第3回お葬式に関する全国調査

株式会社鎌倉新書では、過去2年半以内にお葬式を経験したご遺族を対象として「お葬式に関する全国調査」を定期的に行っています。
万一の時に慌てないためにも、事前の準備は大切です。「お葬式にかかった費用は?」「お葬式で困ったことは?」など、アンケート結果をもとに日本全国、各地域別の葬儀事情をご紹介していますので、是非ご活用ください。

「第3回お葬式に関する全国調査」(2017年)

近年、時代の変化と共に、葬儀においてもニーズの多様化が進んでいます。また、価格の透明性も追及され、「安く、少人数、短時間」で行われる葬儀が増えており、近親者のみの少人数で行われる「家族葬」は4割弱となりました。一方で、「一般葬」※も半数以上と根強い支持を得ていることが伺えます。また、葬儀費用の平均総額や参列者数は、全体的に前回調査と同等ないし微減で、葬儀そのものの費用は、下げ止まったように思われます。
さらに、葬儀に関するしきたりや価値観は地域差が顕著に見られました。
※一般葬とは、通夜、葬儀・告別式の全てを執り行い、ご遺族に限らず、知人、地域の方、職場の方など幅広い方が参列されるお葬式の形式を指します。

葬儀の平均総額は178.2万円(葬儀費用・飲食代・返礼品を含む、お布施は除く)

葬儀の平均総額は178.2万円

葬儀にかかる平均総額(葬儀費用・飲食代・返礼品を含む)は、約5万円減少しました。葬儀の参列者数の減少が影響していると考えられます。

お葬式そのものにかかった費用は?

飲食の費用はどのくらい?

返礼品の費用はどのくらい?

「家族葬」が4割弱と増加

「家族葬」が4割弱と増加

葬儀の種類として1番多いのは「一般葬」で53%となり、前回調査よりも-6.1ptでした。 一方、「家族葬」は38%と+6.6pt前回よりも増加しました。 直葬や火葬式が増加し、式を挙げて弔う文化の衰退を懸念する声もありますが、今回の調査では増加は見られず、家族葬など会葬者の人数を減らしても、式を挙げる人が多いという結果となりました。
また、東京都では、「直葬・火葬式」9%、「一日葬」6%、「家族葬」42%、「一般葬」43%となり、東京都の「直葬・火葬式」「家族葬」は全国平均を上回り、小規模な葬儀が選ばれていることが伺えます。

どんなお葬式にした?

しきたりを重視する上位5県は「山形県」「福井県」「山梨県」「奈良県」「大分県」 (n=186)

しきたりを重視する上位5県は「山形県」「福井県」「山梨県」「奈良県」「大分県」 (n=186)

地域によって、風習や生活様式など様々。 しきたりを重視する県は同率で「山形県」「福井県」「山梨県」「奈良県」「大分県」となりました。

葬儀のしきたりが強い県は?

しきたりから学ぶ全国のお葬式

葬儀社選び
葬儀社はどうやって探した?
葬儀社を決めるまでにかかった時間は?
葬儀社を選びはじめた時期は?
葬儀社選びで不安だったことは?
どんなお葬式にした?
お葬式を行った会場はどこ?
お葬式で困ったことは?
葬儀のしきたりが強い県は?
葬儀とお金
▼葬儀にかかる費用総額
お葬式そのものにかかった費用は?
飲食の費用はどのくらい?
返礼品の費用はどのくらい?
会葬者の人数は?
お香典ってどのくらい集まるの?
お香典はいくら包んだ?
お墓の購入
お葬式後にお墓(永代供養墓や納骨堂も含む)を買う人ってどのくらい?
お墓を購入した時期は?
いくらくらいのお墓を買っているの?

調査概要

調査概要:2017年10月24日(火)〜2017年10月26日(木)
調査対象:直近2年以内に葬儀を行った(携わった)経験のある、日本全国の40歳以上の男女
調査手法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケート専門サイト「アイリサーチ」を活用したインターネット調査
有効回答数:1999件
※本アンケートは「いい葬儀」の利用者ではなく、日本全国の消費者を対象に行っています。

回答者の属性

性別
年代別

当調査内容に関するご質問、掲載や取材の希望については下記までお問い合わせください。

【 株式会社鎌倉新書 広報グループ 】

〒103-0028 東京都中央区八重洲1丁目6-6 八重洲センタービル7階
TEL:03-6262-3521 / FAX:03-6262-3529

関連記事(いい葬儀マガジン)