はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

お葬式の後で必要なこと

お葬式の後で必要なこと

仏壇、お墓の準備は四十九日までに!本位牌の準備もお忘れなく

葬儀の後に準備にとりかかりたい、お墓や仏壇、本位牌についての解説記事です。「いつまでに準備すれば良い?」「どれくらいのお金がかかる?」など、よくある疑問・質問に詳しく解説しています。
お葬式の後で必要なこと

死亡した人の住民税は払う必要がある?

亡くなった方の住民税は相続代表人が納税する義務があります。毎年1月1日の状況によって課税されるため、1月1日に生存されていた場合、故人にも納税義務が生じます。ここでは、死亡した人の住民税についてご説明します。
お葬式の後で必要なこと

お香典は相続税の対象になる?香典をめぐるトラブル

香典は、相続と贈与のどちらとして扱われるのでしょうか。香典は課税の対象外ですが、場合によっては贈与税の課税対象となることがあります。ここでは、香典が課税対象になるケースや誰が香典を受け取るかなどについてまとめています。
お葬式の後で必要なこと

【必読】葬儀後から49日までのチェックカレンダー

市区町村別に葬儀場・斎場一覧、火葬場情報、葬儀費用の目安などをまとめるページの索引です。不定期ですが順次、記事を公開、充実させていきます。

お葬式の後で必要なこと

四十九日法要はどこでする?場所、日程、お布施など、ご遺族からの質問にお答え!

四十九日法要の日程の決め方、本位牌の準備の仕方など、四十九日法要に関連して「いい葬儀」に寄せられるご遺族からの質問についてお答えしています。

葬儀、相続、仏壇、お墓まで人生のエンディングをトータルでお手伝いする総合カタログをプレゼント!

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。
葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。
資料請求
お葬式の後で必要なこと

法要の御膳料はどんな時に渡すもの?目安や表書き、渡し方

法要でお食事を省略する場合、または僧侶が席を辞退した時なと、御膳料を渡し代わりとします。僧侶が食事をした場合には御膳料は必要ありません。また、お布施と一緒にお渡しする時は、お布施が一番上になるようにしてお渡しします。
お葬式の後で必要なこと

墓じまい?散骨?やむを得ず遺骨を処分しなければならい場合の対処方法

自然葬など供養の方法が多様化し、お墓を持たない家庭が増えています。また、少子化などの原因から墓じまいをすることもあるでしょう。やむなく遺骨を処分する場合、どんな方法があるのかご説明します。

お葬式の後で必要なこと

喪中となる親族の範囲?期間中に控えるべき行事とは?

喪中とは、親族が亡くなった時に一定期間、故人を悼んで慎んだ生活を送るとともに、身内の穢れが他の人に及ばぬよう、できるだけ人と会わない生活をすることを指します。喪に服すべき期間は故人との続柄で決まりますが、現代では喪中の制約はそれほど強く意識はされていないようです。
お葬式の後で必要なこと

送骨とは?ご遺骨(骨壷)をゆうパックで送る手順と梱包方法

送骨と言って、遺骨を入れた骨壷はゆうパックで送ることができます。状況によっては、改葬許可証や埋葬許可証も一緒に送る必要があります。配送中のトラブルに備え、セキュリティサービスに申し込んでおくと安心です。

お葬式の後で必要なこと

お盆の時期はいつ?盆飾りとお供え、新盆、盆提灯、香典の目安などお盆の迎え方を総まとめ

お盆の時期はいつ?お盆が7月と8月にある理由や、精霊棚や提灯などお盆に必要なお供え、いつ何をすればいいのかというスケジュール、新盆の迎え方、さらに現代にも受け継がれているお盆由来のさまざまな風習など、お盆に関するいろいろについてご説明します(この記事は2018年8月23日に投稿した記事に新たな情報を加えてリライトしたものです)。
お葬式の後で必要なこと

世帯主変更届の提出方法~世帯主が死亡したら行うべき手続きの流れ~

世帯主変更届とは、世帯主が死亡した際に役場へ届け出る書類のことです。亡くなった世帯主から、新しい世帯主へと登録変更をするために行います。この世帯主変更届は、世帯主が死亡してから14日後までに提出しなければなりません。 今回は世帯主変更届に...
お葬式の後で必要なこと

相続の優先順位について

法定相続とは、被相続人(遺産を残した人)の遺言がなく、親族間で相続の話がまとまらない場合に、民法のルールで決められた「法定相続人」が遺産相続を受けることです。法定相続人の遺産を受け取る優先順位や遺産の割合は、被相続人との関係により決まります...
お葬式の後で必要なこと

「親の葬儀費用」は誰が払う?

「親が亡くなったときの話」というのは縁起が悪い話題なので、家庭によっては避けているかもしれません。しかし、葬儀の事前準備や当日対応など、親が亡くなった後はさまざまな対応が必要になるので息をつく暇もないほど忙しくなります。いざというときにスム...
お葬式の後で必要なこと

人形供養や遺品供養の仕方

人形供養とは、大事にしていた人形を廃棄するときの作法です。特に親しい人が亡くなった場合、その方の遺品を整理する必要がでてきますが、その中にある人形やぬいぐるみなどをそのまま捨てていいのかどうか、迷ってしまうことも多いでしょう。そこで今回は、...
お葬式の後で必要なこと

除籍謄本が必要な場合の取り方について

除籍謄本とは、その戸籍に入っていた人全員が婚姻や死亡などの理由で抜けてしまい、空の戸籍になったことを証明する書面のことです。除籍謄本が必要になってくるのは主に、故人の財産の名義変更や相続といった機会ですが、場合によっては少々複雑な手続きを要...
お葬式の後で必要なこと

おすすめの香典返し

香典返しとは、葬儀に参列しお香典をいただいた方に、忌明け法要(四十九日)の後、法要が無事済んだという報告を添えて贈るお礼のことです。最近では参列したすべての方にお渡しする「会葬返礼品」も兼ねて香典返しを「当日返し」で行うことが増えましたが、...
お葬式の後で必要なこと

いつ外すべき?遺影のリボンについて解説。

お葬式の後で必要なこと

自宅の後飾りはどのように処分すればよいか

お葬式の後で必要なこと

香典のお返しはどこで手配するの?返礼品の選び方

お葬式の後で必要なこと

喪中はがきを出す範囲・続柄は?

喪中はがきは11月下旬から12月上旬、遅くとも中旬と、受け取り手が年賀状を用意する前に届くよう送るのがマナーです。 この時、頭を悩ますのが、喪中はがきをお送りする範囲です。義理の親や離れて暮らす親せきなどが他界した場合、喪中はがきを出すべき...
お葬式の後で必要なこと

契約者が故人になった場合に必要な解約の手続きとは

お葬式の後で必要なこと

骨壺の種類にはどんなものがある?納骨との関連について

骨壺とは、火葬が終わったご遺骨を納める壺を指します。素材や材質などは時代の流れとともに変わってきていますが、故人のご遺骨を納め、心から供養するという大切な役割は変わることはありません。 現代では供養や納骨の方法が多様化していますが、骨壺は...
お葬式の後で必要なこと

個人事業主の相続手続きはどうすればいい?問題点とポイントまで詳しく解説

お葬式の後で必要なこと

死亡後に運転免許証を返納するための手続きや書類

お葬式の後で必要なこと

【弔慰金とは】相続税の非課税枠はどのくらい?香典・死亡退職金との違い

お葬式の後で必要なこと

遺族の必要保障額について

お葬式の後で必要なこと

互助会の解約手数料はいくら?トラブル例や手順など詳しく紹介

互助会とは、冠婚葬祭にかかる費用の一部を毎月前払いで積み立てておくことで、利用時に会員価格で質の高いサービスを受けられるシステムです。 リーズナブルに葬儀を執り行えることや、互助会によっては提携施設の割引を受けられるなど、互助会制度...
お葬式の後で必要なこと

復氏届とは?配偶者の死後、旧姓に戻すために必要な手続き

お葬式の後で必要なこと

労災で死亡した場合の手続きや給付金について

お葬式の後で必要なこと

死亡後の介護保険に関する手続き

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す