前国王火葬へ準備進む=施設ほぼ完成-タイ


 【バンコク時事】昨年10月に死去したタイのプミポン前国王の火葬まで2週間となった12日、バンコクの王宮前広場で建設中の火葬施設が報道陣に公開された。建設は仕上げの段階に入っている。

 タナサック副首相は報道陣に対し、「99%以上が完成した。残りは装飾品だけ」と語った。12日は、前国王長男のワチラロンコン国王が18日、王位の象徴である傘の形をした装飾品をロープを使って引き上げ、施設最上部に設置する儀式のリハーサルも行われ、準備は着々と進んでいる。 

 前国王の葬儀は25~29日に営まれ、火葬は26日に行われる。政府機関や教育機関は13日から服喪期間が終わる29日まで半旗を掲揚する。(了)


The following two tabs change content below.
時事通信社

時事通信社

時事通信社は、速報性と専門性を兼ね備えたニュースを新聞社、放送局だけでなく、金融機関、 官公庁、ポータルサイト向けなど、様々な分野に提供しています。