孫代表として弔辞を読む!文章の構成と書き方(例文つき)

弔辞とは、故人への手紙のことを指します。故人を心安らかに送り出し、ご遺族の慰めとなるような内容の弔辞を書きたいものです。弔辞は故人と縁が深い方が読むことが多く、孫も例外ではありません。孫が大好きだった祖父母のために、孫に弔辞をお願いすることもあるでしょう。

ここでは、孫が担当する弔辞の書き方と注意点を例文とともにご紹介します。

Adsense(SYASOH_PJ-195)

弔辞とは

弔辞とは、故人の死を悼む気持ちを表す言葉です。故人と親しかった方が代表して、葬儀や告別式の御霊前で永遠の別れを惜しむ言葉を読み上げます。

弔辞の書き方

ご遺族から弔辞を依頼された場合は、特別な事情がない限り、引き受けるのが礼儀です。突然依頼された場合、どのようなことを話すべきなのでしょうか。弔辞で伝えるべき内容や文章構成について説明します。

弔辞で伝える内容

弔辞を依頼されるのは、生前特に故人と親しかったというご遺族の思いがあるからです。抽象的な言葉や形式的な内容では、ご遺族や参列者の心に残らないものとなってしまいます。故人と親しかった自分だからこそ話せる内容を、誠実に述べるのが望ましいでしょう。

そのために、まずは何故自分が弔辞を依頼されたのかを考え、故人との関係を改めて思い返してみましょう。それから、故人の人柄や生前の思い出を偲ばせるエピソードを、自分なりの言葉でまとめていきます。

故人の経歴や功績を述べる場合には、間違いがないかどうかを事前に確認しておくことも必要です。無理に難しい言葉は使わずに、ご遺族や参列者に伝わりやすい言葉を選ぶように心がけましょう。

望ましい弔辞の長さ

一般的な葬儀では、3~5人が弔辞を読み上げるため、一人あたりの奉読時間は3分程度が妥当です。話す速度は1分で300~400字程度。だいたい原稿用紙1枚分くらいと言われているので、字数に換算すると900字から1,200字程度となります。

一人があまり長々と読み続けるのは望ましくありませんが、短すぎるのもあまり味気ないと思われるかもしれません。

時間内に収めようと、早口にならなくても済むように、ちょうどよい長さに内容をまとめましょう。事前に、弔辞を声に出して読み上げる練習をしておくとよいでしょう。

弔辞の文章構成

弔辞は、故人への哀悼の意を示す言葉をはじめに述べるのが一般的です。次に、訃報を知った時の悲しみや驚きの気持ちを表します。そして、故人と自分との間柄を交えて、故人の人柄や経歴、功績、エピソードなどを述べます。その次に、現在の心境や残されたご遺族へ慰めと励ましの言葉を述べ、最後に故人の冥福を祈る別れの言葉で締めくくります。

孫が読む弔辞の内容と構成

弔辞の内容を考えはじめると「きちんとした言葉や表現で、失礼のないようにしなくてはならない」と構えてしまいう方がいますが、弔辞の目的は変わりません。

そもそも弔辞は故人にとって大切な、あるいは親しい方が読むものです。「堅苦しい真面目な文章」よりも「思いを素直に表した文章」の方が喜ばれるでしょう。

ただし、幼い孫の代筆をする場合、本人が発声しやすく、参列者が聞き取りやすい言葉や表現を使うように心がけてください。弔辞全体の内容も「皆が理解しやすく飾らないもの」にし、漢字が読めない場合はひらがなで書いてあげると読みやすいでしょう。

弔辞を書く際に注意したいこと

思いを素直に読み上げる弔辞は、故人やご遺族に気持ちが伝わりやすく好まれますが、作成時に忌み言葉を意識して避ける必要があります。忌み言葉を知らない孫が書いた文章の場合は、周囲の方が確認して手直しする必要があります。

忌み言葉をあまり気にしない方も多くなってきていますが、参列者やご遺族に不快感を与えないためにも避けるべき表現を把握しておくことは大切です。

ここでは弔辞で使用を避けたい表現を紹介します。

「繰り返し」をイメージさせる表現

たびたび・かさねがさね・じゅうじゅう・しばしば・くれぐれも・しみじみ・ますます・いよいよ・返すがえす・次々・重ね・続いて・再三・追って など

※これらは不幸が重なったり続いたりすることをイメージさせるため避けます。

「生」「死」を直接イメージさせる表現

生きる・生存・死ぬ・死亡・四・九

※これらの言葉を使いたい場合は「ご生前」「お元気な頃」「ご逝去」「亡くなる」などに言い換えます。

宗教上避けるべき表現

ご冥福をお祈りいたします(キリスト教・浄土真宗ではNG)※宗教によって死生観が違うので、よく確認するようにしましょう。

弔辞の題、日付、記名の書き方

弔辞は紙の余白を多めに空き、本文を書き始めます

縦書きでゆとりをもって文字を書き、上下左右の余白は十分に空けます。一番左に、奉書紙や巻紙の右端から10cm程度の余白をとってから、「弔辞」と題を記します。

題からさらに余白をとって、本文を書きます。本文は、一行ずつ改行して書くと、文章も綺麗に見えますし、読み間違うこともありません。本文を書き終えたら改行し、少し下げた位置に年月日を入れます。さらに改行して、年月日の位置より低い位置に署名をしましょう。便せんを使用した場合は、文末に年月日を記載して署名します。

弔辞の包み方

奉書紙の場合は、まず半分に折り、さらに三つ折りにした後に、上下の端を2つに折ります。巻紙の場合は、開きながら読めるように後ろから巻きます。そして、奉書紙の中央に弔辞を書いた紙を置いて、右、左の順に左前になるように折ります。

慶事の時には右前にしますので、折り方には気を付けましょう。次に上下を裏側に折って、「弔辞」と表書きします。便せんを使用した場合には、白い封筒に「弔辞」と記載して持参するようにします。

孫が読むのにふさわしい弔辞の例文

ここで先述した構成を踏まえて、弔辞の例文を紹介します。

弔辞を孫が読む場合は、故人への思いを素直に表した文章がふさわしいでしょう。

10代の孫が読む弔辞の例文

おじいちゃんへ

おじいちゃんとお別れしなくてはならない時が来てしまいました。僕にとって、おじいちゃんはとても特別な存在でした。毎日すごく頼りに感じていました。

困ったことがあると、いつも最初におじいちゃんに相談していました。僕が小学校に入ったばかりの頃、気の合う友達ができなくて落ち込んでいて「今日は学校に行きたくない」と相談したら、「じゃあ、明日はおじいちゃんと一緒に小鳥の巣箱を作ろう。軒先に小鳥が巣を作りはじめてるから」と言ってくれました。その言葉に背中を押されて、ちゃんと学校へ行ったことを覚えています。うまく説明できないけれど何だかパワーをもらったような気がしました。

おじいちゃん、いろいろとありがとうございました。これからも僕たちのことを見守っていてください。

孫代表〇〇

成人の孫が読む弔辞の例文

本日、祖母〇〇へお別れの言葉を伝えなくてはならないことを、いまだに実感できないでいます。

祖母は包み込むようなやさしさとお茶目さを併せ持つ、素敵な人でした。私と弟がまだ幼い頃、母と一緒に家へ遊びに行くと、いつもほがらかな笑顔で出迎えてくれました。グラタンやグレープフルーツ、それからキャラメルなど、私と弟が当時大好きだった食べ物とおやつを用意してくれていたのを覚えています。楽しく食べ終わると「明日からはお母さんが作ってくれる野菜炒めや野菜の煮物もちゃんと食べなきゃだめだよ」と約束させられました。私と弟は苦笑いしながらもその約束をきちんと守ったものです。今でもはっきり覚えています。

私はこれからもずっと祖母との大切な思い出を胸に生きていこうと思います。どうぞ、安らかにお眠りください。

孫代表〇〇

人生のエンディングをお手伝いする総合ガイドブックをプレゼント

◼️葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。

  • 看取りから葬儀までの流れ
  • 葬儀形式について詳しく解説
  • 葬儀費用の内訳を詳しく解説
  • 葬儀場を選ぶ3つのポイント
  • 相続準備や葬儀後の各種手続き
  • 経験者の「困った」から学ぶ相続
  • 納骨&仏壇tの種類と特徴
  • 一周忌までのスケジュール
資料請求はこちら

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す