はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

NEWS

【ご遺族インタビュー】心残りは看取るまでのこと。調べておかないと「時間はあったのに……」と後悔する

千葉県在住のMさんは、2019年10月に、9年間がんで闘病されたお母様をホスピスで看取りました。2回目の月命日を終えたところというタイミングで、闘病の経緯や終末期医療のこと、そしてご家族でお見送りしたご葬儀のことについてもお話しをお聞きしました。
終活

【終活映画】記憶の中の思い出がドラマチックな出来事に!『フォードvsフェラーリ』

誰かの人生を、自伝ではなく隣にいたもう一人の目から見てみる、そんな映画『フォードvsフェラーリ』。観客を圧倒するスピード感で人生を駆け抜ける。 舞台はイタリアのフェラーリ社とアメリカのフォード社の対決のようにタイトルされていますが、...
終活

【終活映画】生き生きと暮らしてゆく姿こそが心に残るメッセージ『男はつらいよ お帰り 寅さん』

新年に考える終活映画として、50年、そして50作品目の寅さん最新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』を見てきました。このお正月という特別な時期にも、終活映画としては意味があります。 終活は「終い支度」ではなく、「元気な人生の再定義のチ...
基礎知識

【除夜の鐘】人間の「煩悩の数」が108個といわれる由来

煩悩とは人間を苦しませる心のことです。108個という数にはちゃんと意味がありました。それを複数の説に分けてまとめています。煩悩を幸福へと変える考えについても触れています。生きにくさを感じたら参考にしてみてください。

終活

【終活映画】ひとりであっても孤独ではない、今一番大切なことを感じられる映画「THE UPSIDE/最強のふたり」

『最強のふたり』が史上最強になって、ハリウッド版としてリメイクされました。 『最強のふたり』といえば、2011年に公開になったフランス映画で同国で幾つもの映画賞を受賞したほか、日本でも第24回東京国際映画祭で最高賞や主演男優賞を受賞...
終活

【終活映画】大切な家族が困らないようにという大きな思いの前に、もっと気づいてほしいこと。『家族を想うとき』

映画『家族を想うとき』。家族が困らないようにと考えられることは幸せなことです。今ある苦労を乗り越えようとするエネルギーはどこから湧いてくるのか?終活の原動力はこんな『家族を想うとき』にあるのかもしれません。

ニュース

【ご遺族インタビュー】悲しみの大きさは同じでも、その中身は夫婦でも違うことを痛感しました

Mさんのお嬢さんは中学1年生のときに希少がんを発症、2年3ヵ月の闘病の末、死去されました。闘病のこと、在宅でのお看取りのこと、その後3年にわたるグリーフワーク(死別による悲嘆の感情を受け入れ、悲嘆と共存するための心の努力)のことについて、お聞きしました。

ニュース

【ご遺族インタビュー】誰かに話すということ、聞いてくれる人がいるということが大切

ハワイ在住の日本人女性、Hさん。2015年に当時40代のアメリカ人のご主人が心臓発作で他界されました。突然の別れに始まるハワイでのグリーフワーク(死別による悲嘆の感情を受け入れ、乗り越えようとする心の努力)の経験についてお聞きしました。
終活

全国初! 遺言実務の専門家になりたい人をサポートする「一般社団法人 全国遺言実務サポート協会」が発足

多死社会の到来にともない、遺産相続をめぐって親族同士で争うケースが後を絶ちません。しかも、相続争いに金額の大小は関係なく、資産総額がそれほど多くはない一般の家庭であっても、頻繁にもめごとが起こっているといいます。 「相続争いを日本か...
終活

家族の想いをかたちに。メモリアルハウス 花堀江の家族葬

大阪市西区堀江にある家族葬専用ホール、メモリアルハウス 花堀江。最大で20名までの葬儀を行うことができる家族葬に特化した葬儀会館です。日比谷花壇の直営式場で、お客さまの希望をお伺いして最適な葬儀プランを提案するオーダーメイド葬を得意としています。

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す