はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

香典のお返しはどこで手配するの?返礼品の選び方

お葬式の規模が大きくなると、たくさんの方からお香典をいただくことになります。いただく金額もまちまちなので香典返しを考えるだけでも大変です。反対に家族葬などお葬式の規模が小さくなると、参列してお香典をくださったひとり一人に対して、故人を思い出して喜んでもらえるような品を選びたいという遺族も多いようです。お葬式のかたちを問わず、どのような品物がよいのか、どこへ依頼すればよいのか、悩む方も多いのではないでしょうか。そこで、香典返しに適した品物やタブーとなっている品物、依頼先など、香典返しのポイントをまとめました。

香典返しの品物を考える前に、香典返しでタブーとされる品物を確認しましょう。
最大のタブーとされるのが「四足生臭もの」です。これは肉や魚のような「なまもの」のことです。これは昔からのしきたりで、生き物を殺すのを忌み嫌う仏教の影響があるようです。また、おめでたいことに使われることが多い鰹節や昆布も香典返しではタブーとなっています。嗜好品の酒はタブーではありませんが、あまりおすすめできません。ただし、故人とお酒の思い出がたくさんあるような方など、お酒を贈って喜ばれるのであれば構わないとされています。


商品や金券はタブーとは言えませんが、地域によっては金額がわかるので抵抗がある方もいます。金額を明らかにしないことが贈る側の謙虚さ、マナーと思われている地域では避けた方が無難です。

一方で香典返しに商品券などをお返しするのがしきたりとされている地域もあります。地域性なども鑑みて、判断する必要があります。

また、相手が必要としていない品物を贈るよりも、商品券なら確実に役立ててもらえ、贈る側の誠意が伝わる場合は問題ありません。実際に商品券を贈るケースも増えているようです。しかし、相手が目上である場合は失礼に当たりますので、相手との関係性にも配慮することが大切です。

早めな準備を!事前に葬儀の見積りをしておくと安心です
見積りは「いい葬儀」にお任せください

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。いい葬儀なら無料で複数見積り可能です。

お電話でもご相談可能です。 0120-393-100

  • 無料で複数見積り可能
お見積りはこちら

香典返しでよく贈られる品物は?

香典返しでよく贈られる品物には、どのようなものがあるでしょうか。お葬式はおめでたいものではないので、相手に不幸が及ぶことがないように後に残らない「消え物」や、白装束で仏の世界に旅立つということから「白い物」が好ましいとされてきました。そのため、香典返しの定番の品物には、お茶やコーヒー、紅茶などの飲み物、菓子や砂糖、乾物などの食べ物、タオルやシーツ、毛布などの衣類が選ばれます。そのほかにも石鹸や洗剤、陶器なども贈られることがあります。


これらの香典返しの品にはそれぞれ意味があり、例えばお茶を贈るのは故人を偲びながら飲むことからきています。石鹸は不幸を洗い流すという意味がありますし、白いタオルやシーツなどは現世から白装束で旅立つためにさらしが使われた名残とされています。砂糖も白装束での旅立ちと相手への不幸を消滅させるという意味があります。
同じ香典返しでも、より高級感があるものや有名ブランド品であれば、相手からもより喜ばれます。しかし、このような定番の品物が現在も人気があるかと言うと、必ずしもそうとは言えないようです。

早めな準備を!事前に葬儀の見積りをしておくと安心です
見積りは「いい葬儀」にお任せください

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。いい葬儀なら無料で複数見積り可能です。

お電話でもご相談可能です。 0120-393-100

  • 無料で複数見積り可能
お見積りはこちら

相手に喜ばれるカタログギフト

従来の香典返しでは故人を偲ぶ、もしくは不幸を払い相手に喜んでもらうことに重きがおかれていました。現代でも香典返しの考え方は変わらないものの、現代ではライフスタイルの変化、個人の好みの重視、核家族化で物がたくさん必要とされなくなってきたことで、喜ばれる香典返しも変化してきています。
このような時代の流れから人気が出てきているのがカタログギフトです。いただいた香典の額に合った金額のカタログギフトを贈り、贈られた方はその中から好きな商品が選びます。「選ぶ品物がわからない」「相手の好みがわからない」という方にはぴったりですし、しかも失礼に当たることもありません。

カタログギフトに、タブーとされている肉類や魚類、鰹節や昆布、アルコールなどが載っていてもマナー違反ではありません。また、金額に応じてギフトを選ぶことができますが、相手に具体的な金額を伝えるわけではないので問題ありません。むしろ、欲しいものを選べるので喜ばれるでしょう。
遺族側にとっても、葬儀の前後は精神的にも肉体的にも負担が大きくなりますが、カタログギフトであれば、あれこれ相手のこと考えずにすむので負担が小さくなります。

香典返し・返礼品はどこに依頼すればいいの?

香典返しをどこに依頼するかということは重要なポイントです。まず思い浮かぶのが葬儀社、デパートではないでしょうか。

葬儀社に返礼品を依頼する場合

葬儀の準備で忙しい方でも葬儀社であれば準備の合間に相談もできます。品数に限りがあることや、香典返しを専門としていない場合は割高になることがあります。

後日自宅への弔問客のために余裕を持って返礼品を預かり、使用した分だけ清算できるといった対応をしてくれる葬儀社もあります。葬儀後のことも併せて相談する場合、葬儀社に依頼する方が間違いはないかもしれません。

デパートに返礼品を依頼する場合

デパートの場合は、一般的に品質がよい、高級感がある、ブランド力があるなどの点で喜ばれます。包装紙だけでも安心感がありますし、品数が豊富なので有名店の品物や珍しい品物を選ぶことも可能です。最近は、ほとんどのデパートもネットサービスを充実させていて、パソコンでも香典返しの依頼ができます。

ギフト専門店に依頼する場合

また、ネット上のギフト専門店、仏事専門店、カタログギフト専門店などに依頼することもできます。パソコン上で好きな値段、好きな分野の品物などを見て選べる上に、のしやお礼状などのサービスが無料で受けられる場所もあります。

送付先が複数になるのであれば、メールで送れば済むというところが多いようです。決済もクレジットカード払いなどで簡単に処理できます。自宅にパソコンがあれば、すべてネットで処理でき、品物を見に出かける必要もありません。

まとめ

香典返しは当日にお渡しする場合と、四十九日の法要が過ぎたころにお返しをする場合が考えられますが、当日返しは葬儀の準備も重なることから用意するのは大変です。最近は葬儀社もカタログギフトを扱っている場合や、品数が豊富な場所も増えてきています。葬儀社にもよりますが、時間がない場合は葬儀社に依頼するのもよいでしょう。香典返しや葬儀のことなどでご相談のある方、お悩みの方は、お気軽にご連絡ください。

早めな準備を!事前に葬儀の見積りをしておくと安心です
見積りは「いい葬儀」にお任せください

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。いい葬儀なら無料で複数見積り可能です。

お電話でもご相談可能です。 0120-393-100

  • 無料で複数見積り可能
お見積りはこちら

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す