はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

遺族厚生年金の経過的寡婦加算について

経過的寡婦加算とは、遺族厚生年金における加算のひとつです。

中高齢寡婦加算の対象となり、中高齢寡婦加算の支給が終了した妻の年金額を補填するために支給されるものです。この記事では経過的寡婦加算について、その意味や受給要件、計算方法などを詳しくご紹介します。

経過的寡婦加算(けいかてきかふかさん)は、遺族厚生年金における加算給付のひとつです。

一方、同じく遺族厚生年金の加算給付のひとつである中高齢寡婦加算(ちゅうこうれいかふかさん)は、寡婦(夫が死亡した未再婚の女性)となった妻が65歳になった時点で支給が終了し、老齢基礎年金の支給に切り替わります。

ただし、妻の生年月日によってはこの老齢基礎年金の支給額が少なくなってしまう場合があり、そうした際には経過的寡婦加算を加えることで差額をカバーします。

つまり経過的寡婦加算は、年金額の低下による差が生じるのを防ぐことを目的に支給されるものなのです。

経過的寡婦加算の対象者とは

経過的寡婦加算の支給対象となるには、以下の2つの要件をどちらも満たしている必要があります。

要件1. 寡婦となった妻の生年月日が1956年4月1日以前であること

要件2. 中高齢寡婦加算の受給に必要な要件をすべて満たしていること

このどちらが欠けていても支給対象とはなりません。

特にひとつ目の要件の通り、生年月日が1956年4月2日以降の妻については対象にならないため注意が必要です。

また妻が遺族厚生年金と障害基礎年金の2つの受給権を有している時、障害基礎年金が支給停止となっている場合を除いて経過的寡婦加算の支給が停止されるため、この点にも注意しましょう。

中高齢寡婦加算の対象者と支給期間

前述の通り、経過的寡婦加算の支給対象となるには中高齢寡婦加算の対象である必要があります。

1.夫が死亡した時点で夫に家計を維持されていた妻であり、遺族厚生年金の受給要件を満たしていること

2.寡婦となった時点で40歳以上である、あるいは寡婦となった後40歳を迎えた時点で遺族基礎年金の受給要件を満たす子どもがいること

ひとつ目の要件では夫の厚生年金保険の被保険者期間が20年以上なくてはいけませんが、「中高齢者の期間短縮の特例」などにより20年未満で老齢厚生年金の受給資格期間を満たした場合にはその限りではありません。

ちなみにこの特例は1951年4月1日以前に生まれた場合に対象となり、性別や年齢、生年月日によって厚生年金保険の加入期間が15年から19年あれば年金受給資格を満たしたと見なすものです。当てはまる可能性がある場合には一度確認しておくとよいでしょう。

また、中高齢寡婦加算の支給期間は原則、妻が40歳から65歳になるまでの期間です。

ただし遺族基礎年金が支給されているうちは支給されない上、妻が40歳を迎える前に子どもが18歳年度末を迎えれば子どもの遺族基礎年金受給権が失われてしまい、妻も中高齢寡婦加算を受給することができなくなってしまいます。

葬儀、相続、仏壇、お墓まで人生のエンディングをトータルでお手伝いする総合カタログをプレゼント!

  • 看取りから葬儀までの流れ
  • 葬儀形式について詳しく解説
  • 葬儀費用の内訳を詳しく解説
  • 葬儀場を選ぶ3つのポイント
  • 相続準備や葬儀後の各種手続き
  • 経験者の「困った」から学ぶ相続
  • 納骨&仏壇tの種類と特徴
  • 一周忌までのスケジュール
資料請求はこちら

経過的寡婦加算が支給となるタイミング

中高齢寡婦加算の加算額が支給されるのは妻が40歳から65歳になるまでの間ですが、65歳で支給が打ち切られたあとは、妻が経過的寡婦加算の受給要件を満たしていればこれにスライドします。

そのため、中高齢寡婦加算と経過的寡婦加算の支給タイミングは連続することになり、経過的寡婦加算に切り替わった後は老齢基礎年金に加えて一定金額を生涯受給することができます。

ただし妻が経過的寡婦加算の受給要件を満たさない場合には、65歳で中高齢寡婦加算の支給が終了すると同時に老齢基礎年金の支給が開始し、経過的寡婦加算を受給することはできません。

経過的寡婦加算の計算方法

経過的寡婦加算は老齢基礎年金と合算して中高齢寡婦加算の額と同額になるよう設定されているため、妻の生年月日に合わせてその支給額が決まっています。

そのため特別な計算式などは特に必要なく、日本年金機構のホームページなどを閲覧することでその年度の支給額を知ることができます。

例として2018年度の場合は妻の生年月日が1955年4月2日から1956年4月1日の間であれば年額19,507円が支給され、1954年4月2日から1955年4月1日までの間であれば38,990円、1953年4月2日から1954年4月1日までの間であれば58,472円が経過的寡婦加算として支給されます。

最高額は妻が1926年4月2日から1927年4月1日までの間に生まれた場合で、2018年度の中高齢寡婦加算と同額となる584,500円が年間の支給金額となります。

ただし注意点として、年金額などは年度ごとに改定されます。経過的寡婦加算の支給金額を調べる際は、日本年金機構のホームページなどで必ず最新の情報を確認するようにしましょう。

まとめ

のこされた家族が困窮することのないよう生活を支える遺族年金制度ですが、その仕組みは複雑ですべての内容を理解するのは至難の業です。

ご家族の葬儀と同じく、一生のうちにそう何度も関わることではありません。ご不明な点がありましたら、専門家に相談することをお勧めします。

葬儀、相続、仏壇、お墓まで人生のエンディングをトータルでお手伝いする総合カタログをプレゼント!

  • 看取りから葬儀までの流れ
  • 葬儀形式について詳しく解説
  • 葬儀費用の内訳を詳しく解説
  • 葬儀場を選ぶ3つのポイント
  • 相続準備や葬儀後の各種手続き
  • 経験者の「困った」から学ぶ相続
  • 納骨&仏壇tの種類と特徴
  • 一周忌までのスケジュール
資料請求はこちら

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

4.2/5 (5)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す