はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

家族葬でも挨拶は必要?喪主による挨拶例とタイミング

家族葬とは、身内や故人とごく近しい人だけを集めて執り行うお見送りの形です。しかしどのようなささやかな形でも「お葬式」を行うならば、そこには喪主を置かなければなりません。家族葬で喪主を務める場合にも参列者への挨拶は必要なのか、必要ならばどのようなタイミングでどういった内容の挨拶がふさわしいのか、ということについて解説していきます。

家族葬でも喪主の挨拶は必要?

一口に家族葬と言っても、その規模や形態はそれぞれの家族によって異なります。
社交的な儀礼としての参列者はお断りするというのが一般的ではありますが、本当に家族だけで行う場合もあれば、一定の範囲の親類縁者には声をかけ、また故人と親交の深かった友人、知人には知らせるというケースが多いようです。

親類縁者、親しかった友人も参列する場合、やはり儀礼の節目において喪主としてきちんと挨拶や感謝を述べることが必要です。

口調や内容については一般的な葬儀ほど改まる必要はありませんが、できるだけ事前に挨拶の内容を自分の中で整理し準備しておくことで、落ち着いた気持ちで葬儀を執り行うことができるでしょう。

家族葬で挨拶が必要となるタイミングとは

家族葬で喪主の挨拶が必要になる場面は、大きくわけて通夜の後、または出棺の前となります。地域の習わしによってお葬式の流れも異なりますので、詳しくは葬儀社に確認をしておくと良いでしょう。

通常、司会者や葬儀社のスタッフが、喪主の挨拶の案内をしてくれます。案内に従って挨拶を行えば問題はありません。

通夜終了時の挨拶

お通夜が終了した時には、喪主として参列者への感謝といたわりの言葉を含めた挨拶をするのがふさわしいでしょう。可能な範囲で故人が亡くなった時の状況にも触れるなどし、翌日の葬儀への参列願いを添えて、あまり長くならない内容にまとめます。

出棺時の挨拶

葬儀が終了し火葬場へ出棺する際にも、やはり喪主からの挨拶は必要です。
改めて参列者への感謝の言葉を述べ、故人を偲ぶ思いを伝え、今後も家族同士あるいは参列者と遺族との縁が続くことを願う言葉を添えて、まとめると良いでしょう。

家族葬において、喪主の挨拶が最低限欠かせないと思われるタイミングは以上です。
この他にも、通夜振る舞いや精進落しで遺族以外の方が残る場合、また家族内でもやはりあった方が良いと感じた場合は挨拶を述べて良いでしょう。

また、仏教式で葬儀を執り行う場合は僧侶の方、他の宗教式で行う場合でもそれぞれ宗教儀礼を取り仕切る立場の方がいらっしゃる場合は、葬儀場に到着された時にまず喪主から挨拶に行くのがマナーです。
挨拶について、自分だけで判断が難しい場合は、葬儀社のスタッフに相談して確認しましょう。

家族葬での挨拶マナー

喪主からの挨拶の中には、次の4つの内容を含めるとまとまりやすいでしょう。

・故人と喪主との関係
・お通夜や葬儀への参列に対する謝意
・故人との生前の付き合いに対する謝意
・今後も遺族に心を向けてもらうことを願う言葉

この時、「弔問」は自宅やお通夜へ訪れることを示し、「会葬」は葬儀(告別式)への参列を示す言葉になります。「参列」は、お通夜・葬儀どちらの場合にも使えます。

また、このような場での挨拶においては使うべきではないとされる言葉や言い回しも多く存在しますので、気を付けましょう。

大きく分けると、次のような言葉です。

・「重ね言葉」(ますます、次々、いろいろ、わざわざ等)
・「続き言葉」(引き続き、繰り返し、重ねて、今一度等)
・「不吉な言葉」(消える、落ちる、終わりに、4や9などの数字等)
・「直接的な表現」(死ぬ、急死、自殺、生きている時等)

家族葬での挨拶文例

家族や普段から親しくしている親族のみで家族葬を行う場合には、必ずしも改まった言葉を用いる必要はありません。普段通りの言葉で、感謝といたわりの気持ちを伝えましょう。
普段あまり顔を合わせない親戚などが参列している家族葬の場では、あまりくだけた言葉は避け、簡潔かつ丁寧な挨拶を心がけると良いでしょう。
以下に家族葬での挨拶例をご紹介しますので、参考にしてください。

通夜終了後の喪主挨拶(例文)

本日は皆様お忙しい中、亡き〇〇(故人)の通夜に参列くださり、心より感謝申し上げます。
故人も、生前親しくさせていただいた皆様にこのように見守られて、喜んでいることと思います。
故人に対し生前賜りましたご厚誼に深く感謝申し上げます。
なお、明朝午前〇時〇分よりこちらの斎場にて葬儀(告別式)を執り行います。よろしければぜひご参列いください。
本日は誠にありがとうございました。


出棺時の喪主挨拶(例文)

遺族を代表して、皆様に一言ご挨拶を申し上げます。
本日は何かとご多用の中、亡き〇〇(故人)の葬儀に参列くださり、心より感謝申し上げます。
故人は昨年、癌の再発が見つかって以来、この半年間懸命に闘病生活を続けておりましたが、本人と家族の願いも虚しく、〇月〇日〇時〇分入院先にて息を引き取りました、幸い最後は苦しむこともなく、眠るような旅立ちであったことがせめてもの救いです。
生前〇〇に対しいただいた多くのご厚誼につきましては、家族一同、〇〇に代わりまして厚く御礼を申し上げます。
これからも家族一同力を合わせて頑張っていきたいと思っております。
今後とも〇〇の生前と変わりないご厚誼をくださいますようよろしくお願いいたします。。
本日は誠にありがとうございました。

動画で見る喪主の挨拶(例文全文読み上げ)

喪主の挨拶の流れや内容を動画でご説明しています。

1分でわかる喪主の挨拶 流れ・内容 ・例文読み上げ【いい葬儀 はじめてのお葬式ガイド】

まとめ

以上、家族葬の喪主を務める際の挨拶について解説しました。
多くの人にとって、喪主という立場を経験することは人生に何度もあるものではありません。大切な家族を亡くした悲しみの中で、故人や故人と縁の深かった方々への礼を尽くす方法について悩まれることもあるかと思います。
「いい葬儀」では、葬儀に関するさまざまな悩みや疑問についてご相談を承っております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (3)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す