はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

老衰で亡くなるってどういうこと?加齢による体の変化・兆候

老衰で亡くなるとは?

老衰で亡くなる、老衰死とは、加齢に伴うさまざまな身体機能の衰弱による死のことを指します。

年齢を重ねるにしたがい、身体の細胞は徐々に寿命を迎え、やがて分裂による再生が行われなくなっていきます。同時に代謝機能の低下から異常なタンパク質が作られるようになります。それによって臓器や筋肉の働きにも異常や衰えが増加してきます。

また、老化した細胞から分泌される特殊な免疫物質が周囲の細胞に働きかけることによって、周りの細胞の老化が促進され、全身の細胞や臓器が常に炎症を起こしている状態となります。

こうした要因により、日常生活の中で今まで当たり前にできていた動作が難しくなります。食事をしても臓器が栄養を吸収しにくくなることから、全身のあらゆる機能がさらに衰弱していきます。そして、次第に生命活動を維持することができなくなっていきます。

しかし、臓器と同時に感覚器官や脳の機能なども低下していくことで、老衰死に向かいつつある当人が大きな苦痛を感じることは少ないともいわれています。

老衰死は何歳から?

近年の統計を見ると悪性新生物(腫瘍)、心疾患(高血圧性を除く)に続いて日本人の死因の第3位が「老衰」となるなど、「老衰死」は増えつつあるのが現状です。

一般に死因として何歳以上の方が亡くなった場合に老衰死として認められるのかということについては、医師によっても意見は分かれるようです。実際に医師を対象にした調査によると、90歳以上を老衰とするという回答がもっとも多くなっているという結果もあるようです。

ただし、実際にはそれほどの高齢者になると、何らかの病気にかかっている人も多いため、厚生労働省の「平成31年度版死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル」によると、「死因としての『老衰』は、高齢者で他に記載すべき死亡の原因がない、いわゆる自然 死の場合のみ用います」とあります。また、「老衰から他の病態を併発して死亡した場合は、医学的因果関係に従って記入」することになっています。

老衰死の前兆

「老衰」の進行する速さは人や環境によってもさまざまです。

老衰の兆候がまず顕著にあらわれる症状としては、握力の低下、歩行速度の低下、または転びやすくなるなどの筋力の低下があります。

こうした外から見てもわかりやすい変化と同時に、内臓器の機能も衰えていきます。そのため、呼吸器や循環器に関するトラブルが多くなったり、きちんとした食事をしていても栄養が吸収されにくくなることで急速な体重の減少が見られたりすることがあります。

老衰がさらに進むと、それまでと同じ食事を自力で摂ることが難しくなります。そのため、飲み込みやすく高栄養の介護食で栄養を取ることが必要となります。また、脳機能の低下などから意識レベルを保つことが難しくなというケースもあります。そして、次第に一日のほとんどを睡眠状態で過ごすようになっていきます。

このように「体重が極端に減少し」「食事の量が減り」「一日のほとんどを寝て過ごす」などの状態が続くようになったら、近く老衰死を迎えるという心構えと準備を整えた方がよいでしょう。老衰死では、胃ろうなどの延命治療を施さず自然に任せた場合、口から全く食事を摂れなくなって数日から一週間の内に旅立たれることが多いといわれています。

老衰死との向き合い方

老衰による死は病気・事故による死などと比べると、本人の苦痛が少ない安らかな旅立ち方と考えられています。しかし家族がその最期を看取るにあたって、どこまで延命治療を施すかについての判断を下すことが難しい場合もあるでしょう。

昨今の終末期医療の現場においては患者本人にとっての「QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)」を優先するという考え方が重んじられるようになってきています。

延命治療に関しては医師の見立て、家族の気持ち、そして旅立とうとしている本人が穏やかに旅立つためにしてあげられることなど、さまざまな点を考慮して、皆が納得できるまで検討することが必要でしょう。

そのためには、日頃から家族間でいざという時にあわてないよう、延命治療についての考え方を話し合い、ある程度の統一した見解を持っておくことも大切です。また、可能であれば延命治療についての自分自身の意志を文書などではっきりと残しておくことも、家族や親族にとってはいざという時の助けになることでしょう。

まとめ

穏やかに老衰死を見守り、その旅立ちを見送るために大切なこと、覚えておきたいことなどについて解説しました。医療の発達と共に高齢化が進んだ現代において、どのように安らかな最期を迎えるかについての関心は、近年より一層の高まりを見せています。

大切な方のお見送りの形、費用などについて疑問やお悩みがありましたら、どんな小さなことでもどうぞお気軽に、ご相談・お問い合わせください。

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す