群馬県の葬儀・葬式

通常の葬儀では故人の戒名を記した位牌を一つ仏壇に安置します。しかし、群馬県での葬儀は、仏壇に置かれる遺灰は一つではありません。群馬県では仏壇に置かれる位牌は、故人の子供の数だけ作られます。この風習は日本仏教では位牌があの世への窓口を考えられていることが関係して……[続きを見る]

群馬県

群馬県の葬儀社・斎場・火葬場・葬儀プラン

路線や駅・地図・キーワードからも探せます

群馬県の葬儀事情

複数の位牌が仏壇に?群馬県の葬儀の風習

通常の葬儀では故人の戒名を記した位牌を一つ仏壇に安置します。しかし、群馬県での葬儀は、仏壇に置かれる遺灰は一つではありません。群馬県では仏壇に置かれる位牌は、故人の子供の数だけ作られます。この風習は日本仏教では位牌があの世への窓口を考えられていることが関係しています。窓口の向こう側に故人がいると考えれば、窓口となる位牌はいくつあっても問題ないと考えられたのです。

その他出棺の際に遺族が参列者へ向けて小銭をまく、農村地域では告別式の後に「でがの飯」と呼ばれる一膳飯を参列者で回して一本の箸を持った状態で手にとって食べる、などの風習があります。

香典が安くても怒らない?群馬県での香典の風習

葬儀の際に遺族に贈られる香典は、最低でも3000円、最高で10万円ほどが相場ですが、群馬県で送られる香典は、金額が大幅に少ない場合があります。これは香典における群馬県独自の風習で、「新生活」と呼ばれている習慣です。
この伝統のルーツは比較的新しく、戦後の貧しい状況が背景にあります。贅沢を慎み、あらゆる場面で経費削減を行おうとする当時の市民運動が、葬儀の風習にも波及した結果が現在にまで残っているのです。
現在の群馬県の葬式では、通夜や告別式で香典を受け取る際は通常の香典と「新生活」での香典の受付が用意されています。なお、「新生活」で香典を受け取った場合は、香典返しは必要ありません。

いい葬儀のおすすめ!

専任スタッフが打ち合わせから葬儀までを担当


あんしん葬祭

打合せから葬儀まで、葬儀経験10年以上の専任スタッフが対応します。長時間のお付き合いになるのでお客様…[続きを見る]

「いい葬儀」では、あなたのご希望にあった葬儀社を専門相談員が無料でご紹介します

群馬県の市区町村別 葬儀社・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を行いたい市区町村をお選びください。

特色・こだわりから探す

群馬県のお客様の声

お葬式のことならなんでもご相談ください

葬儀の費用はどれくらいかかるの?どんな準備をすればいいの?など葬儀に
ついて何をどうしたらいいのかわからない、
そんな方はまず、「いい葬儀お客様センター」にお電話ください。
お電話でのご相談も受け付けています。
お客様の「困った」や「こうしたい」を無料でお手伝いいたします。

24時間365日年中無休 葬儀専門スタッフがあなたの不安を解決します

電話相談・対面相談(無料) 0120-393-100