「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」作品集

家族へ・親戚への手紙

ありがとう

ペコ(千葉県千葉市)31歳

大ばあちゃんへ
七年前、私の結婚式の当日、夢に出てきてくれてありがとう。
あの日は一筋の涙とともに目が覚めたよ。
本当はドレス姿を見て欲しかったけど、夢の中でおじいちゃんと一緒にお祝いに来てくれたんだよね。披露宴に来てくれたおばあちゃんに話したら一緒に喜んでくれたよ。ありがとう。
私は今二人の子供に恵まれて、毎日楽しく過ごしているよ。
実家に帰って時々子供のころのアルバムを見ると、大ばあちゃんに抱っこされている私の写真や、お雛様の前で記念撮影した時の写真が貼ってあって、なんだか懐かしい気持ちになるんだよ。
私は子供の頃の記憶なんてあまりないけれども、写真に写ってる大ばあちゃんの笑顔はずっと変わらずそこにあるから、安心して、嬉しい気持ちでいっぱいになるんだよ。
大ばあちゃんはいつでも「ありがとう」って言っていたよね。大ばあちゃんが怒ったり何かに文句を言ったりしているところを見たことがなかったよ。
実は私は今、毎日息子たちにガミガミ怒ってばかりいる。
でもそんな時、お母さんに言われるの。「なにも怒ることなんてないじゃない」ってね。
「まだ小さいんだから分からないの、優しく丁寧に教えてあげればいいの」って、頭では分かっているんだけどね。毎日元気でいてくれるだけでどんなに幸せでありがたいことか。
私はいろいろなことに「ありがとう」を忘れていたのかな。
朝元気に目が覚める。おいしいごはんが食べられる。体が元気に動かせる。すべてのことに感謝だね。大人になって、やっと大ばあちゃんの「ありがとう」の意味が少し分かった気がするよ。
毎日一生懸命に働いてくれる旦那さんにも感謝の気持ちを表せていなかったな。
言わなくても分かる、なんて思っていたらダメだね。たった一言だけど、とても大事な一言。ちゃんと伝えていかなきゃね。
亡くなる少し前に、病院にお見舞いに行った時も「ありがとう、ありがとう」って言ってたよね。痛くて苦しかっただろうに、不満は一言も口にしないで、みんなに「ありがとう」って。
遺言に書いてくれたよね。「まことの娘になってください」って。
まだまだ親孝行もできていないし未熟なままだけど、娘として、妻として、母として、日々精進していきます。
もう一度だけ会えるなら直接「ありがとう」って伝えたい。大事なことを気づかせてくれてありがとう。私の大ばあちゃんでいてくれてありがとう。いつも見守っていてくれてありがとう。


家族へ・親戚への手紙一覧に戻る