はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

葬儀と清めの塩。使い方とタイミング

葬儀に使われる塩とは、体を清めるためのものです。古くは、死は穢れと考えられていました。そのため、葬儀に参列した際には穢れを自宅に持ち込まないように、車に乗るまえや自宅の玄関先で、葬儀場で手渡された塩を振りかけるといった習わしがあります。ただし、死を穢れとは見なしていない宗教や宗派では塩を使いません。

一般的に神道では死を穢れとして捉えています。

諸説ありますが、穢れとは「気が枯れる」状態で、生きる力が衰えている状態をいいます。気が完全に枯れてしまう状態が、死という考えです。穢れというのは、生きているものから見た場合、ある意味異常で不潔な状態と考えられています。そして穢れである死は、生きている者にも伝染すると解釈されています。

そのため、神道では家族が亡くなった際には一定の期間家にこもり、穢れが浄化されるのを待つ必要がありました。また、葬儀に出席して、故人の死に触れた者も穢れていると見なされきました。
こうしたことから、ほかの人に穢れが伝染らないように、葬儀の参列者の体を清める必要がありました。そこで利用されたのが塩です。

現在でも、葬儀の会場で穢れを遠ざけるために塩が手渡されますし、自宅に入るまえに塩を体にかけて邪気を払う風習も残っています。

仏教では死を穢れと捉えない

一方、仏教では死を穢れの対象とは捉えていません。

死は身近にあるもので、しっかりと向き合い、生きていくために活かすという教えがあります。そのため、仏式の葬儀では体を清める塩を用意しないケースも見受けられます。特に浄土真宗の葬儀では、清めの塩を用いません。人は亡くなったときに、浄土に生まれ変わる「往生即成仏」の教えがあるためです。
しかし、近年のお葬式では神道の考えも混ざり、葬儀場で小袋に入った塩を手渡される場合があります。そのため、死を穢れと捉えない仏式のお葬式でも塩が配られることがあります。

それぞれの地域の習わしやお寺、遺族の考え方にもよるので一概に否定できるものではありません。

塩に込められた役割とは?

葬儀に使われる塩には、2つの役割があります。1つは先述した通り、穢れを祓う役割です。そして、もう1つの役割は、細菌の繁殖を抑えるためと言われています。塩は安定した物質で、長期間の保存に適した劣化の少ない物質です。干物などに利用されることからも想像できると思います。現在のようにドライアイスで遺体を冷やして保存することができなかった時代は、塩の性質を利用して死体が腐敗するのを遅らせていました。

また、塩には水と火の力が備わっているといわれることもあります。

これは塩の精製時に「海水」を「火」で煮詰めるためです。そのため、水と火の力でつくられた塩は「不浄なものを洗い流す水」と「不浄なものを焼き尽くす火」の浄化作用が込められているとされています。こうした考え方から、目に見えない穢れに触れる葬儀で体を清めるために塩が手渡されるようになったといわれています。

清めの塩はいつ、どのように使うの?

塩は家に入るまえに使います。玄関に足を踏み入れるまえに塩を振り、穢れを家に持ち込まないようにします。住んでいる地域によっては、車に乗り込むまえに塩を振るケースもあります。
「葬儀場で塩をもらわなかった」「玄関のまえに塩を用意しておくのを忘れた」といった場合には、家族に頼んで塩を手渡してもらうという方法もあるでしょう。ひとり暮らしの方は、自宅に帰るまえにコンビニなどで塩を購入することで対応できます。

また、宗教・宗派によっては葬儀に清め塩を必要としません。そのため、葬儀に参列する場合は、自分が信仰する宗教に合わせて塩を用意したり、玄関ドアのまえで塩を振りかけるなど対処してください。また、葬儀場を出てから勤務先などに立ち寄る場合は、会場を出た際に足元に塩を撒くこともあります。こうすることで、スーツなどに塩が残る心配もありません。

親族の葬儀では清めの塩を使わない

多くの場合、身内の不幸で葬儀に参列した際は、お清めの塩を使わないのが一般的です。ただし、使用を禁じているわけではないため、玄関に入るまえに塩を振っても問題はありません。

塩のかけ方・使い方

葬儀場でもらった、または玄関のまえで手渡された塩で穢れを祓う場合は、どのように使えばよいのでしょうか。

塩を振りかけるときは、胸・背中・肩・足元の順に塩をかけます。そして、床や地面に落ちた塩を踏んでから玄関に入ります。体を清めてから玄関をまたぐことで、穢れなどが家の中に入るのを防ぐという意味があります。
このほかにも、塩を振るまえに水をかけて手を清めることがあります。

清めの塩が余ってしまった場合は?

葬儀場などでもらった清めの塩は、なるべく使い切ってしまうようにしましょう。

葬儀の際に配られる塩の袋には「非食用」と書かれています。工業用につくられた塩が入っていることもあるので、食用基準を満たしていない場合があります。そのため、塩が余ってしまった場合は、食べずに生ごみとして市町村のごみ収集に出してください。捨てることに抵抗を感じる方は「庭に撒く」「キッチン・トイレに流す」などの方法で処分しましょう。

まとめ

葬儀で使われる塩、清めの塩について紹介をしました。塩は体を清める目的で振りかけるものですが、宗教や宗派によっては塩を使わないこともあります。葬儀を行う場合は、塩を用意するかどうかについても確かめておくとよいでしょう。個々の考え方にもよりますが、不安なときは菩提寺などに相談してもよいでしょう。
「葬儀について不明な点がある」「葬儀社を紹介して欲しい」という方は、お気軽にご連絡ください。相談や葬儀社の紹介など、葬儀にまつわるサービスを提供させていただきます。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (1)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す