はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

喪中はがきを出す範囲・続柄は?

喪中はがきは11月下旬から12月上旬、遅くとも中旬と、受け取り手が年賀状を用意する前に届くよう送るのがマナーです。

この時、頭を悩ますのが、喪中はがきをお送りする範囲です。義理の親や離れて暮らす親せきなどが他界した場合、喪中はがきを出すべきか悩んでしまうこともあります。

今回は故人の続柄と喪中はがきを出す範囲について、確認しましょう。

 

喪中はがきを出す故人の範囲・続柄

喪中はがきを書く人(差出人)となる人は?

喪に服する期間に厳密な決まりごとはありませんが、1年というのが通例です。従って年内に近親者が亡くなった方が、年賀状ではなく、年賀欠礼状(年賀の挨拶を欠礼するという詫び状)、通称喪中はがきを出すことになります。

 

 

喪中はがきを出すべき故人の範囲・続柄は?

 

喪中はがき(年賀欠礼状)を出す範囲については、喪中となる範囲です。

故人が自分の両親、配偶者、兄弟姉妹、子ども、配偶者の両親というのが目安(下の図の薄いオレンジの枠)といわれていますが、厳密なルールではありません。

 

二親等までという説明もある一方で、同居をしていない、世帯が別ということであれば、二親等であっても年賀を欠礼する必要はないという考え方もあります。反対に、三親等だから喪に服してはいけないというわけではありません。

また、喪中はがきを出す際には、世帯主から見ての続柄で判断するのが一般的です。

 

親等図(二親等まで)

喪中はがきを出す範囲

喪中はがきの基本的な書き方

喪中はがきの書き方には、いくつかのルールがありますが、大まかな要素と順番は次の通りです。

 

喪中はがきに書く内容と順序

① 年賀欠礼の詫び

② 故人の情報

③ 生前のお付き合いの感謝

④ 今後のお付き合いのお願い

 

喪中はがきの注意点

喪中はがきの本来の意味は、喪中のため新年の挨拶ができないという詫び状です。そのため、冒頭にこのことをはっきりと記す必要があります。

また、誰が他界したのかという故人の情報についても、きちんと記す必要があります。特に昨今は、喪中はがきが亡くなったことを知らせる訃報通知の役割も担っており、喪中はがきの重要性は増しています。故人の名前だけだと、亡くなった方がどのような関係に当たる人なのかがわからず、受け取った側もお香典を出すべきなのかどうかというように、対応に困ることもあります。故人の続柄はきちんと記す方が丁寧です。

また、喪中はがきで近況を伝えるのはマナー違反です。近況を伝えたい場合は喪中葉書とは別に送りしましょう。

 

義理の親が亡くなった場合の喪中はがきの書き方

配偶者(妻)の親が亡くなった場合、喪中はがきの書き方については義理の父、すなわち「義父」を用います。

「義父 ○○が○○歳にて永眠いたしました」と書きます。

このほか、妻の父親を意味する言葉としては「岳父」(がくふ)という言葉があります。

 

こうした言葉になじみがない、もう少しわかりやすく書きたいという場合には「妻○○(配偶者の名前)の父○○が…」というように記す方法もあります。

 

続柄を書かないという方法もありますが、先述の通り、なるべく書いた方が受け取った人にとってもわかりやすいでしょう。

 

また、配偶者(妻)の母については、「義母」のほか、「丈母」(じょうぼ)と書く場合もあります。丈というのは丈人、つまり年老いた人という意味があります。

 

夫婦連名で喪中はがきを出す場合は?

では、夫婦連名で喪中はがきを出す場合、例えば故人が配偶者(妻)の親だった際にはどのように記せばよいのでしょうか?

 

答えは、「義父(岳父)」または「義母(丈母)」です。

喪中はがきは世帯主からみた続柄を書くのが一般的です。そのため、世帯主が夫で、配偶者(妻)の親が亡くなった場合は、「義理」の親せきというのが通例です。

 

ただ、「義父(岳父)」「義母(丈母)」と書いたものの、配偶者(妻)にとっては実父、実母です。亡くなったのは自分の親なのに「義理」と記すことには抵抗があるかもしれません。

この場合、「妻○○の父」または「妻○○の母」とする。もしくは、喪中はがきは連名としないというのもひとつの方法です。

 

 

どうして喪中は悩ましい?喪中の難しさの理由

喪中とは、ご家族や親せき、近しい人などが亡くなった際に、喪に服する期間です。古くは家の門を閉ざして外部との交わりを避けるといったこともありました。しかし、現在はお祝い事などは控える、派手な行いはしないなど、それほど厳しいものではありません。

ただ、喪に服するという行為は、故人の冥福を祈り、生活を慎むという自主的な行為です。喪に服する期間や、喪中にやっていいこと、いけないことなど、明確な決まりがあるわけではありません。ある意味、それぞれの気持ちの問題でもあるため、忌中とは異なり「亡くなってから何日目に、これこれの追善供養をする」というものではありません。

これはある意味、非常に難しい部分でもあります。

ルールがない分、自分で判断しなければならないことも多く、せっかく故人を偲んでいても他人からは「マナーを知らない人」と見られてしまう可能性もあります。さらに、忌中と喪中の違いもわかりにくいといったこともあり、頭を悩ます方もいるようです。

 

>>喪中と忌中の違い。喪中の時のお正月の過ごし方にちてはこちら

 

まとめ

喪中はある意味あいまいな部分があるため、わかりにくいといえばわかりにくい習わしのひとつかもしれません。しかし、そのぶん、決まりではなく心から故人の死を悼み、冥福を祈ることがもできます。

特に年末、年始にかけてはお正月などお祝い事も多い季節です。ご不明な点などありましたら、喪中の時のお正月の過ごし方もあわせてご参照ください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (11)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す