通夜・葬儀・火葬で必要なこと

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

そのまま使える家族葬の挨拶文を紹介|挨拶のタイミングや内容のポイントなど

家族葬では喪主による挨拶は必要なのか、どのような挨拶にすればよいのか心配ですよね。家族葬では、参列者の人数や関係性などによって挨拶の必要性を判断することが多いようです。この記事では、家族葬における喪主の挨拶の必要性や挨拶をするときの例文を紹介します。
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

ペットの葬儀・火葬について

ペットをめぐる状況 最近ではペットの葬儀や火葬を行ったり、ペットのお墓を持つ人が増えてきました。ペットを家族同様に考える人が増えてきていますから、時代の当然の流れでしょう。ですから、今ではペット専門の葬儀社やペット専門の霊園もありま...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

直葬や火葬式では「葬祭費」が支給されないって本当?国民健康保険での「葬祭」の意味を調査

国民健康保険や後期高齢者医療保険に加入していた方が亡くなった際、申請により「葬祭費」が支給されるのをご存知でしょうか。管轄の自治体によって支給条件や金額は異なりますが、お葬式や遺品の整理など物入りな時期に多少でもお金が入ってくるのは助かります。しかし、昨今増えつつある直葬や火葬式では、葬祭費が支給されないということもあるのだとか。実際どうなのか、東京都23区(特別区)を中心に調査してみました。
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

お葬式を延期することはできる?

お葬式を執り行う際には、まず具体的な葬儀の日程を決める必要があります。しかし、事情により葬儀の日程を延期する必要が生じることもあります。このような場合、通常の葬儀では発生しないことがらについて対応が求められることもあります。

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

お葬式で忘れてはいけない、喪主の身だしなみと持ち物

喪主はお葬式の主催者であるため、一般の参列者よりも特に服装や持ち物に気を払う必要があります。故人に恥ずかしい思いをさせないように、喪主の服装や持ち物について覚えておきましょう。ここでは、喪主に必要な服装、持ち物などを紹介しています。

人生のエンディングをお手伝いする総合ガイドブックをプレゼント

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。
葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。
資料請求
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

家族葬で喪主の挨拶は必要?挨拶するときのタイミングや例文も紹介

家族葬において、喪主の挨拶が必要かどうか迷う人は多いでしょう。ごく少人数の家族葬の場合省略されることもありますが、数十名の会葬者がいる場合は挨拶をするのが一般的です。この記事では、家族葬での喪主の挨拶のタイミングや内容について詳しく紹介します。
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

神道(神式)の通夜振る舞いの作法〜気をつけるべきことは?〜

「神式」とは、日本古来の民俗信仰である神道(しんとう)の思想に則った祭典や儀式全般をあらわす言葉です。日本神話の主神であり皇室の祖神である「天照大神(あまてらすおおみかみ)」をはじめ、八百万の神々を祀ります。 一般に、日本のお葬式といえば...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

孫代表として弔辞を読む!文章の構成と書き方(例文つき)

弔辞とは、故人への手紙のことを指します。故人を心安らかに送り出し、ご遺族の慰めとなるような内容の弔辞を書きたいものです。弔辞は故人と縁が深い方が読むことが多く、孫も例外ではありません。孫が大好きだった祖父母のために、孫に弔辞をお願いするこ...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

献杯の挨拶を正しい方法とは?挨拶の文例3つあり

献杯とは、葬儀や法要の際に開かれる会食の冒頭で行うもので、故人に敬意を示して杯を差し出すことを言います。その際に短い挨拶をするのもしきたりです。献杯の音頭は、あらかじめ打診されることもありますが、場合によっては急に頼まれることもあります。...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

お葬式をしないで直葬(火葬式)のみを行う際の流れ

火葬式(直葬)とは、ご葬儀やお通夜といった儀式は行わず、火葬のみで送る葬儀の方法です。式場を使用しない、花祭壇や料理等の費用がかからない等、大幅に費用を抑えられる点がメリットです。また葬儀にかかる時間が短く、身体的な負担も軽減できます。し...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

喪章はどうして必要なの?喪章の歴史、つける人

喪章とは、故人の死を悼み弔う気持ちを表すために用いる黒い布のことです。黒色の喪服が用いられるようになった明治以降、遺族と参列者を区別するために喪章が登場したといわれています。その意味と歴史、誰がつけなければならないのかなど、喪章についてご説明します。
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

葬儀の際の合掌と礼拝について

合掌礼拝とは、仏式の葬儀における作法の一つで、葬儀に出席する際には必ず身に付けておきたい最低限の動作です。また日本では、合掌はお通夜や葬儀でお焼香のほか、相手に敬意を払う場面や手紙の結びにも使用されることもあります。ここでは、仏教における合...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

葬儀のときにおこなう答礼の意味や方法などを解説

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

火葬場の特別室とは?利用にかかる費用はどのくらい?

火葬場の特別室とは、首都圏にある民間斎場の火葬炉に設けられている特別な部屋です。公営の火葬場や首都圏以外の民営の火葬場では、火葬炉の前にある大部屋で複数の喪家と一緒に過ごすのが一般的ですが、斎場に設置されている特別室などランクの高い部屋の場...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

棺に入れてもよい?故人への手紙について

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

葬儀につきもののお酒について知っておきたいこと

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

火葬式・直葬とは?費用相場と経験談に見るメリット・デメリットを解説

「直葬」は近年、急激に増えた葬儀形態の一つで、通夜や葬儀・告別式を行わず、火葬のみを行うものです。故人とのお別れは、火葬炉の前で簡単な形で行われ、火葬前に数分取るだけのケースもあるようです。僧侶(宗教者)がみえる場合は、お別れのときと火葬炉に入ったあとの数分間のご供養になります。直葬には、費用を安く抑えられる、時間を短縮できるなどのメリットがある反面、葬儀後に煩わしい思いをしたり、苦言を呈されたりする場合もあるようです。また、菩提寺(ぼだいじ)に黙って直葬を行ってしまうと、代々のお墓に遺骨を納められないケースもあるので、検討する際は慎重に考える必要があります。

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

納骨式はいつまでに行う?実際の流れや費用も詳しく解説

葬儀は行ったものの、納骨をいつすれば良いかわからない…という方もいるでしょう。この記事では、納骨を行うタイミングや当日までの準備などを詳しく紹介します。
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

火葬後の骨上げの方法

骨上げとは、火葬後に箸で遺骨を拾い上げ、骨壺に収める儀式のことです。納骨と混同されますが全く別の儀式です。一般的に親族で執り行うもので、故人と縁の深かった順で遺骨を拾い上げます。 骨上げにはどのようないわれがあるのか、その意味や手順...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

葬儀の時に配られる長寿銭の意味とは?使っていいの?

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

葬儀中のトラブルや葬儀業者との契約問題について

葬儀中のトラブルは誰でも巻き込まれる可能性のある問題です。 葬儀の準備は時間や心にゆとりがない状態で進めなければならないこともあり、それゆえにトラブルにつながってしまうこともあります。いざというときに予備知識や心構えがあるのとないの...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

弔電をいただいた方へのお礼状の書き方と、8つの注意点

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

家族葬とは?葬儀の流れや費用、参列者はどこまで呼ぶ?香典やお布施など知っておきたいこと

家族葬とは、多くの参列者を招かず身内のみの小さな葬儀を言います。参列者を接待する負担が抑えられるほか、葬儀費用も抑えられるとして人気ある葬儀形式です。この記事では家族葬の流れや香典のマナー、訃報を伝えるときの注意点などを解説しています。
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

喪主の挨拶・書状の文例集。通夜・葬儀の挨拶、死亡通知、会葬御礼、喪中はがきまでの文例をご紹介します

人が亡くなると、喪主はお葬式の準備の段階から、お葬式の後、さらに年末の喪中はがきまで、さまざまな文章を書く必要があります。さらに通夜や葬儀・告別式でも、喪主の挨拶など、人前で話さなければならない場面がいくつもあります。 今回は、臨終のとき...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

分骨のタイミングや手続きについて

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

お葬式での僧侶の役割。お坊さんが葬儀でやっていることとは?

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

葬儀での写真撮影について

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

葬儀と清めの塩。使い方とタイミング

お通夜や葬儀から帰宅する際、塩を振りかけるときは、胸・背中・肩・足元の順に塩をかけます。そして、床や地面に落ちた塩を踏んでから玄関に入ります。体を清めてから玄関をまたぐことで、穢れなどが家の中に入るのを防ぐという意味があります。このほかにも、塩を振るまえに水をかけて手を清めることがあります。

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

芳名録・芳名帳について

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

一日葬とは?手順や内容、費用、そしてメリット・デメリットまで

一日葬とは、お通夜を行わない、告別式と火葬のみの葬儀のことです。お通夜を省くことで、費用を抑えられたり、参列者の身体的な負担を軽減できたりします。 故人や親族の希望によって選ばれる方式ですが、1日だけの葬儀となるため、参列できない人...
  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す