家族葬の服装マナーは?喪服の種類や持ち物、身だしなみまで

家族葬の服装マナー

家族葬の案内状が届いた場合、どんな服装で参列すればよいか迷う方もいるのでは?家族葬への参列は初めて、という人もいるでしょう。

身内だけの葬儀…とはいうものの、故人や家族に失礼のない、きちんとした服装をするのがマナーです。
この記事では、家族葬における服装マナーや持ち物、身だしなみなどについて詳しく見ていきます。

Adsense(SYASOH_PJ-195)

家族葬にふさわしい服装

家族葬とは、主に遺族や親類のみで行われる葬儀です。身内のみと言えど、参列するときの服装は、一般的な葬儀と同様に喪服を着用します。故人を気持ちよく見送るためにも、マナーを守って参列するようにしましょう。

喪服には格式によって以下の3種類があります。

  • 正喪服
  • 準喪服
  • 略喪服

また、地域によって決まりがあったり、親族間での取り決めによって着用する喪服が変わることも。たとえば、高齢の参列者や遠方からの参列者が多いなどの事情があれば、親族の合意のもの、全員平服でもかまわないとされることもあります。

服装マナーで心配なことがあれば、年配の親族に聞いてみても良いでしょう。

喪主にふさわしい喪服

家族葬と言えど、喪主を立てて葬儀を行います。喪主は葬儀の主催者のため、弔事の場では正装を着用します。

そのため、喪主の服装は正装である正喪服がふさわしいとされています。また、家族葬の場合は準喪服でもかまわないとされることが多いようです。

エリアから家族葬の費用/最安価格を調べる

日本最大級の葬儀相談・依頼サイト「いい葬儀」では、家族葬ができる葬儀社のプラン最安価格を掲載中。予算やご要望に合った葬儀社をご案内します。

参列者にふさわしい喪服

喪主ではない遺族や参列者は、一般的に準喪服を着用します。一般的に喪主が正喪服を着るため、それより格式を下げた準喪服が選ばれます。

また、遺族から「平服でもかまわない」と言われたときは略喪服を着用します。略喪服は普段着のことでなく、黒に近い色のスーツやワンピース、アンサンブルを指します。

喪服を持っていない場合には、親族に相談しましょう。家族葬の場合、ある程度服装についても許容される可能性があります。

喪服の種類

喪服には、上で述べたように3種類あります。これは喪主か参列者かどうかで着用する喪服が変わります。失礼にあたることがないよう、喪服の種類についても念のため把握しておきましょう。

正喪服

最も格式高い喪服です。正喪服は主に喪主や親族などの葬儀の主催者側が着用するもので、弔事における正装を指します。

喪主は正喪服を着用します。また最近では、準喪服を選ぶ場合もあるようです

男性の正喪服はモーニングまたは黒紋付き羽織袴です。女性の場合は無地で光沢のない黒のワンピースやアンサンブル、または黒無地染め抜き五つ紋付きの着物となります。

しかし最近では葬儀の簡略化も進み、正装として正喪服を着用する機会は少なくなりました。家族葬では、喪主が正喪服を着用しない場合も多いようです。

準喪服

正装とされる正喪服に続いて格式が高いのが「準喪服」です。主に喪主ではない親族や参列者が着用します。参列者は喪主より格式が高くならないよう、準喪服を選ぶのがマナーです。男性の準喪服は無地で光沢のないブラックスーツ、女性も同様に無地で光沢のないブラックフォーマルです。

略喪服

最も格式が低いのが「略喪服」です。弔問、通夜に参列するときは「取り急ぎ駆けつけた」の意味合いから、略喪服でもかまわないとされています。

男性の略喪服は目立たない色のダークスーツ、女性は目立たない色のスーツやワンピースです。黒がなければダークグレーや紺のものでもかまいません。こちらも無地で光沢のないものが好ましいです。

男性の喪服マナー

家族葬に参列する際の、男性の服装マナーを紹介します。清潔感のある身だしなみを心掛けましょう。

男性の服装マナー

服装

無地で光沢のないブラックスーツかダークスーツなどの準喪服を着用します。ビジネススーツとして売られている光沢のあるものとは異なるので、喪服として使えるスーツを選びます。

ジャケットのボタンはシングル、ダブルどちらでもかまいません。ワイシャツは白色で、ネクタイ、ソックス、靴は黒で統一します。金のバックルのベルト、金属製の腕時計、金ボタンなど光るものは控えましょう。

靴については革靴が基本。つま先の形はストレートチップがのもの、紐を結ぶところの形はより上品な印象を与える内羽根式が好ましいです。

持ち物

参列の際、男性はカバンを持たないのが一般的です。カバンを持つ場合、カバンの素材にも注意しましょう。

原則として、布製の黒無地でファスナーや大きな金具のついていないものを選びます。ワニ革や爬虫類を使用したものや光沢、ツヤがある素材もNGです。

ハンカチは明るい色や柄を避け、できれば白か黒などの無地のものを持参しましょう。アクセサリーは結婚指輪のみとし、ネクタイピン、ネックレスなどは外しましょう。

身だしなみ

男性のひげはNGではありませんが、伸ばしっぱなしはマナー違反。きれいに整えてあれば大丈夫です。長髪の場合はまとめ、清潔感のある格好を意識してください。香水や長い爪はふさわしくありません。

女性の喪服マナー

参列時の女性の服装は、アクセサリーなどの小物が多いため、華美な服装にならないよう気を付ける必要があります。

女性の喪服マナーは男性よりも注意する点があります

服装

女性のブラックフォーマルは黒のワンピース黒のアンサンブルです。いずれも無地光沢のない生地のものを選びます。アンサンブルとは、ジャケットとワンピースのセットアップのことです。気温に合わせてジャケットの着脱ができるため便利です。

さらに女性の喪服で気をつけたいのがスカート丈。膝丈から八部丈くらいとし、膝が隠れるものを選びます。足元には黒のストッキングを着用しましょう。胸元が大きく開いたデザインも避けるのがマナー。

持ち物

女性の参列者の靴、カバンについては、どちらも黒色のものが基本。殺生を連想させる革製はできる限り避け、装飾が少ないものを選びましょう。

派手な飾りのない布製のパンプスを合わせます。サンダルやスニーカーはNG。ヒールの高さは5センチ以内にします。

カバン

靴と同様に、布製のカバンが好ましいです。ブラックフォーマルバッグを合わせる場合、手荷物が多くなったときのために同じく黒のサブバッグを持っていくと安心です。

アクセサリー

ネックレスはパールが基本。そのほか、オニキスや黒曜石以外の宝石類はタブー。該当するネックレスがない場合はしなくてもかまいません。指輪は結婚指輪以外はしないようにしましょう。

数珠

数珠は仏式の通夜・告別式に欠かせないアイテムです。一種のアクセサリーとして捉えられることもありますが、本来は宗教色の強い葬儀に欠かせないものでした。

数珠には宗派を問わず使用できる「略式数珠」と各宗派ごとに決められた「本式数珠」があります。数珠は宗教によって種類が異なるものの、自分の宗派の数珠を持参して問題ありません。

数珠がない場合、仏具店やショッピングセンターなどで購入できます。しかし、もし数珠を用意できなくてもマナー違反とは言われません。故人を偲び、心を込めて手を合わせれば大丈夫です。

身だしなみ

メイクや髪型などは基本的に清潔感のある身だしなみを心がけます。長い髪はひとつ結びなどにまとめ、髪飾りは黒などの華美でないものを選びましょう。派手な髪色はヘアスプレーなどで一時的にでも黒に染め直したほうが良いでしょう。

また、派手なメイクも印象が良くありません。チークや口紅は薄めの色を選び、ネイルや香水も控えましょう。

子どもの服装は?

子どもが葬儀に参列する場合、大人ほど気を遣う必要はありません。黒や紺などの目立たない色をメインとし、失礼のない格好をするのが基本です。

園児、小学生

制服のある児童、生徒は制服を着用します

高校生までの児童・学生は、制服があれば制服を着用します。制服がない場合、男女とも白のシャツかブラウスに、黒・紺・グレーなどの目立たない色のボトムスを合わせましょう。派手なTシャツや柄物は避けたほうが良いでしょう。

中学生、高校生

中学生、高校生は原則として学校の制服を着用します。制服のデザインによっては赤や黄色のネクタイやリボンがありますが、それほど気にする必要はありません。もし明るい色のネクタイやリボンが気になるようであれば外して大丈夫です。

大学生

大学生は制服がないため、喪服の着用が好ましいです。喪服がない場合、お通夜に関しては入学式で着用したスーツやリクルートスーツでもかまわない、とされることが多いようです。

しかし葬儀・告別式に関しては、きちんとした喪服を着用するのが無難です。親族から喪服を借りたり、レンタル業者を利用するなどして喪服を用意しましょう。

赤ちゃん

基本的に赤ちゃんを連れて葬儀に参列することは好ましくありません。預け先がないなどのやむを得ない事情がある場合のみ、参列してもかまいません。

葬儀のために新しく服を購入する必要はありませんが、できれば白の洋服が望ましいです。手に入るようであれば、グレーなどのモノトーンのもの、もしくはベージュや薄い水色などの派手でない自然な色を選んでください。

夏や冬の服装マナー

家族葬の場合でも、ある程度季節に合わせて服装を調整しましょう。夏の葬儀で大量の汗をかいてしまったり、冬の寒さで体調不良になってしまったら元も子もありません。

夏の過ごしやすい服装マナーや、季節に合わせたコートの選び方などを紹介します。

夏の服装

葬儀の際は屋内外の出入りや火葬場までの移動もあり、半袖にジャケットを羽織る服装がおすすめ。

男性は白くて無地の半袖シャツ、女性は半袖のワンピースやアンサンブルの上からジャケットを羽織ります。通夜や葬儀中には夏でも男性はジャケットを羽織るのがマナー。しかしあまりに蒸し暑いときや会食のときではジャケットを脱いでも失礼ではないとされています。

女性は葬儀中にジャケットを脱いでも問題ありませんが、二の腕が露出するようなノースリーブはNG。ジャケットを脱いでも差し障りのない袖のついたワンピースやアンサンブルを選ぶようにします。

冬の服装

冬の葬儀では礼服の上からトレンチコートなどのアウターが必要になります。アウターは会場のクロークで預けるため、落ち着いたものなら手持ちものでかまいません。できれば黒色のものが望ましいですが、グレーやベージュなどの控えめなものを選びましょう。

コートの種類については、トレンチコートやピーコートなど襟のついたものがあればなお良いですが、他の形のものでもかまいません。

地域によって雪に備えるブーツや、分厚いタイツなどが必要なことも。そのような事情なら、ある程度考慮されます。心配なら替えのストッキングやパンプスを持参しても良いでしょう。

宗教による服装の違い

これまでに紹介してきたのは、仏教もしくは無宗教での服装マナーです。神道やキリスト教の家族葬では服装も多少異なります。

神道式の場合

神道の家族葬の服装は、仏式と同様に喪服または礼服を着用します。ただし神道式では数珠を持参しません。

キリスト教式の場合

キリスト教式の場合も、仏式の葬儀の服装とほぼ同じ考えで問題ありません。

ただし、カトリック信者の女性の場合のみ、トークハットと呼ばれる帽子を着用することがあります。この帽子は神への貞節を表すとされています。

トークハットは喪主が親族が着用する正喪服のアイテムのひとつのため、参列者が着けるのはマナー違反となります。

家族葬の服装マナーのポイント

  •  家族葬では喪主も参列者も「準喪服」がマナー
  •  準喪服とは男性は無地で光沢のないブラックスーツ、女性はブラックフォーマル
  •  男性のネクタイは黒の無地のもの。ネクタイピンやネックレスは外す
  •  男性の靴は黒の革靴を選ぶ。ストレートチップで内羽根式が望ましい
  •  カバンは男女ともに無地で黒の布製のもの
  •  女性のブラックフォーマルはワンピースかアンサンブル
  •  膝がかくれるスカート丈にストッキングを合わせる
  •  清潔感のある身だしなみを心がける。長い髪は結ぶ
  •  子どもの服装は学校の制服か、落ち着いた色味のジャケットなどを選ぶ
  •  大学生以降の子どもは大人と同じ喪服を着用する
  •  夏の葬儀でもジャケットは持参し、男性は葬儀中に着用する
  •  冬の葬儀でのアウターは落ち着いたものを選ぶ

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す