はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【大人のマナー】突然の訃報…お通夜に遅れて行くのは失礼?


Warning: Illegal string offset 'post_id' in /var/www/le2-wordpress/guide/wp-content/plugins/multi-rating/includes/class-api.php on line 733

通夜は、夜から始まり1〜2時間程で終わる故人との別れの儀式です。

元々は、遺族や近親者だけで行うのが主流でしたが、平日に葬儀・告別式がある場合、都合がつかず参加しにくい人が多いことから、通夜に参加する事が主流になりつつあります。

仕事等の予定が終わってから参加される方が多くいますが、その予定の最中に思いがけない事態に合ってしまい時間に遅れる事もあるでしょう。

そんな事態を防ぐにはどうすればいいのか、もし遅刻してしまった場合はどう対処するのがマナーなのかをご紹介します。

 

仕事場から直行するためには

通夜が始まる時間帯は一般的には午後6時から7時頃のため、仕事が終わってから駆けつける方が多いのではないでしょうか。

通夜に遅刻しないためにも事前にあることが分かっている時は、前日に喪服や香典の準備をし、当日は上司や同僚に「通夜があるため、今日は早めに失礼します。」とのことを伝えておくと良いでしょう。

また、人が亡くなるタイミングは誰にも予測ができないので、突然の通夜に備えるには、会社のロッカーに喪服や通夜に適した地味な服装、黒ネクタイなどのアイテムを入れておくと、家に帰らずとも会社から直行で出向くことができるので、時間の短縮ができます。

 

お通夜の場合、遅刻は許される?

基本的にはどんな行事であっても遅刻は厳禁とされていますが、通夜に関してはタイミングによっては、必ずしも厳禁とは言えません。

30分以内の遅刻であれば、焼香が順に回っている頃なので、急いで駆けつければ間に合います。

案内の方の指示に従いながら、参加しましょう。

また、1時間以上の遅刻であっても、諦めずに駆けつけたほうがよいでしょう。

焼香は終わっているかもしれませんが、ご遺族の方はいらっしゃいます。

ご遺族の方々は、遅刻しても故人を思って忙しい中駆けつけてくれると嬉しく感じますので、遅れてお詫びを言って焼香しましょう。

 

夜歩く男性

 

どんな場合には遠慮するべき?

故人を思って忙しい中駆けつけてくれたら嬉しく感じるかと思いますが、あまりにも遅い時間であれば話が違ってきます。

故人と特に親しい間柄でなければ尚更です。ご遺族からしてみれば、故人のための葬儀の準備等で心身ともに疲労しています。

遅刻していまい、到着するのが午後9時以降であれば通夜に行くのは遠慮しましょう。

代わりに葬儀もしくは告別式に参列したり、お葬式が終わったあとに改めて訪問するようにしましょう。

ただ、故人と、とても親しく家族ぐるみでお付き合いがあった等の場合は、ご遺族に連絡をとり訪問してもよいか確認し駆けつけてもよいでしょう。

 

【関連記事】

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す