「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」作品集

母への手紙

亡き母への想い

岩田 和子(神奈川県横浜市)74歳

今から二十六年前の八月二十六日に、母は亡くなりました。私が四十七歳の時でした。
戦時中を生き抜いて、いろんな工夫をしながら、ほとんどの事は一人でやってしまう気丈で優しい母でした。私など、とてもまねのできない事だと思いました。惣菜やおやつ、母の着物をといて、手縫で作ってくれた洋服など、みんな一杯の愛情がこもっていました。
まさに「母の愛は山よりも高く、海よりも深し」という言葉を思い出されます。
一番楽しかった事は、母と義母を誘い、私の夫と息子も一緒に三泊四日の北海道旅行に行った事です。広大な大地、すがすがしい青空のもと、別世界のような気持ちになりましたね。
今、思い返せば、この事が私に出来た唯一の親孝行だったと思います。
それから母に、謝罪したいと今までずっと思っていた事があります。
母が入院した時、病弱や多忙を理由として、優しい看護をしてあげられなかったので、「本当にごめんなさい」
今、この言葉を記して、長年の胸のつかえがようやく取れたような気がします。
今から二十六年前の八月二十五日、なんとなく予感がして、脱脂綿に水をふくませたものを母の口元にそっと持っていき、末期の水のように軽くぬらしました。目を閉じて、じっとしている母の手を強くにぎり、頭を優しくなでて、私なりに最後の別れをしました。
母の頬に大粒の涙が一つこぼれた事を覚えています。
その次の二十六日の明け方、病院にかけつけた時は、すでに旅立った後でした。
私、一人だけだったけれど、お別れをしてあげて良かったと思いました。
今、あちらこちらで「終活」という言葉を耳にします。自分なりの心積もりをする事は、良き人生と考えるようになり、私も身の回りを整理する気になりました。
「お母さん、今いる所はどんな所ですか」
「亡くなった父さんと会って仲良くしていますか」
いつか私が旅立ったら、母に再会したいと念じながら筆をおきます。


母への手紙一覧に戻る