オープン2周年!終活からライフデザインへ。ブルーオーシャンカフェの新たな取り組み


2015年、国内初の終活コミュニティカフェとして、東京・江東区は住吉にオープンした、BLUE OCEAN CAFE(ブルーオーシャンカフェ)が、2月15日で開業から2周年を迎えました。同時に、運営母体となる株式会社ハウスボートクラブも創業10周年。

終活を思い立ったらとりあえず、ここに来ればなんでも相談できて、さらにお別れ会まで開けるカフェは今後、どんな進化をしていくのでしょうか?

 

人情溢れる街、江東区深川住吉にあるハワイアン風カフェ

2015年2月15日、日本初の「終活コミュニティカフェ」としてオープンしたこのカフェは、当時、日本経済新聞にも写真付きで紹介され、話題を呼びました。

そして2周年を迎えた今、「終活コミュニティカフェ」から、「ライフコミュニティカフェ」として、新しいスタートを切りました。

これからのライフデザインを一緒に考え学べる場所。

人と人がつながる場所。

お困りごとを相談できる場所。

コーヒーを飲みながら「いきかた」を考えるこのカフェは、幅広い層の「いきかた」の専門家たちとつながれる、入り口です。

 

「顔と顔」から「心と心」へ

株式会社ハウスボートクラブは、
Face to Faceで人と人がつながる場所を提供し、
誰もが心の豊かさを感じられる社会を目指します。

この10周年を機会に、株式会社ハウスボートクラブでは、企業理念も新たに策定しました。

あらゆるものがネットにつながった今、顔を合わせること、人と人が触れ合う機会を積極的に創造していきたいと、この企業理念について次のように説明します。

 

これからの私たちの生活は、あらゆるものがネットにつながり、かつて人を介しておこなわれていたサービスや技術の多くが、人工知能(AI)に置き換わっていくと予想されています。

そのような社会では、顔を合わせること、人と人が触れ合うことの価値が上がっていくと私たちは考えます。

私たちは、顔と顔、心と心の触れ合いが、人々の求める価値であることを認識し、そのような機会を積極的に作ることを大切なミッションに掲げました。

また、創業以来、サービス名称にも用いている「ブルーオーシャン」にこだわり、これまでなかった新しい価値創造に挑戦して参ります。

 

 

終活からライフデザインへ

これからの人生を、より充実したものにするために。

終活はもちろん、認知症カフェや海洋散骨など、日々、いろいろなイベントも開催されています。

直近のイベント情報は次の通りです。

コーヒーを飲みに行ったついでに、ちょっと自分の「いきかた」も考える。そんな息抜きもアリですね。

……落語会も楽しそうですが、「スマホ代・ネット代の節約セミナー」も気になります。

 

《ブルーオーシャンカフェのイベント情報》

 ★2月22日(水)10:00〜16:00 短歌でじぶんと知り合うワークショップ
 ★3月1日(水)14:00〜16:00 曼荼羅ワークⓇ体験会
 ★3月4日(土)10:30〜12:00 医療に効くエンディングノート
 ★3月4日(土)14:30〜16:00 これが究極「らくらくエンディングノート」
 ★3月8日(水)11:00〜16:00 認知症カフェ「ラウレア」大好評!認知症予防音楽体操
 ★3月14日(火)14:30〜16:00 海洋散骨と手元供養
 ★3月16日(木)11:00〜17:00 【供養業界限定】ウィルライフ×ブルーオーシャンセレモニー コラボイベント第2弾
 ★3月21日(火)19:00〜21:00 【LGBT当事者限定】LGBT当事者のためのお葬式&海洋散骨セミナー
 ★3月22日(水)10:30〜12:00 【ペットオーナー限定】愛犬、愛猫を守るしくみを考えるセミナー
 ★3月22日(水)14:30〜16:00 【士業限定】愛犬、愛猫を守るしくみを考えるセミナー
 ★3月28日(火)19:00〜21:00 自分を見つめる入棺体験 〜棺の中で耳をすませば〜
 ★3月29日(水)10:30〜12:00 使い過ぎてない!?スマホ代・ネット代節約セミナー
 ★3月29日(水)14:30〜16:00 尊厳死という考え方~概要と「私らしい最期」を叶えるためのアドバイス~
 ★4月15日(土)15:00〜19:00 第3回ブルーオーシャン落語会「桂宮治一人会」

 

5/5 (3)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。