はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

「はじめてのお葬式ガイド」では、終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

遺骨の引き取りの権利は誰にある?法律上の観点から徹底解説

火葬場で故人の遺体を荼毘に付した後、遺骨を引き取るのは誰でもいいというわけではありません。

ここでは、故人の遺骨の所有権が誰にあるのか、その遺骨の受け取りを拒否ができるのかといったことを法律上の定義なども踏まえて解説いたします。

遺骨一つでも遺族で揉めてしまうことがありますので、どのような取り決めがあるのかをあらかじめ知っておきましょう。

遺骨を引き取る際は、遺族のうち誰か一人が決定権を持ちます。これは、遺骨が祭祀財産として認識されているからで、分配をすると祭祀の意味にそぐわないとされているからです。

そして、祭祀財産の所有権は、祭祀継承者にあるというのが通説です。民法上では、遺骨は祭祀財産として定義されてはいませんが、最高裁によって、遺骨は祭祀財産であり、祭祀継承者に帰属するという判決がでています。

祭祀継承者とは

祭祀継承者とは、祭祀財産の管理や、故人の年忌法要の管理や主催を行う人のことを言います。

祭祀財産は、「家系図・位牌・神棚・仏像・仏壇・墳墓」といったものに当たりますので、一族のこれまでの歴史を背負う人という意味合いがあります。

もし祭祀継承者が亡くなった場合は、再び遺族の内の誰かが継承者となり、脈々と歴史が受け継がれていきます。

祭祀継承者はどのように決まるか

祭祀継承者にはこれまでの一族の歴史を背負うという意味合いがあるので、継承者になるにもある程度の優先順位があります。

一番目は、故人が指名した人が継承者となるというものです。これは民法上の第897条一項にも記載がありますので、一番強い決定権を持ちます。この指名は遺言書だけでなく、口頭での約束でも効力を発揮するとされています。

ただし、亡くなってからでは確認のしようがないので、何かしらの証拠を残しておく必要があります。

 

2番目は、慣習上の祭祀主宰者が継承者となるというものです。これも、同じく民法上に定義されているものです。とはいえ、慣習上という言葉は広義に解釈できますので、遺族同士で揉めてしまうこともあるでしょう。

そのような時は、家庭裁判所にて家系やさまざまな事実を踏まえた上で決定されます。

祭祀継承者の責任範囲

祭祀継承者は、祭祀に関する以下の権利を受け継ぎますが、これらを行う義務は法的には定められていません。

 

法要や墓地の建設

納骨などの祭祀に関わること

 

そのため、祭祀継承者は、上記のことを行わないという決定もできます。万が一、そのことを咎められても罪になることはありません。

しかし、他の遺族との意見がそぐわない場合は、そのことで揉めてしまう可能性もあるでしょう。

遺骨の引き取り拒否はできるのか?

遺骨を引き取る場所は、火葬場や市町村、警察などの場合があります。

火葬場で引き取る場合は、荼毘に付した後のことですので祭祀継承者に遺骨が引き渡されます。

各市町村や警察から引き取る場合は、不慮の事故や事件、孤独死などで家族が亡くなった場合です。

このような場合は、家族や親族などの遺族に引き取りの決定権があります。

火葬場での遺骨引き取り

火葬場での遺骨引き取りに関しては、各自治体によって違いがあります。一番早く確認する手立ては、各自治体が定めている火葬場条例を確認する方法です。

また、関東と関西といった地方や地域によっても、遺骨の引き取り方法が変わります。関東の場合、遺骨は全収骨をして祭祀継承者に渡されます。そのため、基本的には拒否ができません。関西の場合、遺骨は部分収骨で残ったものは火葬場や自治体で供養をします。そのため、引き取りを拒否したとしても最終的に遺骨は供養してもらえる可能性は高いかもしれません。

市町村・警察からの引き取り連絡を受ける場合

火葬場とは違い、家族や親族などの遺族に決定権があるのが、このケースです。

この場合は、遺族側が引き取りを拒否できます。引き取りを拒否する場合としては、故人とはすでに音信不通であった場合など、生前に故人との関係があまりよくないといった状況があげられるでしょう。

拒否された遺体は火葬されて、無縁墓などの墓所へ埋葬されます。

相続放棄した場合の遺骨の所有権

故人が借金を抱えている、また相続税などの問題で相続を放棄することもあるかと思います。

もし、そのような場合に相続放棄をしても、祭祀継承者の権利を放棄することにはなりません。これは、遺産の相続と祭祀継承は別として扱われているためです。

もちろん、「位牌・仏壇・墓地」などの祭祀財産も相続の対象となりませんので、遺産相続を放棄したからといってこれらも放棄することにはなりません。

祭祀財産を分割してしまった場合、先祖の祭祀についての意味合いにそぐわなくなるので、民法では相続と分けて考えられています。

また、遺骨は相続放棄した場合でも引き取ることが可能です。これも同様の理由で、遺骨は遺産に当たらないためです。

まとめ

故人の遺骨は、一族の歴史の一部として祭祀継承者が敬意を持って引き継いでいく必要があります。

もし自身が祭祀継承者になった場合は、葬儀やお墓、納骨など、やることがたくさんあり戸惑ってしまうことがあるでしょう。

そのような時は、ぜひ、当社にご相談ください。葬儀社の決定からお墓のことまで、お客様のお悩みに親身になってお答えいたします。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す