はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

新型コロナウイルスが流行る中、喪主と参列者がお葬式で気を付けたいこと

世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、お葬式のかたちも変化しています。ここではお葬式を執り行う喪主や遺族、そしてお通夜やお葬式に参列する方に、今のお葬式の状況をご紹介しています。

*今回ご紹介する内容について、すべての葬儀社で行われているわけではありません。各社によって対応は異なります。

葬儀は喪主・参列者のどちらもマスク着用

お葬式の場でマスクを着用することは、新型コロナウイルスが流行する以前は躊躇(ちゅうちょ)する方も多くいました。喪主や参列者という立場の違いもあり、喪主はマスクはしない方が良いとか、参列者もマスクはしていても焼香の時は外した方が良いといった意見もありました。

しかし、今はその様子も大きく変化しています。複数の葬儀社に電話取材を行ったところ、葬儀の現場では、喪主も遺族も参列者も、そして葬儀社のスタッフも全員がマスクを着用しているケースが増えています。

新型コロナウイルスが話題になって早々に、葬儀の施行担当者もマスクを着用するという方針を取った葬儀社もあれば、式場の入り口に「マスク着用」を参列者へ促す看板を設置している葬儀社もあります。

お葬式を行う場合も参列する場合も、マスクの着用は今、スタンダードになりつつあります。症状が出ていない場合でも、感染している可能性がゼロではありません。ほかの列席者への配慮という点でも、マスクはお葬式に参列する際の、ある意味、必須のアイテムと言えそうです。

葬儀式場も3密を避けるレイアウト

葬儀会館などで葬儀を執り行う場合、気になるのは換気やほかの列席者との距離などではないでしょうか。

これらは喪主や遺族、参列者だけで解決できる問題ではありませんが、葬儀社の多くは換気をはじめ「3つの密を避ける」ために、非常に気を使っているようです。式の前後で扉や窓を開けて空気の入れ替えを行っているだけでなく、式中も窓を開けておこうといった検討をしている葬儀社もあります。

また、家族葬など小規模な葬儀に適した会館ではでなく、 参列者が少数の場合でも広々とした式場を利用することで、椅子の間隔をあけて、人が密集した空間にならないようにという提案も行われています。家族葬であっても、「あえて広めの会場」というのは、感染予防を意識したこれからのお葬式のトレンドになるかもしれません。

このほか参列者が多い場合には、式場内に入れる人数を制限し、それ以外の方は屋外で待ってもらう、焼香の列の間隔を広げるなどの対策も検討されているようです。

通夜振る舞いは持ち帰りも

さらに、本来であれば会食室で多くの参列者と故人を偲び、お話をしながら一緒に食事をとる通夜振る舞いも、控えたり、規模を抑えたりという希望もあるようです。

このような場合、持ち帰ることができる通夜振る舞いを用意するという方法も考えられます。予想される参列者の人数などにもよるかもしれませんが、葬儀社に相談してみるのもひとつの方法ではないでしょうか。

遠方の親族には、参列を遠慮してもらう

故人をお送りしたいという気持ちはあっても、葬儀の場で新型コロナウイルスに感染してしまっては、故人も浮かばれません。また公共の交通機関を利用して遠方から移動する場合など、移動している間に感染リスクがないとは言い切れません。

こうした事態を避けるためにも、遠方の親族には事情を説明して、参列を控えてもらうという方法もあります。また参列する側も、体調が悪ければ参列を辞退するというように、自分の体だけでなく、遺族やほかの参列者への影響も考えて判断することが求められています。いずれの場合も、電話やSNSなどで、親族間のコミュニケーションは密にとりながら決めていく必要があります。

なお、参列できない方のために、葬儀の模様をライブ配信で遠方の親族に送るなどのサービスも話題になっています。

一方、参列できない場合、弔電や供花を送ったり、お香典を送ることでお気持ちを伝えるという方法もあります。

故人への想いは後日、お別れ会でかたちに

ご遺族の中には、現状では葬儀を行うことができなくても、新型コロナウイルスによる混乱が収まってから、あらためて「お別れ会」「お別れの会」「偲ぶ会」などを開きたいという方もいらっしゃいます。

開催の時期は新盆や一周忌など、通常の法事・法要の時期に合わせて行うという場合もあれば、別途日程を調整してというケースなどさまざまです。先が見えない中、今の段階で確実な日程を決めることは難しいかもしれませんが、こうした「故人を偲びたい」という希望は多いように感じます。また葬儀社の中でも「お別れ会」の案内を出しているところもあります。

「状況が落ち着いたら、お別れの場を設けることができる」ということを知っていれば、新型コロナウイルスの影響でお葬式を自粛しなくてはならないという場合も、気持ちの上での負担は多少なりとも軽減できるのではないでしょうか。

新型コロナウイルスに関連したお葬式Q&A

マスクを着用して参列してもマナー違反になりませんか?

マスクを着用して参列、焼香をしてもマナー違反にはなりません。喪主も、葬儀社のスタッフもマスクを着用しての葬儀が行われています。

遠方の親せきに参列をお断りしても問題はありませんか?

状況によっては、参列を見送っていただく方が良い場合もあります。遠方からお越しになる場合、移動時間も考慮する必要があります。事情をお伝えしてご遠慮してもらうことは問題ありません。

参列者同士の間隔をあけるにはどうすればいいですか?

家族葬など親しい親族や、友人など少人数で行うお葬式でも広めの葬儀式場を利用し、間隔をあけて椅子を配置するなどの方法があります。葬儀会館などの施設はそれぞれ設備も異なるので、葬儀を依頼する葬儀社に相談してみましょう。

新型コロナウイルスが収まるまでお葬式を延期することはできますか?

ご遺体の処置などの問題もあるため、火葬は必要です。エンバーミングを行うことで、お葬式を延期することはできますが、ご安置の場所の確保なども必要となります。お葬式をきちんと行いたい場合は、一度ご家族など少人数で直葬・火葬式を行い、状況が落ち着いてからお別れ会を開いて故人を偲ぶということも可能です。

まとめ

今回は新型コロナウイルスについて、喪主や遺族、参列者ができることについて、まとめました。なかなか人が集えない状況においても、故人とのお別れの場をきちんと用意したいという思いや、またそれに対する提案は日々、生まれています。こうした動きは、日本のお葬式や供養のあり方にも変化を及ぼす可能性があります。今後、新しいお葬式のかたちが次々と誕生するかもしれませんね。

大切な方を偲び、思い出を語る「お別れ会・偲ぶ会」

お別れ会・偲ぶ会というと、著名人や経営者の方が行うイメージがありますが、最近では一般の方が行うケースも少なくありません。新しいお別れのカタチとして「お別れ会・偲ぶ会」が広まってきた反面、何をどのように進めたらいいのかまったく分からない……という方も多く、お別れ会の企画・会場選びから当日の運営まで専門会社に依頼して行う方が増えてきました。

当サイトを運営する鎌倉新書でも、お客様のご要望にお応えするため、お別れ会プロデュース専門サービス「Story」を提供しています。ライフエンディング事業を長年に渡って行ってきた経験から、参加される方々にご満足いただけるお別れ会・偲ぶ会をプロデュースいたします。

ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

お別れ会・偲ぶ会をオーダーメイドでお創りします/お別れ会プロデュース「Story」
まずはお気軽にご相談ください。0120-963-925|受付時間 平日9:30-18:30

あわせて読みたい「新型コロナウイルス×お葬式」関連記事

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (8)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す