終活・相続

終活・相続

ダイヤモンドや婚約指輪などの宝飾品には贈与税がかかる?プレゼントされたときの対応とは?

「贈与税」とは、個人から財産を譲渡された時にかかる税金です。それでいえば、パートナー(=個人)から「財産」ともいえる高額の婚約指輪を贈られるという行為は、財産の譲渡に該当するのでしょうか? 婚約指輪ほど高価なものをもらうのは人生で初めての方...
終活・相続

相続・財務の手続き方法について

相続と名義変更 相続と名義変更 ご葬儀が終わると、さまざまな手続きや申請をしなければなりません。相続と名義変更について簡単に説明しますが、遺産相続や名義変更には複雑な面もあり、トラブルを引き起こしてしまうことも考えられます。法律に知識が必要...
終活・相続

老衰とは?老衰死のサインと症状・死亡までの期間・家族がすべき準備

老衰(老衰死)とは、加齢に伴う身体機能の衰弱による死のこと。身体機能の低下や食事量・体重の減少、睡眠時間の増加などの前兆・症状があらわれ、意志疎通が難しくなっていくため、家族間で終活について確認しておきましょう。
終活・相続

相続の優先順位や分配割合のルール

法定相続とは、被相続人(遺産を残した人)の遺言がなく、親族間で相続の話がまとまらない場合に、民法のルールで決められた「法定相続人」が遺産相続を受けることです。法定相続人の遺産を受け取る優先順位や遺産の割合は、被相続人との関係により決まります...
終活・相続

遺言とは?遺言書の種類と正しい書き方、注意点を解説

遺言とは、自分の財産を誰にどのように残すかを伝える被相続人の意思表示。相続や財産に関する意思を遺すなら、正しい方式で書いた遺言書が必要です。ここでは、遺言書と遺書の違いから遺言書の種類、正しい書き方、注意点まで解説します。
終活・相続

インフォームド・コンセントって何のこと?

インフォームド・コンセントとは、「説明と同意」とも呼ばれ、医師が患者に対して納得いくまで説明した上で、双方の合意の上で治療の方法を決めるというプロセスのことをいいます。 患者が自分のことを自分で決める権利を尊重したものですが、わかりにくい専...
終活・相続

ターミナルケアとは?その意味や内容について

ターミナルケアとは終末医療とも呼ばれ、病気や老衰、認知症などで人生の残りがわずかとなった人に行うケアです。 普通の医療と違い治療や延命を目的としません。体の痛みを和らげ、心の辛さによりそい、経済的な心配事などを解決することで、終末期でも穏や...
終活・相続

ホスピスとは|緩和ケア・ターミナルケアの内容と費用について

ホスピスという言葉をご存知でしょうか?ホスピスは「最後の時をその人らしく暮らせるように支援する施設」です。痛みを和らげる緩和ケアのほか、精神的、社会的なケアを行います。 また、最近では自宅で過ごしたいという人のために医療職がチームになり、自...
終活・相続

生前に自分の葬儀の在り方を考える模擬葬儀とは

模擬葬儀とは、その名の通り自分の葬儀を実際に体験するものです。いわば自分の葬儀のリハーサルです。最近は自分の葬儀をどのように行うかを、生前に決める人も増えてきているようです。 そのひとつの方法として、葬儀社などが模擬体験サービスを提供してい...
終活・相続

生命保険を選ぶポイントとは?種類とその特徴について

生命保険とは、万が一病気やケガをしたときに、入院・通院費に充当したり、生活費を保障したりするものです。そして、不幸にもご家族が亡くなられた場合には、遺されたご家族の生活費に充てることもできます。生命保険は、さまざまな商品が販売されていますが...
終活・相続

臓器提供について

臓器提供とは、自分の死後、健康な臓器を、病気や事故によって臓器の機能が低下した人に移植するために提供することを指します。 医療技術の進歩により、臓器移植を行うケースは増えてきています。また、自分が死亡した場合、自身の臓器を提供して役立てたい...
終活・相続

遺族の必要保障額について

必要保障額とは、一家の生計を支えていた大黒柱が亡くなった際に残された家族が生活していくために補わなければならない金額の目安です。生活や将来のために必要な金額から、遺族年金や他の家族の収入などを差し引いて算出します。生命保険を選ぶ際は、この必...
終活・相続

老後の年金について

年金とは、老後に受け取る給付金のことで、それまでに支払った年金保険料や受給開始の時期などによって受け取る金額が変わってきます。年金には、会社員を対象にした老齢厚生年金や、自営業を対象にした老齢基礎年金などの公的年金と、企業年金や個人年金など...
終活・相続

死後事務委任契約とは?依頼できる内容や相手、契約の流れを解説

死後事務委任契約とは、死後の事務処理を第三者に依頼する生前契約。依頼相手の制限はないが、友人・知人や弁護士、行政書士などが一般的です。この記事では、死後事務委任契約の内容や依頼先、流れを解説します。
終活・相続

老後で必要になる生活費の目安

老後が不安になる理由 定年で退職すると私たちの生活は大きく変わります。その中でも最大の変化のひとつが、経済的な変化です。それに伴い、さまざまな金銭的な不安も起こってきます。 例えば退職後の収入源として考えられるのは、公的年金・企業年金・退職...
終活・相続

財産目録について

財産目録とは、被相続人の財産がすべて記載された表のことで、預貯金や不動産だけでなく借金やローンなど負債についても記載します。財産目録を作成することで財産が明確になり、相続人同士のトラブルを減らすことができます。作成する義務はありませんが、相...
終活・相続

リビングウィルとは?意味と事前指示書の書き方、例文を紹介

リビングウィルとは、簡単にいうと「生前の意思」を意味し、患者本人が元気なときに延命措置や尊厳死に関する希望を文書に書き残しておくこと。この記事では、リビングウィルの説明をはじめ、書式や書き方などを解説します。
終活・相続

生前整理の方法とタイミング

生前整理とは、自分が生きているうちに、家具や財産などを片付けておくことです。物の片付け以外にも相続問題などを明確にすることで、家族間のトラブルなどを防止できます。 生前整理は家族への負担を減らすためでもあるのです。ここ数年、生前整理を考える...
終活・相続

エンディングノートとは?書き方と作り方、基本項目【無料プレゼントあり】

エンディングノートは、人生の終末期における考えや希望を書き記すノート。形式に決まりはないので、必要な情報を自由に書いて問題ありません。この記事では、エンディングノートの書き方や作り方を解説します。
終活・相続

終活とは?意味・お金・やるべきことのまとめ

終活の意味や終活に関連して行うべき事柄などを説明していきます。終活のことがよくわからない人や、これから終活を行おうとしている人、または終活に興味のある人は、ぜひ一度本記事に目を通してください。

終活・相続

生きてるのにお葬式!生前葬のメリット・デメリットとは?

生前葬というのは、その言葉の通り生前、つまりまだ生きているうちに行う葬儀です。著名人たちの生前葬はしばしば、ニュースなどでも報道されますが、一般の方の行う生前葬は、まだ十分に認知されていないというのが実情ではないでしょうか。 生前葬のメリットやデメリット、生前葬を行う際の注意点。さらに生前葬とお別れ会の違いなどについて解説します。

終活・相続

相続税と生前贈与について

相続税対策として生前贈与を活用するという話は、聞いたことがある方も多いと思います。 生前(お元気なうち)に推定相続人等(※)に財産を譲り、財産の総額を減らしておくことで、将来相続が発生したときにかかる相続税をおさえようとする対策がこれにあた...
終活・相続

不動産売却と成年後見制度 ~法定後見と任意後見のちがい~

不動産を売却しようと思った際に、その不動産の所有者が認知症等の精神疾患により判断能力が不十分である場合は、残念ながらその方が所有する不動産の売却をすることができません。 このような方が所有している不動産を売却したい場合には、家庭裁判所へ成年...
終活・相続

空き家の処分はいつまでにするべき?リスクと対策、節税について。

空き家を放置していると固定資産税がかかるほか、定期的に管理をしないと不法投棄や犯罪の温床になってしまいます。 さらに、倒壊の危険性がある空き家や周辺に迷惑をかける空き家は固定資産税の負担が増え、最悪の場合強制撤去されてしまう可能性もあります...
終活・相続

【終活アイテム】葬儀社御用達!セレモニースケジュール手帳ってどんな手帳?

今年も手帳の季節がやってきました。 書店や文房具店をはじめ、いろんなお店に来年の手帳が並んでいます。 毎年のこととは言え、手帳を選ぶときのなんとも言えないわくわく感が、たまりません。 ところで、日々、故人のため、遺族のため文字通り24時間3...
終活・相続

「墓じまい」と「無縁墓」の注意点について。〜お墓を放置したらどうなるの?〜【元芸人行政書士のシャレにならん話】

ありがとうございます。 元芸人行政書士の、荒井保寿と申します! 本日のテーマは、 『無縁墓の増加』 についてでございます。 無縁墓とは何かというと、 お墓を継承する者や縁故者がいなくなったお墓のことを言います。 無縁墓とはどういう状態のお墓...
終活・相続

元芸人行政書士荒井の自己紹介【元芸人行政書士のシャレにならん話】

ありがとうございます。 元芸人行政書士の、荒井保寿と申します! 今後『いい葬儀マガジン』さんで記事を書かせていただくにあたり、 まずは僕の自己紹介をしたいと思います。 ◆名前:荒井 保寿(やすひさ) ◆出身地:大阪市生野区 ◆生年月日:19...
終活・相続

【さくらのゆるゆる終活の旅 Vol.7】生花祭壇ができるまで!匠集団、ユー花園で社会科見学

(一部では)大好評連載中の「さくらのゆるゆる終活の旅」!! 第7弾は、花の総合サービス企業、株式会社ユー花園(本社:東京都世田谷区、山田大平社長)に突撃してきました! お葬式と聞くと、きれいな生花で飾った祭壇をイメージする方がほとんどだと思...
終活・相続

【さくらのゆるゆる終活の旅 Vol.6】葬儀の未来を担う若者たち!を育てる先生にインタビューしました

駿台トラベル&ホテル専門学校 葬祭マネジメント学科で未来の葬儀人を輩出するため教壇に立つ、片桐真樹学科長。 生徒との距離も近く、ハツラツとしているその姿は、まさに「熱血先生!!」という印象でした。 そんな片桐先生ですが、実は先生になってまだ...
終活・相続

【さくらのゆるゆる終活の旅 Vol.5】専門学校で葬儀司会の勉強しました

「さくらの終活日記」第5弾は、これから葬儀社で働く学生を育てる学校、「駿台トラベル&ホテル専門学校」 葬祭マネジメント学科にお邪魔し、実際に授業を受けてきちゃいました。 転入生としてご紹介していただきました! 先生による粋な計らいで、転入生...

葬儀・お葬式を地域から探す