急な葬儀の知らせに、スマホで弔電!供花・供物の発信も簡単。「tsunagoo(つなぐ)」


遺影写真の作成・加工サービスの株式会社アスカネット(本社:広島県広島市、福田幸雄社長)は、スマホで訃報を知らせる新サービス「tsunagoo(つなぐ)」を開始しました。

訃報のお知らせから、弔電送付、さらに供花や供物の発注までをスマホで簡単にできるサービスです。

これまで、遺族を悩ましていた訃報の連絡を、メールやLINEなどのSNSで簡単に連絡することができます。

 

喪家から訃報の連絡。葬儀の日程、場所をおくるのが簡単

大切な方が亡くなった後、まず喪主や遺族を悩ますのが、訃報の連絡です。

葬儀の準備に忙しい中、何人もの人に訃報の連絡をするのはとても大変です。電話で伝えても出ない人も多いし、電話はつながっても正確に伝わったかどうか、それも不安の種に。

そんな喪主の悩みを解決してくれるのが、「tsunagoo(つなぐ)」です。

 

使い方は簡単で、「tsunagoo(つなぐ)」を導入した葬儀社のスタッフが、葬儀の打ち合わせ後すぐに、故人の葬儀情報を記した専用の「訃報のご案内ページ」を作成します。

喪主は、そのURLをメールやLINEなどSNSで親せきや故人と親しかった人に送るだけで、

簡単に、正確に、訃報が伝わります。

受け取った側は、URLをクリックすれば、喪主、通夜や葬儀の時間、場所など、必要な情報が確認できます。

 

弔電の発送もスマホで

 

訃報を受けた人は、葬儀情報を得るだけでなく、「訃報のご案内ページ」から簡単に弔電も送れます。

弔電は葬儀を施行する葬儀社が受け取り、弔電用紙に印刷。台紙に挟んで葬儀当日、喪主に手渡されます。

弔電とあわせて、お線香などの供物を贈ることもできます。

 

供花・供物の発注も簡単

さらに、供花や供物の発注もスマホで簡単。

専用ページで商品を選んだら、すぐに発注できます。

 

慣れない葬儀のマナーもチェック

このほか、葬儀の時に意外と困ることの多い「届出」や「手続き」。また「お返し・香典返し」「焼香の仕方」など、葬儀情報やマナーも表示されるので、喪主も会葬者もさっと確認できます。

 

これからもお客様の声をヒントにサービスを充実させていきたいという同社。

お香典もスマホで決済という時代も、もうすぐ来るかもしれません。

 

 

*「tsunagoo(つなぐ)」は、このサービスを導入している葬儀社でのみ使用できます。

5/5 (1)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。