遺族インタビュー【特集】

遺族インタビュー【特集】

すごく丁寧に送ってもらった感じがします。母も空から見ていて嬉しかったんじゃないかな?

社交的で、買い物も大好きで、一人でデパートに買い物に行っていました。 ――どんなお母様でしたか? すぐお友だちを作っちゃう人。歩いていてもすぐに話しかけて親しくなる人っているじゃないですか?そういうタイプの人です。しゃ...
遺族インタビュー【特集】

自宅で妻の介護をしながら、人生は公平にできているって感じました

体調を崩した妻を、千葉のありとあらゆる大きな病院に連れて行きました。 ――奥様はどのような方でしたか? 結婚したんだから、もちろん素敵な人。一言でいうと、温和な人でしたね。2人とも銀座にある会社の社員食堂で勤めていて。...
遺族インタビュー【特集】

【ご遺族インタビュー】退院して戻ってくると思っていた母が、突然の死…。そのとき、葬儀の相談、死後の手続きはちゃんとやった方が良いと実感しました

東京都にお住まいの鈴木さん(仮名)は、2018年の7月、91歳のお母さまを送りました。入院当日に逝去されたというお母さま、突然のことで、故人のお孫さんに当たる梅原さん(仮名:鈴木さんのお嬢様)は臨終に間に合わなかったそうです。 今回...
遺族インタビュー【特集】

【ご遺族インタビュー】心残りは看取るまでのこと。調べておかないと「時間はあったのに……」と後悔する

千葉県在住のMさんは、2019年10月に、9年間がんで闘病されたお母様をホスピスで看取りました。2回目の月命日を終えたところというタイミングで、闘病の経緯や終末期医療のこと、そしてご家族でお見送りしたご葬儀のことについてもお話しをお聞きしました。
遺族インタビュー【特集】

【ご遺族インタビュー】悲しみの大きさは同じでも、その中身は夫婦でも違うことを痛感しました

Mさんのお嬢さんは中学1年生のときに希少がんを発症、2年3ヵ月の闘病の末、死去されました。闘病のこと、在宅でのお看取りのこと、その後3年にわたるグリーフワーク(死別による悲嘆の感情を受け入れ、悲嘆と共存するための心の努力)のことについて、お聞きしました。

葬儀、相続、仏壇、お墓まで人生のエンディングをトータルでお手伝いする総合ガイドブックをプレゼント!

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。
葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。
資料請求
遺族インタビュー【特集】

【ご遺族インタビュー】誰かに話すということ、聞いてくれる人がいるということが大切

ハワイ在住の日本人女性、Hさん。2015年に当時40代のアメリカ人のご主人が心臓発作で他界されました。突然の別れに始まるハワイでのグリーフワーク(死別による悲嘆の感情を受け入れ、乗り越えようとする心の努力)の経験についてお聞きしました。

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す