はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

火葬式・直葬とは?費用相場と経験談に見るメリット・デメリットを解説

直葬・火葬式の様子

通夜も葬儀も告別式も行わないお別れ、直葬・火葬式。

このところ、そんなお別れが増えているという話をよく耳にします。直葬・火葬式を選ぶ理由はそれぞれの家庭によって事情がありますが、経済的な理由というのも大きな割合を占めているようです。

しかし、費用があまりかからないという直葬・火葬式ですが、安易に選択してしまうと後々、トラブルにつながるとも言われています。

また、事前相談などでは時々、「直葬でお願いします」と言いながら「祭壇は大好きな○○のお花で、お友だちも呼ぶからお食事は……」というように、直葬・火葬式と家族葬を混同されている方もいらっしゃるようです。

今回は、直葬・火葬式に関するアンケート調査結果や、ご遺族へのインタビューなどを通じて、“実際のところ、直葬・火葬式ってどんなの?”に迫ってみたいと思います。

直葬・火葬式とは

直葬・火葬式は近年、急激に増えた葬儀形態の一つで、通夜や葬儀・告別式を行わず、火葬のみを行うものです。安置施設へ搬送、安置した後、通夜や葬儀・告別式を行わずに火葬するお別れです。

故人とのお別れは、火葬炉の前で簡単な形で行われ、火葬前に数分取るだけのケースもあるようです。このような種類の葬儀そのものは以前からあり、経済的に余裕がない方のため、葬儀社が自社のプランにない葬儀として執り行っていました。

その後、こうした葬儀に「直葬」という名称が与えられるようになり、さらに直葬や火葬式といったプランがインターネットなどでも広く発信されるようになり、認知度が高まりました。

直葬・火葬式で僧侶(宗教者)がみえる場合は、お別れのときと火葬炉に入ったあとの数分間のご供養になります。

費用を安く抑えられる、時間を短縮できるなどのメリットがある反面、葬儀後に煩わしい思いをしたり、苦言を呈されたりする場合もあるようです。また、菩提寺(ぼだいじ)に黙って直葬・火葬式を行ってしまうと、代々のお墓に遺骨を納められないケースもあるので、検討する際は慎重に考える必要があります。

鎌倉新書で行ったアンケート調査によると、葬儀に関する不安で圧倒的に多いのは「葬儀の価格」です。

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。いい葬儀なら無料で複数見積り可能です。

お電話でもご相談可能です。 0120-393-100

  • 無料で複数見積り可能
お見積りはこちら

火葬式・直葬のメリット・デメリット

火葬式・直葬を選ぶ人が増えていることから、メリットが大きいことは想像できるでしょう。けれども、デメリットもあることを忘れてはいけません。

葬儀は家族、故人にとっても一度しかないものですから、きちんと把握しておきましょう。

メリット

  • 経済的負担を軽減できる
  • 喪主、遺族の負担を抑えられる
  • 参列者の負担も最小限に抑えられる

経済的負担を軽減できる

火葬式・直葬の大きなメリットといえば、葬儀費用を節約できる点が大きいでしょう。

全国的にも葬儀費用を抑える傾向があり、昔よりも葬儀全体の費用が下がってきています。一般的な葬儀の平均費用は約119万円ほどと言われています。

これに対して、火葬式・直葬の平均費用は45万円前後とかなりの費用が抑えられることがわかります。

また、一般的な葬儀とは異なり参列者の人数も少ないため、接待や返礼品にかかる費用も抑えることができます。

喪主、遺族の負担を抑えられる

参列者を招いた葬儀の場合、喪主や遺族は弔問客の対応や会食の席で接待を行わなければなりません。これは、大切な家族を亡くした遺族にとっては身体的・精神的に負担の大きいものです。

火葬式・直葬では事前の葬儀の準備も少なく、弔問客の対応も少ないため時間もあまり取られません。

参列者の負担も最小限に抑えられる

火葬式・直葬式では当日も火葬場に集合し、火葬炉の前で5分から10分のお別れをして解散します。そのため、火葬場への移動や葬儀場に宿泊することもなく、高齢の参列者の身体的負担を抑えられます。

葬儀では冠婚葬祭の儀式の中でも特に高齢者が多く参列します。故人が高齢者だった場合、そのきょうだいや友人も高齢であり、参列してもらうのは申し訳ないという理由で火葬式にする人もいます。

鎌倉新書で行ったアンケート調査によると、葬儀に関する不安で圧倒的に多いのは「葬儀の価格」です。

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。いい葬儀なら無料で複数見積り可能です。

お電話でもご相談可能です。 0120-393-100

  • 無料で複数見積り可能
お見積りはこちら

デメリット

  • 火葬炉の前で5~10分しかお別れの時間が取れない
  • 周囲の理解が得られないことがある
  • 後から弔問客がくる場合がある
  • 菩提寺から納骨を断られることがある

火葬炉の前で5~10分しかお別れの時間が取れない

火葬式・直葬を初めてやる人の多くが驚くのは、お別れの時間の短さです。

大切な人をゆっくりと偲んだり、お顔を見て静かに別れを告げることはできません。一般葬を経験している人は、火葬式だと供養をしたという実感がわかないという状況に陥ることも。

葬儀の最中はこのやり方で納得していても、しばらく経ってから「故人を満足に見送れなかった」と後悔することもあり得ます。

周囲の理解が得られないことがある

「葬儀のための経済的余裕がない」「故人が火葬式を希望していた」と事情を説明しても、周囲の理解が得られないことがあります。

また、火葬式・直葬では参列者の人数も限られるため、「どこまで呼ぶのか」も重要になってきます。参列できなかった人から不満が出るかもしれません。

特に故人の交友関係が広く、しかし火葬式しかできないという場合には、事前に周囲に話しておく必要がありそうです。

後から弔問客がくる場合がある

火葬式・直葬では限られた親族、友人しか葬儀に参列できないため、「火葬式が終わっていたことを知らなかった」といった弔問客が弔意のために自宅を訪れる場合があります。

その対応の際は事前に日程を決めたり、もてなしたりと結構な負担になります。また、弔問客から香典をもらったけどお返しを用意していなかったという事態にもなりかねません。

菩提寺から納骨を断られることがある

菩提寺と付き合いのある人の葬儀が火葬式だった場合、菩提寺のお墓に納骨できない可能性があります。

なぜなら、新しい葬儀のスタイルである火葬式・直葬では読経を行わないため、菩提寺が認めていない場合が多いからです。

菩提寺から納骨を断られた場合、公営墓地や納骨堂に納骨することになります。後にトラブルに発展しないよう、あらかじめ菩提寺に相談しておく必要があります。

火葬式・直葬にかかる費用

葬儀の種類ごとの平均費用を示したグラフ。火葬式が44万5,376円、一日葬が85万1461円、家族葬が96万4133円、一般葬が149万3624円となっている

火葬式・直葬にかかる平均費用は、上記で述べたように約45万円ほどとなっています。

もしかしたらもっと安いと思ってた…という人もいるかもしれません。公営の火葬場では無料で火葬できる場合もありますが、東京都の火葬場だと最大7万円ほどかかります。

また、それに加えて遺体の搬送にかかる費用、棺や骨壷にかかる費用などが発生します。また火葬式でも手配は葬儀社を介して行うため、葬儀社に支払う費用もかかってきます。

通常、火葬式・直葬では僧侶を呼ばないことが多いですが、呼ぶことも可能です。しかし、その場合お布施を用意する必要があります。

鎌倉新書で行ったアンケート調査によると、葬儀に関する不安で圧倒的に多いのは「葬儀の価格」です。

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。いい葬儀なら無料で複数見積り可能です。

お電話でもご相談可能です。 0120-393-100

  • 無料で複数見積り可能
お見積りはこちら

直葬・火葬式を選ぶのは約5%

直葬・火葬式の割合

鎌倉新書で行っている2017年に行った「第3回お葬式に関する全国調査」の結果を見ると、(調査時から)過去2年半の間に直葬・火葬式を行っているのは割合は約5%となっています。

遺族がいないために直葬・火葬式を選んだ方についてはアンケートに反映されにくい(そもそも回答する人がいない)ため、やや少ない数字となっている可能性はありますが、それでも直葬・火葬式の割合そのものは、それほど多くはないのかもしれません。

どうして直葬を希望するの?

直葬・火葬式を選ぶ理由

直葬・火葬式を望む理由については、やや古いデータになりますが、月刊『仏事』2015年2月号掲載の直葬に関する調査結果から、「経済的な理由」が約6割を占めています。また、葬儀に関する知識の低下や、価値観の変化を読み取ることができそうです。

鎌倉新書で行ったアンケート調査によると、葬儀に関する不安で圧倒的に多いのは「葬儀の価格」です。

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。いい葬儀なら無料で複数見積り可能です。

お電話でもご相談可能です。 0120-393-100

  • 無料で複数見積り可能
お見積りはこちら

火葬式を選んだ人の経験談

火葬式を選んだ理由や実際どうだったのか…というのは経験した人にしかわからないものです。ここでは、いくつかの実際の火葬式・直葬について紹介します。

仕事の都合上、なるべく早く葬儀を終わらせたかった

「認知症の父が亡くなり火葬式で葬儀を行った。仕事の都合上時間がなかったので、なるべく早く葬儀を終えられる火葬式にした。葬儀社の人に『火葬式にしてください』と伝えてもいやな顔せず、火葬場の予約などをしてくれた。お坊さんには事情を説明して、納骨の予約だけ入れさせてもらった。父は多額の借金を抱えていたので豪華な葬儀などできるはずもない。せめて遺された人に迷惑かけないでほしい。」

菩提寺が遠かったので火葬のみ先に行い、地元であらためて葬儀をした

「父は東北出身だったが、震災の影響もあり首都圏の施設に移ってもらいそこで亡くなった。以前父に聞いた時『自分は故郷のお墓に入りたい』と言っていたので、菩提寺に相談した。菩提寺は『東京まで行って読経をしても良いし、お骨にしてもってきてくれても良い』ということだったので、まずこちらで火葬し、後で地元で葬儀をすることにした。地元で葬儀ができたのは1年後になってしまったが以前連絡した葬儀社も覚えてくれていて助かった。お経もあげてもらえた。」

直葬・火葬式経験者からのアドバイス

直葬・火葬式でも考えておかなければならないことという点では、次のようなアドバイスもあります。

  • 霊安室が必要になる場合があるので事前に知っておくと良い
  • 火葬のみでもお悔みへ来る人も居るため、香典返しの準備は前もって必要
  • どんな葬儀にするか、親族で話し合う方が上手くいく
  • 困った時は故人や親族の偉い人の意見でやっていると逃げてしまえば楽だと思う

安心できる直葬・火葬ができる葬儀社選び方

いい葬儀会員になると、経験豊富な直葬・火葬を依頼できる葬儀社を無料で相談できたり、葬儀社によっては特典があるなど、安心できる葬儀が行なえます。こういったサービスに入会して事前に相談しておくのも、葬儀の不安を解消するのには大切です。

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

まとめ

一口に直葬・火葬式といっても、その内容はさまざま。葬儀社によっても異なるでしょうし、担当者によっても変わります。

また、直葬を行うことで、親せきや菩提寺との間でトラブルが起こることもありますし、後から悔いが残るという場合もあるようです。

安易に決める前に、一度、関係する方々でお話してみることをお勧めします。

なお、ご遺族へのインタビューの全文は、「葬儀を終えられたお客様の声」でご覧いただけます。

調査概要

第3回 お葬式に関する全国調査

●調査主体:株式会社鎌倉新書
●調査概要:2017年10月24日〜26日
●調査対象:直近2年以内に葬儀を行った(携わった)経験のある、日本全国の40歳以上の男女
●調査手法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケート専門サイト「アイリサーチ」を活用したインターネット調査
●有効回答数:1999件
※本アンケートは「いい葬儀」の利用者ではなく、日本全国の消費者を対象に行っています。

直葬の実態を探る(月刊『仏事』 2015年2月号)

調査主体:株式会社鎌倉新書
調査期間:2014年11月19日~27日
調査手法:任意に選んだ全国の葬儀社(冠婚葬祭互助会・JA・生協も含む)にFAX・メールにて調査票を配布
有効回答数:217件

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す