典の代わりに贈られることもあります。

供花は地位の高い人からではなくて「故人と関係が深い方」から並べていきますので、最も関係が深い近親者(子供・兄弟姉妹・孫・その他の親族など)が最初です。

生花の単位の違い

供花を数えるときには「一対」または「一基」と数えます。一対とは2つ、一基は1つのことを指します。つまり、一対の供花は二基の花籠やアレンジメントなどから構成されます。

供花を贈るときには、一基にすればよいのか、それとも一対にすればよいのかは悩んでしまうところでしょう。明確な決まりはありませんが、親しい親族の葬儀なら一対、職場の関係者や友人、知人などの場合だと一基となることが多いようです。

花籠なら一基、スタンドなら一対で贈るのがマナーと言われていた時期もありますが、今ではあまりこだわられていません。

また、供花には祭壇や会場を飾る意味もあり、親戚一同など贈った人の名前が書かれ、祭壇の両側に設えられるのが一般的です。

最近の供花の傾向

お葬式の供花として選ばれるのは胡蝶蘭やユリ、菊といった花が一般的で、基本的に落ち着いた色調や見た目の花が選ばれる傾向があります。ただ、近年では故人が好きだった花を選ぶ方も増えており、デザインを重視したアレンジメントが贈られることも少なくありません。

スタイルとしては、花籠やフラワースタンド、フラワーアレンジメントなどがあります。フラワースタンドはそれなりにスペースもとってしまうので、事前に会場に置けるかどうか確認した方が良いでしょう。自宅で行われる葬儀の際には、場所をとらないフラワーアレンジメントが選ばれる傾向があります。

また、最近では、式場内の雰囲気を統一し空間を演出するため、決められた選択肢の中から選ぶという傾向が多いようです。この場合、葬儀社やその葬儀を担当する生花店などが一括して供花の注文を請けます。

さらに、葬儀社のサービスによっては、供花を生花祭壇に組み込むというケースもあります。これは、贈られた供花の費用で生花祭壇の花を増やしたりするもので、祭壇がより華やかなになるだけでなく、喪主の費用負担を軽くすることにもつながります。

供花の種類にはどんなものがある?

供花とは、故人の供養を目的として、式場や祭壇に飾るお花(生花)のことを言います。遠方や用事などで葬儀に来られなかった人から、香典の代わりとして送られることもあります。

また、葬儀に用いられる花には、他にも枕花や献花などがあります。

枕花お通夜の時に故人の枕元に飾る花のことで、遺族や故人と特にゆかりの深かった人から送られます。

献花はキリスト教の風習に則った供花のことで、お焼香の代わりとして故人に一本一本生花を送ります。十字架や遺影を花で飾るケースも多いようです。

供花をはじめ葬儀で用いられる花は、基本的には白を基調とした花が送られますが、最近では決まりごとにとらわれずに故人の好みや生前の意思などを尊重したお花を捧げるケースも多く見られます。

地域や宗派による供花の形式の違い

供花には、地域や、宗旨・宗派による違いが存在します。

一般的に、供花は葬儀場を飾りやすいアレンジメントで送られますが、地域によっては花輪という形で送るところもあるようです。

関西の一部の地域では供花の代わりとして、常緑樹である樒(しきみ)を使うところもあるなど、さまざまな形があります。

樒(しきみ)は匂いが強く、実に毒があることから、昔から邪気を払い魔除けになると信じられています。

関西の一部の地域では、供花の代わりに樒を使うところがあります。

また、宗旨・宗派による違いに関しては、現在の日本の葬儀の8割を占めるとも言われる「仏式(在来仏教の葬儀・お葬式)」の場合、菊や百合(ゆり)などの白い花を主に使います。

神道の葬儀・お葬式でも基本的には仏式と同じですが、供花の他に神饌物(しんせんぶつ)といって、塩や米、季節のものなどをお供えする風習もあります。

キリスト教の葬儀・お葬式では、供花は必ず生花でなければなりません。使われる花もランやユリ、カーネーションなどの洋花が多いようです。

供花の手配の仕方は?

供花の平均的な相場はいくらになるかと言えば、一基7500円から15000円です。一対にして贈るならその倍の金額になるため、15000円から30000円ですが、主流は一対20000円のものとなっています。一基にするか一対にするかについては、特に決まりはありません。そのため贈る人の予算次第と言えるでしょう。

しかし葬儀会場によっては、スペースの都合から受付を一基に限っている場合もあります。注文時に確認しておいてください。代金は参列した日に、葬儀社に直接支払うか、後日振り込みが一般的です。

供花を送るタイミング

供花は通夜が執り行われる前までに、届いている必要があります。
従って、開始時間の最低3時間前までを目安に依頼するようにしましょう。

万が一間に合わなかった場合は、通夜の翌日の葬儀に間に合うように手配するか、後飾り祭壇一式に供える花として、式場ではなく喪家宅に届けてもらうという方法もあります。

供花のお礼に関するマナーとは

供花のお礼ですが、供花をいただいた場合、基本的にはお礼の品などを送る必要はありません。

しかし、できるだけ早くお礼状を出すのがマナーとされています。

お返しの品を送る場合には、送られた供花の「2分の1」から「3分の1」の金額のものを相場として送ります。

送るものは、縁起を担いで、せっけんやお茶、お菓子などの消えて無くなるものや、タオルやハンカチなどもよく用いられます。

また、お礼状には形式文のほかに「いただいたお花は生前故人が大好きだったもので、お心遣いに大変感謝しております」など一言添えると、より気持ちが伝わるでしょう。

相手を思いやる気持ちで贈ることが大事

供花は故人に対する敬意と哀悼の意をあらわすものです。誰がいくらお金をかけたかを競うものではありません。供花を贈る目的を逸脱しないよう、相手に常に思いやりを持つことを心がけましょう。

そのためには、相手の宗旨や宗派はもちろん、土地の風習や会場の都合まで気を配ることが必要です。もしも、色々考えてみたつもりだけれどまだ不安があるという場合は、葬儀社などにすべて任せるという方法もあります。マナーを守り、思いやりの気持ちをもって供花を贈りましょう。

いずれにしても供花には宗旨・宗派や地域などでさまざまな違いや決まりごとがあるため、不安があるときは葬儀社などのプロに任せるのが無難です。

葬儀・葬式や法事用など、お悔やみ用の生花を全国で手配・配達してもらえる「供花・胡蝶蘭 net」といったサービスもありますので、そういったところに相談してみるのもよいでしょう。

供花のマナーを守って悲しみに寄り添い、感謝の気持ちで故人を送りたいものです。

あわせて読みたい


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。

また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す