はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

死装束の意味とは

死装束とは、故人に着せる装束です。故人に死装束を着せる慣習は古くから続いており、着せ方も通常の着物とは少し違います。また、死装束は着物以外にも多くの装具があり、それぞれに意味があります。
人は死んだあと旅に出ると言われており、多くの装具はその旅のために必要だと考えられています。
故人を後悔なく送るためにも、死装束について深く知りましょう。

死装束の意味

死装束とは、文字通り、亡くなった方に着せる服のことです。死装束を着せるタイミングは通常、故人を棺の中へ入れる納棺の前です。
現在では、死装束を故人に着せるのは葬儀社の担当者、または納棺のサービスを専門で行っている方々であることがほとんどで、遺族が直接行うことは少なくなっています。そのため、死装束自体も大抵は葬儀社が用意します。

死装束を故人に着せる理由

なぜ死装束を亡き人に着せるのでしょうか。
死装束を亡き人に着せる慣習は、日本で古くからありました。その理由は、日本の葬礼のほとんどが仏式で行われていたことにあります。日本の死装束は仏教における巡礼者、修行僧の服なのです。
仏教では、死装束として経帷子(きょうかたびら)を着せて故人を送ります。仏教の考えでは、死者は浄土という仏のいる国へ旅に出るとされており、その旅の装いとして経帷子が良いとされ、お亡くなりになった人のお召し物となりました。その関係で、仏式で葬礼を行っていた日本でも、亡き人に死装束を着せているのです。
ちなみにすべての仏式の葬礼で死装束を着せる訳ではありません。その例として、浄土真宗は、死後すぐに成仏すると考えられ、死装束を着せないことがあります。

死装束が白い理由とは

死装束が白い理由は何でしょうか。それは日本人が紅白という色を特別視していることに由来すると言われています。
日本人が紅白に特別な意味を見い出すようになったきっかけは、平安時代の源平合戦とされており、源氏が白旗、平氏が紅旗を掲げて戦ったことから、対抗する配色として特別に見るようになったと言われています。
死装束が白い理由は、紅が出生の意味を持つのに対し、白は死を意味すると考えられているからです。また、白は清らかなイメージがあり、綺麗な状態で浄土へ出発してほしいという思いの表れとも言われます。

また、今では黒い喪服が一般的ですが、かつては喪服は白かったともいわれています。

死装束の装具の種類

死装束は衣服だけではありません。服を含めて11点もの装具があり、それぞれに正式な名称があります。一つずつご紹介しましょう。

まず1点目は経帷子です。白いお召し物で亡くなった方に着せます。布には真言や経文が書かれていますが、白地の場合もあります。
2点目はです。浄土への旅の途中、雨や日差しを防ぐために頭に被る装具です。
3点目はです。旅の途中で倒れないように持たせます。
4、5点目は白足袋と草履です。浄土まで無事に歩いていけるようにという意味で履かせます。
6、7点目は、頭陀袋(ずだぶくろ)と六文銭です。頭陀袋は六文銭というお金を入れる袋で、六文銭は三途の川を渡るために必要なお金とされ、今では本物ではなく印刷したお金を使います。金属でできている硬貨は、火葬炉を傷める原因になるため使われません。
8点目は数珠です。数珠を持って手を合わせると煩悩が消えて仏の恵みである功徳(くどく)を得られるとされています。生前使っていた数珠がある場合、それを使うこともできます。
9点目は三角頭巾です。天冠と呼ばれる三角形の布です。故人に着せる理由は、死者の罪を消して近縁の者の魔除けをする、あるいは閻魔様との謁見の正装とも言われます。近年ではつけないことの方が多いようです。
10点目は手甲です。腕や手首を覆う布です。
11点目は脚絆です。足を保護する服飾品です。
以上が故人に着せる装具となります。このほかに、副葬品として、火葬前に故人に持たせてあげたいものを棺に入れることができます。ただし、入れるものは燃えやすいものに限ります。

死装束の着せ方

死装束の着物の着せ方は左前にすることです。理由は生とは逆の区別をつけるためだと言われています。この逆にすることを、逆さごとと呼び、逆さにすることで生者の世界と亡者の世界の区別を表しています。
死装束の着物のほかは、残りの笠や数珠、杖などの装具をつけ、脚絆や手甲、草履は逆さごととして裏返したり逆向きにしたりすることがあります。
最近では故人の服装も多様になっており、生前に気に入っていた洋服や、スーツ、ユニフォームなどの着用も増えています。できるだけ生前と一緒の姿で送りたいという遺族の気持ちがあるのでしょう。

まとめ

以上が死装束の意味や着せ方です。死装束は亡くなった方が着るお召し物で、浄土へ旅立つ巡礼の装いとされています。装束が白い理由は、紅白という色の特別視からきており、白色が死の色を表すためです。死装束には11点の装具があり、それぞれ死者が浄土へ向かうために必要な道具とされています。しかし、最近では故人に着せる服も多様になってきており、お悩みの方も多いです。もし葬礼に関するお悩み、疑問があればぜひお気軽にご相談ください。

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (4)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す