コロナ禍での法事・法要はどうなる?/四十九日法要や一周忌に悩める遺族とお寺の状況

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、不要不急の外出や、「三密」(密集、密閉、密接)を避けるよう呼びかけられています。

このような状況の下、お葬式はもちろん、お葬式の後に行われる四十九日法要や一周忌、三回忌といった年忌法要など、法事法要も例外ではありません。

今回は、新型コロナウイルスが心配な状況で法事法要はどのような影響を受けているのか?ご遺族の声や、寺院、お坊さんへのインタビューなどでわかったことをお伝えします。

Adsense(SYASOH_PJ-195)

葬儀会場のクラスター化リスクと葬儀社の対策

お葬式は大切な故人との最後のお別れの場ではありますが、そのお葬式がきっかけで、遺された家族や親しい人たちが感染ということになってしまったら、それこそ故人も悲しむでしょう。

そのような事態を避けるため、全国の葬儀社各社も消毒液を用意したり、葬儀式場の換気や、葬儀施行担当者のマスク着用を義務付けるなどしています。さらに、親族や参列者同志が近づきすぎないため、十分な間隔をあけて座席を用意するなどの配慮も行っています。

このほか、通夜振る舞いや葬儀後のお清め、お斎などの会食も中止したり、お弁当にして各自持ち帰ってもらうなど、お葬式という大切な時間を可能な限り保ちながら、葬儀会場のクラスター化リスクを避けるため、対策をとっています。

それでも、感染のリスクはゼロとは言えません。そのため、一旦はごく少人数による葬儀を行い、状況が落ち着いたら改めてお別れ会を執り行えるよう、お別れ会のプランを用意するなど、新しい提案も生まれています。

さらに、葬儀式場に参列できない方も故人とお別れができるよう、動画配信によって葬儀に参列できるようなサービスを提供している葬儀社もあります。

新型コロナウイルスの影響で法事法要はどうなった?

こうした状況は、お葬式に限ったことではありません。お葬式の後に執り行われる四十九日法要や遺骨をお墓に納める際の納骨法要、一周忌や三回忌といった年忌法要などにも、感染拡大のリスクを避けるため、変化が訪れています。

法事法要に関するご遺族の声

コロナ禍での法事・法要を行おうか迷っている遺族の声

まず、鎌倉新書に寄せられた、法事法要に関するご遺族の声の一部をご紹介します。 四十九日法要を行いたくても、親戚や身内が集まれずに困っている様子が伝わってきます。また、四十九日に合わせて本位牌を用意したくても、仏壇仏具店が休業していて頼めないといったお悩みもあります。

  • 本当は四十九日をやってあげたいが、親戚からの反対で一周忌にまとめてやることになった。主人に申し訳ないと思っている。(60代女性)
  • 四十九日法要は自宅ですることにしたが、親戚の大半が遠くにいるので、1人だけの参加になってしまい残念。本当は、みんなで送ってあげたかった。(60代男性)
  • 葬儀で身内を呼べず、法要の打ち合わせができていない。どうすればいいか途方に暮れている。法要をやるにしても、2~3人しか参加できないので、そもそも中止をするべきか悩んでいる。(40代女性)
  • 一周忌法要をやろうと思っていたが、色々なところをまわっているお坊さんと会うのが不安。見送ろうかと思っている。(70代女性)
  • 四十九日法要に向けて位牌を買いたいが、近くの仏壇店がコロナで閉まっており、どうすればいいか困っている。(複数の方から同様の問い合わせあり)

法事法要の件数はどう変わった?

さて、このようなお悩みが寄せられている今、四十九日や一周忌、三回忌などの年忌法要には、実際にどのような変化が現れているでしょうか。

派遣僧として首都圏で葬儀や法事法要を執り行っているお坊さんのお話では、2020年の3月から4月にかけて、「あくまでも私の感覚ですが、四十九日法要、一周忌法要ともに前年より件数が減っていると思います」と言います。

地域によってその割合は異なりますがりますが、全国的に法事法要を行う方が減少する傾向はあるようです。こうした動きは、「新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため」と、遺族や檀家の方々が寺院に相談してくるだけでなく、寺院の側から万一の事態を避けるために、法事法要の日延べを勧めているケースもあります。

また、四十九日や一周忌など、仏教儀式である法事を家族だけを執り行い、法事の後の会食など法要は控えるというケースも増えているようです。

納骨法要はどのように変化した?

コロナ禍での納骨法要について

では、法事法要の中でも、遺骨をお墓に納める納骨法要にはどのような影響が現れているでしょうか。

具体的には、ほかの年忌法要と同様、仏教儀式(法事)は執り行うが、その後の会食(法要)は避けるというケースが多いようです。

例えば、首都圏にある寺院では、「四十九日法要は、納骨もあるので件数そのものは前年と変わらずに行っているけれど、会食は差し控えるようになった」と言います。納骨式も、「納骨堂などの室内ではなく、屋外の墓地や永代供養墓への納骨は特に大きな変化はない」というように、お墓の形態によっても納骨法要に違いが現れているようです。

また、遺族の中には、お葬式で親族が集まれなかった分、納骨の法事法要は皆で集まってきちんと執り行いたいと、あえて四十九日に納骨をするのではなく、遺骨は自宅に保管しているという方もいます。

同様に納骨自体を行わず、新型コロナウイルスが収束するまで自宅に保管するといったケースも、今後増えていく可能性があります。

安心して法要を行う上で注意するポイントは?

法事法要を安心して執り行うためには、やはり三密を避けるという対策は最低限必要でしょう。

  • 出席人数を抑制する
  • 会食を避ける
  • 広い空間で行う
  • 換気を良くする
  • 手洗いなどを頻繁に行う

など、葬儀と同様に注意は必要です。

法事法要は延期しても良いの?

四十九日や、一周忌、三回忌などの年忌法要は、故人の命日にも関係しているため、いつでも良いというわけではありません。そのため、可能であれば法事法要は日程にあわせて行った方が望ましいと言われています。

ただし、今回の新型コロナウイルスの感染拡大を防止するというように、やむを得ない事情がある場合は、延期もやむを得ません。

「日程を延期しても、きちんと故人のことを思うことが大事」という声もあるように、それぞれの宗派や地域、寺院によっても考え方は異なりますが、大切なことは供養の心を忘れないことではないでしょうか。

新型コロナウイルスの感染リスクを負わずに法事法要を行うには?

コロナ禍によりインターネットを使っての法事・法要を行うケースが増えている

感染リスクを負わずに法事法要を行う方法として、現在注目されているのが、インターネットを介して行う法事法要です。

以前から、インターネットで法話を行ったり、悩み相談などを受け付けている寺院やお坊さんもいましたが、今回の新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、より多くの寺院や僧侶がインターネットを活用して、法事法要に取り組もうという動きがあります。

実際に、パソコンやスマートフォンを使って、セミナーやミーティングをオンラインで開催するアプリ、Zoomを活用して法事を行ったり、故人のための法事の模様を撮影し、YouTubeの限定公開で、ご遺族にURLをお送りするなどしているようです。

法事法要をインターネットを通じて行えるかどうかは、菩提寺に確認する必要はありますが、 こうしたインターネットを活用した法事法要のかたちは、新型コロナウイルスの影響で今後、広がっていく可能性があります。

まとめ

本来であれば法事法要の延期は望ましくないとは言われていますが、大切なことは故人を思う気持ちです。こうした思いに応えるために、鎌倉新書のお坊さんの紹介サービスでは、インターネットで行う法事法要サービスも行っています。

一方で、法事法要には、親戚たちが顔を合わせ、近況を確認しあうといった役割もあります。新型コロナウイルスが収束したら、お互いの無事を確認する意味でも、故人のため法事法要やお別れ会などを開くのも良いかもしれません。

あわせて読みたい「新型コロナウイルス×お葬式」関連記事

コロナ禍での法事・法要についてよくある質問

法事・法要時、Withコロナ時代に気をつけるべき点はありますか?

法事法要を安心して執り行うためには、やはり三密を避けるという対策は最低限必要でしょう。
出席人数を抑制する・会食を避ける・広い空間で行う・換気を良くする・手洗いなどを頻繁に行うなど最低限気をつけるといいでしょう。

Withコロナ時代に気をつけるべき点はコチラ

感染リスクを負わずに法事法要を行うには?

より多くの寺院や僧侶がインターネットを活用して、法事法要に取り組もうという動きがあります。
また、コロナウイルスが収束したら、改めてお別れ会を開催するなど、新たな取組も増えてきているようです。

お別れ会を考えている人はコチラ

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す