はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

おかあさん。娘の問いかけにも返事がないもどかしさ。本当にこの世から、いなくなっちゃったんだね

今は亡き母へ

母を迎えた日

我が家へようこそ。
春になるとお向いの家の桜が、見事に咲くの。
二階の窓から、お花見ができるのよ。楽しみにしていてね。
今日からここが、お母さんの居場所よ。

どお、この仏壇、モダンな感じで、気に入ってもらえたかしら?
今時の仏壇は、おしゃれに出来ているのね。小物は大理石。灰はビーズ。 お母さんもびっくりしたでしょ。何軒もまわって、これなら喜んでもらえるかなって、うれしい?

亡くなった時に困らないよう、お母さんが自分で用意していた遺影の写真。澄ました顔も良いけど、普段の笑った顔も良いと思って、二枚並べて置くね。これからは、ずっと一緒よ。

好きな花は、りんどうと水仙。ちゃんと憶えていますよ。そういえば、いつも生花を飾っていたわね。一人暮らしなのに、いえ、一人暮らしだからこそ、花を絶やさずにいたのかな。

このロウソク、季節のお花が付いてきれいでしょ?お母さんの事を想って、夫が選んでくれたの。たまには、いい所を見せないとね。私の友達からは、桜の香りのお線香を頂きました。これも種類があって、色々と楽しめるみたい。コーヒーの香りには、笑っちゃったけどね。ラベンダーとひのきを揃えました。お母さん、今日はどの香りにする? もう一人で淋しくないでしょ。

仏壇には、お供え物がつきものよね。お母さんの大好物の豆大福。承知しております。美味しい和菓子屋で用意致しました。ハイ、どうぞ召し上がれ。一緒に“お茶”しましょ。明日は、私の大好物の番ね。

今日は朝からずっと冷たい雨が降って、冷えるわ。お母さん、うちの中にいて正解よ。お葬式の日は、いいお天気だったわね。真冬なのに、ウソみたいにあったかくて?……遠くから駆けつける、娘夫婦や孫のために、晴れにしてくれたの?自分の事より、他人の心配ばかりしてたものね。ありがとう、お母さん。

おしゃべり好きな母の遺伝子を受け継いだ娘の問いかけにも、「おかあさん!」の呼びかけにも、返事がないもどかしさ。本当にこの世から、いなくなっちゃったんだね。「今さらだけど、お母さん。生きてる間、長い間、一人にさせて、ごめんなさい」

「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」より

「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」は、父母、祖父母、先生、友人、近所の人など。“あの人”とかつて一緒にいた時に言えなかったこと、想い出や、“あの人”が亡くなった後に伝えたくなったこと、感謝の気持ちなどを綴ったお手紙です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (4)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す