はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

ご遺骨から作る美しい人工宝石!〜変化する供養の形〜

遺骨で作る人工宝石とは、遺骨を加工してダイヤモンドなどの宝石を生成したものです。最近は、ライフスタイルや死生観の変化などに伴い、お墓に遺骨を納骨するという供養だけにとらわれず、遺骨をそばに置く手元供養を希望される方も多くなりました。このような背景事情により、遺骨で作る人工宝石はいつでも身近に故人を感じることができる手元供養品として人気があります。
今回は、遺骨で作る人工宝石について、くわしくご紹介します。

多様化する供養のかたち

かつて遺骨は、先祖代々のお墓や新しく建てたお墓に納骨するのが一般的でした。しかし、最近は核家族化によるライフスタイルの変化や死に対する価値観の変化、経済的な事情などから、散骨や手元供養などの新しい供養のかたちを選択する方も増えています。
手元供養とは、お墓への納骨の代わりに、あるいは納骨を行った上で、遺骨や遺灰などをミニ骨壺やオブジェに入れて自宅に保管したり、ペンダントや指輪などに加工して持ち歩いて供養するという新しい供養のかたちです。
特に、肌身に付けることができるアクセサリーは、いつでもそばに大切な故人を感じていたい方におすすめです。遺骨や遺灰を入れる遺骨ペンダントがよく知られていますが、遺骨を加工して生成する人工宝石をペンダントや指輪、ブレスレットなどのアクセサリーにすることもできます。

遺骨から作るダイヤモンド

お墓の代わりに「ダイヤモンド葬」

遺骨から作る人工宝石の代表的なものが、いわゆるメモリアル・ダイヤモンドと呼ばれる遺骨ダイヤモンドです。2000年代初め頃から、スイスやアメリカなどの会社がサービスを開始しました。「お墓の代わりにしたい」という思いからメモリアル・ダイヤモンドを製作する方も多く、「ダイヤモンド葬」とも呼ばれています。

遺骨ダイヤモンドの製作方法

遺骨ダイヤモンドは、遺骨や遺灰から不純物を取り除いた高純度の炭素成分を抽出します。そして、抽出した炭素成分を機械に入れ、長時間かけて高温・高圧処理をすることで結晶化し、合成ダイヤモンドが生成されます。

遺骨ダイヤモンドの品質

遺骨ダイヤモンドは、合成ダイヤモンドです。ジルコニアのような人工ダイヤモンドでないため、化学組成や硬度、輝きは、天然のダイヤモンドと同じです。遺骨ダイヤモンドには、無色透明なものから、炭素を抽出する過程でごくわずかに残った化学物資により青みがあったり、空気中の窒素により黄色になるものがあります。また、ホウ素を加えて青くしたり、赤や緑などのカラーコーティングをしてくれる会社もあります。

遺骨ダイヤモンドに必要な遺骨の量

遺骨ダイヤモンドを生成するために必要な遺骨の量は、企業によってさまざまですが、70~400グラム程度です。残っている遺骨が少ない場合などは、遺髪などから抽出した炭素成分を加えて生成することもできます。また、お墓に納骨していた場合など、火葬から時間が経った古いご遺骨から製作することもできます。

遺骨ダイヤモンドの製作期間・価格

遺骨ダイヤモンドの製作には、6ヵ月ほどかかります。製作期間については、ダイヤモンドの大きさ、遺骨の性質、受注状況などによって異なります。また、指輪などに加工する場合は、さらに3週間程度必要です。
遺骨ダイヤモンドの価格は、生成するダイヤモンドの大きさ、カット方法、個数などによって異なりますが、0.2カラットで45万円程度、1カラットのものは200万円ほどかかります。また、ジュエリー加工する場合には、7万~20万円程度の加工費用が加算されます。

遺骨ダイヤモンド以外の人工宝石

麗石

麗石(れいせき)とはメモリアルストーンとも呼ばれるもので、遺骨と一緒に石英などの石の原料を高温で溶かして、結晶化させる人工宝石です。指輪やペンダントなどのアクセサリーの他、念珠やオブジェ、お守り石などに加工できます。色は無着色のものだけでなく、十数色の中から好みの色を選べます。製作に必要な遺骨の量は、アクセサリーなどの場合は約2g、オブジェで約10~20gです。価格は、10万~15万円ほどで、約1ヵ月でできあがります。

遺骨真珠

遺骨真珠は、遺骨を原料にしたセラミック核を使用し、養殖真珠と同じ工程で生成されます。核入れが初夏(5~7月頃)、浜揚げが12月に行われ、翌年1月頃に依頼者へ納品されます。核を作るために必要な遺骨の量は、約15~30グラムです。価格は約30万円で、90個のアコヤ貝に核入れが行われますが、形の整った綺麗な真珠になる確率は1~2割程度です。

まとめ

遺骨で作る人工宝石についてご紹介しました。遺骨ダイヤモンドなどの人工宝石だけでなく、おしゃれなミニ骨壺やパウダー状にした遺骨を入れるペンダントやガラス容器など、さまざまな種類の手元供養品が登場しています。
弊社では葬儀だけでなく、手元供養や法要などについても対応しております。もっとくわしく知りたい、見積もりをして欲しいという方は、お気軽にご相談ください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (3)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す