ご母堂やご尊父の意味や使い方など

葬儀や弔事における「ご母堂」「ご尊父」の使い方
Adsense(SYASOH_PJ-195)

ご母堂の意味

葬儀時の挨拶や弔事における「ご母堂」の意味と使い方

ご母堂の意味は、第三者の母親を敬って表現した言葉です。本来は母堂という言葉自体が敬った表現になるのですが、「ご」と様をつけたご母堂様と表現することが慣例となっています。

葬儀では、遺族の方の母親、妻の母や夫の母がお亡くなりになられたときに使うことが多い言葉です。弔電、お悔やみの言葉などを言うときにも使いますが、ビジネスなどの改まった場で言うこともあります。

ほかの表現では、お母上様、お母様、ご賢母様があります。また、妻の母という意味でご丈母様、ご岳母様という言葉もあります。

ご尊父の意味

ご尊父の意味は、第三者の父親を敬って表現した言葉です。尊父でも敬った表現とされていますが、慣例ではご尊父様と言うことがほとんど。葬儀では、遺族の方の父親、妻の父、夫の父がお亡くなりになられたときに多く使われます。

また、葬儀の弔電やお悔やみの言葉などを言うときに限らず、ビジネスなどでも使われる表現です。ほかにはご賢父様、お父様、お父上という表現もできます。妻の父という意味のご岳父様という言葉もあります。

祖父・祖母などほかの続柄の敬称

喪主から見た故人の続柄・家系図

お葬式の場合、敬称は喪主から見た故人の続柄で表現します。

喪主とは遺族の方の代表です。続柄の敬称ですが、祖母や祖父は、ご祖父様、ご祖母様となります。
夫の場合はご主人様・ご夫君様・旦那様となり、妻の場合はご令室・令夫人・奥様、子どもやお孫さんの場合はご子息、ご令嬢、お孫様、兄弟はお兄様・ご令兄様、弟様・ご令弟様、姉妹はお姉様・ご令姉様、妹様・ご令妹様となります。

葬儀は礼儀が重んじられる場ですので、失礼のない言葉遣いが必要です。特に弔電やお悔やみの言葉を述べるとき、敬称には気を付けてください。遺族の方への礼を欠かないよう、丁寧な敬称を知っておきましょう。

弔電での敬称を用いた使い方

弔電とはお悔やみの意を伝える電報です。弔電はどうしても葬儀に参列できない事情があるときに送ります。弔電の文面では敬称を使うことになりますが、一度使い方の例文を見てみましょう。

ご母堂様の場合は「突然の訃報に接し、驚きを隠せません。ご母堂様のご冥福をお祈りするとともに、謹んでお悔やみ申し上げます」という文面で哀悼の意を表すことができます。

またご尊父様の場合では「突然の悲報に接して言葉を失っています。ご遺族の方々のご心痛をお察し申し上げますとともに、ご尊父様が安らかに永眠されますようお祈りいたします」と表すこともできます。

式中や親族の間で読まれることもありますので、ある程度公的な文章を意識した内容にするのが良いでしょう。

弔電の文面で気をつけたい忌み言葉

弔電の文面で気をつけたい忌み言葉について

葬儀では忌み言葉に配慮して弔電や弔辞、挨拶をする必要があります。

忌み言葉とは、葬儀で使うと不吉で縁起の悪い言葉のことです。例えば、たびたび、重ね重ね、ますますなどは重ね言葉とされ不幸の繰り返しを連想するため葬儀では使用を避けます。

ほかには再び、消える、無くなる、落ちる、続く、とんでもない、大変などネガティブなイメージのある言葉は基本的に控えましょう。また、数字の九と四は苦しむことや死を想像するので使いません。葬儀では生や死に関する言葉はできるだけポジティブな表現で口にするようにしましょう。

例えば、生きていたとき、という表現よりは生前やお元気なとき、などの遠まわしな言い方をする方が良いでしょう。

以上が葬儀で控えるべき忌み言葉ですが、軽はずみな励ましの言葉も慎むようすると良いです。悲しむ姿を元気づけたい気持ちがあるかもしれませんが、逆に遺族を傷つけることもあります。残された遺族の方への心遣いもマナーのひとつです。

意外と盲点な宗教上で控えるべき言葉

忌み言葉を知っている人でも意外と盲点となるのが、宗教上控えるべき言葉です。

日本人が信仰する宗教の多くは仏教です。仏教では普通のことでも、キリスト教など他の宗教では失礼に当たる表現や言葉があるため、注意しなければなりません。

例えば「ご冥福をお祈り申し上げます」の冥福は、仏教の用語なのでキリスト教と神道では使いません。仏教の浄土真宗も考え方の違いで使わないので注意が必要です。ほかには往生、成仏、供養も同じ仏教用語となります。

弔電を送るときは、キリスト教、神道、浄土真宗など故人の宗教にも注意して、お悔やみの言葉を送るようにしましょう。

まとめ

以上が御母堂、御尊父の意味と使い方でした。

葬儀では弔電や弔辞で使う敬称となります。故人に関係したさまざまな方が来られる公の場ですので、言葉遣いなどの礼儀や気配りが大切です。特に敬称は意識して失礼のないように使う必要があるでしょう。敬称の独特な表現は、知らないととっさに出てこないこともあるため、事前に知っておくことをおすすめします。

弔電や弔辞の敬称だけではなく、葬儀に関するお悩みやお問合せがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す