「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」作品集

子どもたちへの手紙

あなたはすごい人でした

大西 トモ子(大分県大分市)71歳

さわやかな風薫る五月十日に、あなたの十三回忌を済ませました。
あなたが亡くなってもう十二年経ちました。
 
定年になり、関連会社で働いていたあなたは、腹部にシコリを見つけました。病院に行くと五センチメートルくらいの腹部大動脈瘤ということで、即手術。
その手術は大成功でした。この際だから、全身の健康診断をしていただこうと検査をしたら、肺ガンが見つかったのです。右肺三分の一切除。
退院してホッとしたのもつかの間、転移が見つかり右肺全摘手術。
三回の大手術にも果敢に挑戦。愚痴ひとつ、弱音ひとつ吐かず、いつも平常心でした。
不安や、痛み、苦しさもあったでしょうに。私達周りの人達には、そんな素振りは全然見せませんでした。
あなたはいつ、どこで、その恐怖と戦っていたのだろうと思うと、胸がしめつけられます。
私の知らないところで、遺影用の写真も用意していましたし、長男には「お母さんを頼むぞ」と、言い残していました。
私を残し、ひとり先に逝くのが心残りだったのでしょう。
享年六十一歳でした。

葬儀の担当者が「私は大西さんを存知あげないけど、大西さんは大分の名士だったのですか」と言うほど、多くの方が参列してくださいました。
葬儀の後、息子達は「お父さんはすごい人だったんだね」と、しみじみ言っていました。
人のお世話をするのが大好きで、いつもニコニコと忙しくしていましたね。
あなたのお蔭で息子達も、多くの方から「あなたのお父さんにはお世話になったのですよ」と感謝され、あなたの生き様に感謝しています。

私もいつかはあなたの所に逝きます。
その時には「あなたは、すごい人だったのね。家族思いで、克己心の強い人だったのね」と感謝の言葉と共に、「自分が健康だった故に、あなたの痛み、苦しみ、不安、恐怖に思い至らなかった」事を詫びたいと思っています。
あなたは「どうだ、見直したか」と、鼻をピクピクさせて笑っていることでしょう。
あなた、ありがとうございました。幸せな三十五年間の結婚生活でしたよ‼


夫への手紙一覧に戻る