お葬式ニュース

お葬式ニュース

新型コロナ死者にどう対応する?遺体からの感染対策は?厚労省・経産省ガイドラインに学ぶ

国内で初めて新型コロナウイルス感染症による死亡者が出たのが2020年2月13日。その後、厚生労働省が感染者の火葬についてサイト上で公開したのは2月25日のことでした。 当時は新型コロナウイルス自体についての情報が圧倒的に不足しており、感染力...
お葬式ニュース

コロナ時代の新しいお葬式 – 葬儀様式はどう変わる?

日本最大級の葬儀相談・依頼サイト「いい葬儀」が、新型コロナウィルス感染防止を第一に考えた葬儀のカタチを考察。葬儀業界の第一人者であり「いい葬儀」認定葬儀社でもある(株)アーバンフューネスコーポレーションの有坂氏をゲストに迎え、コロナ禍における葬儀の現状と今後の展望について語っていただきました。
お葬式ニュース

新型コロナウイルスへの葬儀社の対応/マスク着用・消毒の徹底は100%

新型コロナウイルス感染拡大により、お葬式への関心も高まっているようで、連日、さまざまな情報が発信されています。状況が刻々と変化する中、最新の葬儀の現状を知るべく、鎌倉新書では 4月27日から30日にかけて、「いい葬儀」の提携葬儀社に改めてアンケート調査を実施。 92社からの回答を得ました。
お葬式ニュース

新型コロナウイルスの影響で供養はどう変わる?

新型コロナウイルスの影響でお葬式をはじめ、供養にも大きな変化が訪れています。今回は、お葬式をはじめ、四十九日法要や一周忌法要などの年忌法要、こんな時期ならではのお墓の探し方、仏壇仏具店の現状アンケートなど、「いい葬儀」やその姉妹サイトで掲載した記事をまとめてご紹介します。

お葬式ニュース

コロナ禍での法事・法要はどうなる?/四十九日法要や一周忌に悩める遺族とお寺の状況

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、不要不急の外出や、「三密」(密集、密閉、密接)を避けるよう呼びかけられています。お葬式はもちろん、お葬式の後に行われる四十九日法要や一周忌、三回忌といった年忌法要など、法事法要も例外ではありません。 今回は、新型コロナウイルスが心配な状況で法事法要はどのような影響を受けているのか?ご遺族の声や、寺院、お坊さんへのインタビューなどで分かったことをお伝えします。

お葬式ニュース

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の下、普通のお葬式はどう変わった?Webは葬儀をどこまでサポートできる?/ご遺族インタビュー

新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、政府が緊急事態宣言を発出する中、お葬式はどのように行われているのでしょうか?今回は、緊急事態宣言発出後に、お葬式を行ったご遺族にお話を伺いました。親戚の誰に声をかければ良いか迷ったり、webを使って遺影を探したり、普通のお葬式もここまで変化しています。

お葬式ニュース

新型コロナウイルス流行の中、喪主がお葬式で気を付けたいこと

新型コロナウイルスについて、喪主や遺族、参列者ができることについて、まとめました。なかなか人が集えない状況においても、故人とのお別れの場をきちんと用意したいという思いや、またそれに対する提案は日々、生まれています。こうした動きが、これからの日本の新しいお葬式や供養のあり方につながるかもしれません。

お葬式ニュース

新型コロナウイルスの感染拡大が危ぶまれる今、お葬式はどうなる?葬儀社の対策事例

新型コロナウイルスが猛威をふるう中、葬儀社の動向にも注目が集まっています。政府は東京、大阪などの7都府県に対し、4月7日にも緊急事態宣言を出す考えを明らかにしました。このような状況の中、葬儀の現場ではどのような対応が取られているのでしょうか?今回は、首都圏並びに地方の葬儀社の皆さんに新型コロナウイルスへの対策について、お電話でお話を伺いました。

お葬式ニュース

疫病退散!秩父の奇祭「ジャランポン祭り」生きている人を棺桶に!?

葬式祭りとも呼ばれる埼玉・秩父の奇祭「ジャランポン祭り」。白無垢を着た人が棺おけに入り、僧侶役の人が即席のお経をあげる…… 。祭りの由来は諸説ありますが、「疫病から村を守る」という意味あいがあったようです。3月15日に予定されていた2020年のジャランポン祭りは、残念ながら新型コロナウィルス感染症の感染拡大を考慮し、中止となってしまいましたが、今回はそんなジャランポン祭りとはどんなお祭りなのか?お祭りの魅力や見所を伺いました。
お葬式ニュース

市民が作った三鷹市で暮らす高齢者のための「お役立ちハンドブック」

東京都三鷹市の市民活動団体が、三鷹市内の高齢者にとって本当に必要な情報をまとめた『三鷹の高齢者お役立ちハンドブック(改訂版)』を発行しました。60ページあまりの手のひらサイズの小冊子には、介護保険や医療保険などに関する情報や三鷹市内の病院、高齢者施設、在宅医療機関などの施設に関する情報などがまとめられています。
お葬式ニュース

全国初! 遺言実務の専門家になりたい人をサポートする「一般社団法人 全国遺言実務サポート協会」が発足

多死社会の到来にともない、遺産相続をめぐって親族同士で争うケースが後を絶ちません。しかも、相続争いに金額の大小は関係なく、資産総額がそれほど多くはない一般の家庭であっても、頻繁にもめごとが起こっているといいます。 「相続争いを日本からなくし...
お葬式ニュース

台風19号で浸水被害にあったお仏壇をお焚き上げ。地元仏壇・仏具店のボランティア活動

各地で甚大な被害をもたらした台風19号。自宅が浸水被害に遭った方も多数に上りました。被災された方が、親せきの家に身を寄せたり、新たにアパートや仮設住宅などに移り住む際に問題となるのがお仏壇です。家具と同じように捨ててしまうこともためらわれ、どうしていいか分からないという方も多いようです。こうした状況を見て、福島県相馬市に本社を構える株式会社鉾建仏光堂では、浸水被害にあった住居の仏壇を無料で引き取るボランティア活動を行っています。
お葬式ニュース

高3の孫娘がプロデュース。おじいちゃんのための「笑顔のたえないお葬式」

葬儀社が主導で行ういわゆる一般的な家族葬とは異なり、お孫さんが中心になって、大切なお祖父さんとのお別れをかたちにしました。今回は喪主と、お葬式をプロデュースしたお嬢さんにお話を伺いました。

お葬式ニュース

葬儀に価値を感じない人が価値を感じるお別れとは何か?僕たちはサボらずに考えなければいけない

静岡大学農学部で、哲学・倫理学や死生学の分野で教鞭を執っておられる竹之内裕文教授。死生学と対話についての研究を行なっているほかに、2015年からは「死生学カフェ」という、対話の場を提供する活動を行なっています。死生学カフェとはどのようなものか、その活動内容や現代日本人が生死について話す意義などについてお聞きしました。

お葬式ニュース

葬儀費用もキャッシュレス!メールを使ったクレジット決済サービスとは?

お葬式の支払いもクレジットカードで!今回は、GMOイプシロン株式会社(東京都渋谷区)が提供する葬儀費用決済サービスに焦点をあて、葬儀費用のクレジットカード決済についてご紹介します。

お葬式ニュース

10月からスタート!年金生活者支援給付金の対象者や受給方法。詐欺に注意ってどういうこと?

2019年10月からはじまる「年金生活者支援給付金制度」。消費税率の引き上げ分を活用して、国民年金(基礎年金)受給者のうち、公的年金の収入や所得額など一定の条件を満たした方を対象に、年金を上乗せして支給する制度です。ここでは、この制度の内容や、請求方法についてご紹介します。

お葬式ニュース

日本最大級の供養や葬儀、終活の展示会、セレモニージャパン開催

2019年8月20日から3日間、東京ビッグサイトで今回で5回目となるエンディング産業展、そしてそれぞれ3回目となる自社設備産業展、メモリアルストーンショーがひとつになった、 冠婚葬祭総合展セレモニージャパンが開催されました。 約350社のブ...
お葬式ニュース

葬儀は「最後の舞台」。遺された人の心に故人が生きる、唯一無二の空間をつくる

株式会社リベントの花葬儀について、ご紹介しています。「花葬儀」という言葉が示すように、同社にとってお葬式で大切なのは生花祭壇だけではありません。「祭壇をつくる」とは言わず、「空間をデザインする」と言うように、フラワーデザイナーを中心とした「空間デザインチーム」によって形作られていきます。
お葬式ニュース

名古屋市の終活・お葬式事情!死亡者数の推移、主な死因、葬儀の流れ、葬儀社一覧、火葬場事情、死亡手続き、しきたりなど

名古屋市の終活やお葬式に関する情報をまとめました。名古屋市の死亡者数の推移、葬儀の流れなど。大手冠婚葬祭互助会や専門葬儀社が数多くある名古屋市は歴史的に由緒ある地域であるためか、昭和の初めころまではさまざまな習わしやしきたりもありました。

お葬式ニュース

選ばれるお坊さんとはどんなお坊さん?「お寺さんの会」が勉強会を開催

2019年7月4日、「お寺さんの会」主催の勉強会が株式会社鎌倉新書にて開催されました。当日は生憎の天候ながら、全国各地から約50名のお坊さんが出席。お坊さんに悩みを相談できるQAサイト「hasunoha」を運営するロータスリーフ合同会社の堀下剛司代表の講演や、パネルディスカッションなど、お寺の抱える問題や僧侶派遣サービスなどについて活発な意見交換が行われました。
お葬式ニュース

喪主の負担を軽減!家族葬に取り入れたい「葬儀受付代行サービス」とは?

故人とゆっくりお別れする余裕がほしい。来てくれた方にきちんとお礼がしたい。そのような遺族の希望を叶える「葬儀受付代行サービス」が、東京都でスタートしました。親族や近所の方が行ってきた葬儀の受付や、現金の管理、記録書の作成を専門スタッフが代行してくれるという都内でも珍しいこのサービス。提供するのは株式会社ビットバイビット(本社:神奈川県相模原市)です。

お葬式ニュース

【インタビュー】ベネフィット・ワンから故人と家族の絆を深めるパブリックメモリアルサービス「logbox」が誕生

企業の福利厚生を運営代行する株式会社ベネフィット・ワンが、このほどWeb上で故人の写真や年表などを記録できるメモリアルサービス「logbox」を開発、β版の提供を開始しました。利用者が故人のプロフィールや思い出の写真、動画などをクラウド上に保存し、専用サイトにアップロードすることで、故人の情報を保管・共有することができるサービスです。
お葬式ニュース

死因第3位に「老衰」が浮上!主な死因におきた変化

厚生労働省の資料によると、2018年の死亡数を死因は、1位が悪性新生物(腫瘍)、2位が心疾患(高血圧性を除く)、3位が老衰となりました。
お葬式ニュース

【インタビュー】身元は判明しても引き取り手のない遺骨。横須賀市の終活支援事業の背景にあるもの

神奈川県横須賀市では、2015年から終活支援事業として、エンディングプラン・サポート事業を開始。原則、低所得、低資産、そして独居で頼れる親族がいない市民に対し、葬儀から納骨までを低額で生前契約できる協力葬儀社を紹介している。また、2018年からは全市民に対し、エンディングノートや遺書の保管場所、緊急連絡先などを生前登録し、万一本人が倒れた場合や亡くなった場合に特定の人に開示できる「わたしの終活登録」事業も開始した。全国に先駆けて、こうした終活事業に果敢に取り組む背景には、高齢化率や独居の高齢者数の増加があるだけでなく、「引き取り手のない遺骨の実情が変化している」こともあるという。

お葬式ニュース

たくさんあるぞ!終活関連の資格

団塊の世代が定年を迎え、日本の高齢化が進む現在、シニアの方たちの間で関心が高まってきているのが「終活」です。終活に関するサービスを行う企業も増えるなか、終活に関する資格の取得を希望する声も徐々に聞かれるようになってきています。

お葬式ニュース

日本初開催!生前葬と寄付をコラボした謝縁会

寄付や基金というと日本ではまだ、あまりなじみのない言葉ですが、このほどオリジナルの基金と合わせて行う生前葬が、日本で初めて開催されました。これまでの葬儀やお別れ会、生前葬では本人のイベントとして終わってしまいますが、基金を残すことで、本人の命は絶えても、その思いは世代を超えて続いていきます。もう一つ終活のかたちとして、注目を集めそうです。

お葬式ニュース

空き家問題対策にも!親子で終活。専門家に聞いた実家の上手な片づけ方

親が暮らす実家を片づけて、暮らしやすい環境を整えることで、将来の負担も軽減するという取り組み「実家の片づけ」。今、社会問題にもなっている「空き家」対策にもつながります。ところが親に言いだしづらかったり、言い方を間違えると親と喧嘩になってしまったり。今回、実家片づけ整理協会代表理事、渡部亜矢さんに「実家の片づけ」のコツを伺いました。

お葬式ニュース

チベットの鳥葬は日本で行える?見学はできる?【世界の葬儀】

チベットなどでは、ハゲワシに遺体を食べさせることで弔う「鳥葬」が行われています。鳥葬はどのような目的で行われているのでしょうか。また、鳥葬を見学することはできるのでしょうか。鳥葬やその背景にある歴史、文化などについてご紹介します。
お葬式ニュース

京都 西本願寺の歴史やアクセス、見どころなど

浄土真宗本願寺派の本山である西本願寺は、親鸞聖人の末娘が開基したとして多くの参拝客を集めるお寺です。この記事では西本願寺の歴史やアクセス方法、仏事スケジュール、参拝手順、東本願寺との違いについてご紹介しています。西本願寺で法要をお考えの方は、ぜひご覧ください。
お葬式ニュース

【インタビュー】遺族がつくった、遺族のための安置施設「想送庵カノン」が誕生

人が亡くなると、通夜や葬儀、火葬までの期間ご遺体を安置しておく場所が必要になります。安置先を急いで決めたため不本意な葬儀社に葬儀を依頼しなくてはならなかったり、苦労して選んだ安置先では面会が制限されていたり、場合によっては葬儀まで故人に会えなかったりということもあります。こうした問題を解決するためにつくられたのが、2019年1月30日にオープンした、「想送庵カノン」(東京都葛飾区)です。

葬儀・お葬式を地域から探す