【WEBのヒント】僕が徹底的に写真に拘るのは◯◯のため!


リニューアルのポイントは「見た目のかっこよさ」

WEBサイトをリニューアルするにあたって、一番気をつけるべき点は「デザインの良さ」です。
見た目がしっかりと今風に変わっていないと、リニューアルをする意味がありません。

当社で、最近『能満寺』様のサイトのリニューアルをさせていただきました。

元々のサイトのトップイメージはこんな感じでした。

リニューアル前

それを、このようにリニューアルしています。

リニューアル後

サイトのリニューアルをするにあたって、問合せにつながりやすくするために、導線の工夫や、ボタンの工夫など細かな工夫は沢山おこなっているのですが、最も力をいれたのはトップページの本堂の写真です。

本堂の写真に隠された秘密

実はこの本堂の写真は『合成写真』です。

東向きの本堂なので、西に日が落ちると、ちょうど後光が差すように光が入ります。しかし、それだと手前が影になって暗くなってしまいます。なので、時間差で手前が明るく写るタイミングで数枚写真を撮って、時間をズラして何枚か撮って、最終的に一番欲しい空の色になったところで、空の部分と手前の本堂の部分を合成しています。

能満寺様 スマホサイト

他にも、WEBディレクターが現場で指示をして、カメラマンに様々な撮影のテクニックを使ってもらい、少しでもいい写真を作るようにしています。したがって、WEBディレクター自身がカメラのことに詳しくなる必要があります。

何のために、きれいな写真を撮るのか?

それは、きれいな写真を見ると、「思わずそこに行きたくなるから」です。

「いつでもお気軽にお越し下さい」と100回書いたところで、お客様はそんな気にはなってくれません。お客様に「いちど自分の目でこれを見てみたいな」そんな風に思わせるには写真の力を借りるのが一番なのです。

 

鎌倉新書 いい葬儀マガジン編集長 増澤 貞昌

告知

エンディング産業展(8月23日〜25日 於 東京ビッグサイト)において、ミニWEBセミナーを行います。葬儀社、墓石店、寺院様のWEB制作のポイントを分かりやすく解説いたします。ご興味のあるかたは、下記までご連絡下さい。

株式会社鎌倉新書 いい葬儀マガジン編集長 増澤(03−6262−5780)

【WEBのヒント】
鎌倉新書のWEBディレクターが、WEB制作のポイントについて、分かりやすく説明をするコーナーです。

5/5 (4)