【身だしなみ】告別式にふさわしい服装・男性編

葬儀のときの男性の服装マナー

「喪」にはそもそも遺族が喪服を着て故人の死を悼んで慎ましい生活を送るという意味合いがあり、喪服には正式なものから略式まであります。

告別式に参列する時の男性の服装は、基本的にブラックスーツもしくはダークスーツですが、この他にも気をつけるべき点や決まりごとなどが多くあります。

失礼な印象を与えることがないよう、最低限知っておきたいものです。

マナーとして服装やスタイルなどについてあらためて見直し、しっかりと心得た上で告別式に参列するようにしましょう。

Adsense(SYASOH_PJ-195)

突然の訃報なら礼服でなくても問題ない

突然の訃報の場合は、控えめな平服でも大丈夫です

突然の訃報で駆けつけるような場合には、控えめな服装(平服)でも大丈夫です。突然のことで遺族側も喪服ではないことがあるため、逆に喪服が無礼になってしまうケースも考えられます。

ただし、急なことだからといって足元がサンダルであったり、あまりにもカジュアルであったり華美な装いはマナーとして避けましょう。

訃報が届いてからの時間が半日から1日程度あるような場合には、地味な平服もしくは略式喪服でも可能です。

略式喪服は、平服に最も近い喪服のことをいい、男性の場合はブラックスーツかダークスーツが一般的です。

男性の喪服はダークスーツが基本

葬儀、告別式には男性はダークスーツを着用します

告別式での男性の服装は、黒の他、濃いグレーや濃紺といった色調のダークスーツが基本です。

ジャケットはシングル・ダブルどちらでも可能です。ワイシャツは白ですが、ネクタイ・ソックス・靴は黒でそろえます。

これらすべてを無地のものにし、ポケットチーフや喪章は特に必要ありません。

さらに、留め金が目立たないタイプのベルトや、プレーントゥ(丸みのあるつま先でプレーンなデザイン)もしくはストレートチップ(トゥ(つま先)に横一文字(ストレート)のラインが入ったデザインで、最もフォーマルな形状)といったフォーマルシューズを合わせる必要があります。

学生ならば制服を着用し、社会人でも手持ちのスーツがない場合や間柄によっては黒をメインにした控えめな服装で問題ありません。

ネクタイは何色?結び方に決まりはある?

ネクタイの色は黒で、光沢や模様がないものが適しています。一般的な紳士服のお店や売り場などで売られている、非光沢・無地の黒色のネクタイで大丈夫です。細過ぎるネクタイは望ましくありません。

結び方について厳密な決まりごとはありませんが、常識的な意味でパーティーなどのシーン向けといわれている結び方は避けましょう。

ダブルノットまたはシンプルノットのような結び方にし、ネクタイを結ぶ際、結び目に近い部分にくぼみ(ディンプル)ができないように注意してください。

ディンプルを作らずネクタイを結ぶことがポイントです。このようなポイントをおさえておけば、失敗もありません。

ネクタイピンについて

ネクタイピンについては、基本的には葬儀の場にしていくべきではないとの意見が大勢を占めています。ネクタイピンは光る素材のものが多く、アクセサリーと同じに見えてしまうためです。

しかし、ネクタイピンは必ずしも失礼にあたらないとの意見もあります。

ただし華美なものは避け、なるべく地味で光沢の少ないものを選択するとよいでしょう。

このようにネクタイピンに関しては、二つの意見がありますので、心配な場合は、つけていかないほうが無難ともいえます

スーツやシャツのボタンのとめ方

ジャケットのボタンについては、正礼服だと1つしかボタンがついていないものが多いですが、略礼服だとシングルや三つぞろいなどがあります。

1つしかボタンのついていないタイプなら、それだけとめておけば問題ありません。3つのボタンがついているスーツの場合、1番上と真ん中をとめて、1番下のボタンは外しておきましょう。ボタンが2つの場合も同様に、上だけとめて下はとめないというケースが多いようです。

一方、ベストを着用している場合は、スーツのボタンをとめなくても問題ありません。ただ、ベストを着ること自体はマナー違反とはならないものの、葬儀の席で着用する方はあまりいません。

また、真夏の暑い時期にごく親しい身内だけで集まった家族葬が行われる場合など、上着を脱いでも問題のないこともあるかもしれません。それでも、シャツのボタンはすべてとめておいた方が良いでしょう。

シャツの種類やボタンの色について

葬儀で着用する白いシャツは、柄物は避けましょう

葬儀に着用していくシャツですが、基本的にワイシャツとなります。葬儀では黒系の小物でそろえることが多いため、シャツも黒や紺がよいと思う方もいるかもしれませんが、基本は白で無地、ブロード素材となります。

また、白いシャツであっても柄が入っているものは避けます。華美な光沢があるものや、麻などの特徴のある素材を使用したものもマナー違反となるため、注意が必要です。

ワイシャツについているボタンの色にも注意が必要です。黒や茶色のボタンがついたシャツもたくさんありますが、このようなボタンは葬儀の席にふさわしくありません。

マナー違反と見られてしまうため、小さな白いボタンがついたシャツを選んでください。カフスはシングルでもダブルでも構いませんが、ダブルカフスのシャツを着るときには黒のボタンを選びます。

葬儀にふさわしい靴は?

黒い革靴が望ましいです。スニーカーや下駄などは避けましょう。素材が革であっても女性の靴と同様に、飾り金具がついた靴や、スエード、エナメルの靴なども控えたほうがよさそうです。

またローファーも、学生の方が制服で参列する(制服としてローファーをはいている)場合は別として、社会人の男性の服装としてはそぐわないようです。

外羽根式と内羽根式はどっち?

男性のフォーマルシューズは内羽根式と外羽根式の2種類に分けられます。

男性のフォーマルシューズは、一口に黒い革の紐靴と言っても、紐を結ぶところの形によって、大きく2種類に分けられます。一つは、内羽根式、そしてもう一つを外羽根式といいます。

内羽根式というのは、紐を通す部分が甲の下に潜るタイプの靴です。反対に外羽根式というのは、組を通す部分が甲の上に出るタイプです。

結論から言うと、冠婚葬祭など、かしこまった場では、内羽根式のほうが、品格がより高く見えますので、内羽根式がベスト。とはいえ、外羽根式を履いてはいけないというわけではありません。

多少カジュアルな印象はありますが、ご自分の足により合うものを選ぶのが正解です。

ストレートチップとは?

さらにもう一段、上を目指したい場合には、つま先(トゥ)の部分に、縫い目を付けたスタイルの靴、キャップトゥがおすすめです。

中でも、つま先に一文字状のステッチングのみを施したものをストレートチップ、またはストレートキャップ(日本では、「一文字」と呼ぶことも)といいます。

内羽根式での黒い革靴で、このストレートチップのついた靴はビジネス用以上に大切な儀式用の礼装に合わせる靴として、改まった場にふさわしいとされています。

また、つま先に穴飾りを施したものを、パンチドキャップトゥと呼びます。ストレートチップと比べやや華やかな印象です。品格という面では、ややストレートチップよりも下がるようですが、よほどフォーマルな場でない限りは問題ないとされています。

これらラインはもともと、爪先に芯地を入れる際に目安とした線が、そのままデザインになったという説もあります。つま先にラインのない、プレーントゥも葬儀の場にはふさわしいとされています。お好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

ボタンダウンについて

襟の先端についたボタンで襟とシャツを固定するタイプのシャツを、ボタンダウンシャツと呼びます。クールビズの必須アイテムとして注目されていますが、葬儀の席に着用するのは問題ないのでしょうか。

ボタンダウンはカジュアルな印象の強いシャツなので、葬儀の席ではふさわしくありません。絶対に着用できないという明確なルールはないものの、年配の方には非常識な印象を与えてしまう可能性もあります。できるだけ着用しないほうがよいでしょう。

もっとも、ボタンダウンのシャツを着ているとき、急にお通夜へ参列することになるかもしれません。着替えのシャツがあれば問題ないのですが、普段から予備のワイシャツを持ち歩いている方は少ないでしょう。このような場合はやむを得ませんので、目立たないようになるべく後ろのほうの席に座ることをおすすめします。

髭は生えてても大丈夫?

特に 男性の場合は、髭も意外と目につきやすいので注意する必要があります。とはいえ、一概に通夜や葬儀に参列する際には「髭は剃らなくてはいけない」というわけではありません。遺族をはじめ、周囲に与える印象が大切になります。

無精髭を生やした状態は、葬儀の場にふさわしくありません。無理に髭を剃る必要はありませんが、きちんと手入れをした状態で参列しましょう。

通夜・葬儀での身だしなみの注意点

葬儀に参列する際には、服装や身だしなみに関してさまざまなマナーが定められています。男性は黒い色の喪服に白シャツ、黒いネクタイと靴下を着用し、黒い革靴を履きましょう。

腕時計を使用することはマナー違反ではありませんが、金属製のベルトや光が反射しやすいものは避けた方がよいでしょう。また、ハンカチは明るい色や柄のついているものを避け、できれば白や黒の無地のものを使用します。

また髭だけでなく、髪型も目につく部分です。周囲に不快感を与えないよう、整えましょう。また、髪の色が相応しくないという場合には、一時的に染め直すなどの対応も必要です。

人生のエンディングをお手伝いする総合ガイドブックをプレゼント

◼️葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。

  • 看取りから葬儀までの流れ
  • 葬儀形式について詳しく解説
  • 葬儀費用の内訳を詳しく解説
  • 葬儀場を選ぶ3つのポイント
  • 相続準備や葬儀後の各種手続き
  • 経験者の「困った」から学ぶ相続
  • 納骨&仏壇tの種類と特徴
  • 一周忌までのスケジュール
資料請求はこちら

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す