家族葬には参列すべき?判断基準や出席するときのマナー

家族葬に参列する時のマナー

遺族や故人の意向で執り行われる葬儀の一つに、近親者などの少人数だけで静かに故人を弔う家族葬というものがあります。

多くの家族葬では、3~4親等といった親族のみで行われます。そのたm,葬儀に呼ばれていない友人・知人は参列しないほうが良いとされています。

しかし、故人と親しい関係者の立場の人から見ると、お世話になった人が亡くなった時に「家族葬を行います」と連絡を受けたら、参列してはいけないのでしょうか。

今回は、参列して良いか判断する方法や、参列するときのマナーについて説明します。

Adsense(SYASOH_PJ-195)

家族葬に参列するかどうかの判断基準

新しい葬儀のスタイルの家族葬には、決められたルールやマナーなどはありため。そのため、参列者をどこまで呼ぶかは故人や遺族の意向に沿って行われます。会葬者の人数についても数名から数十名までさまざまです。

もしあいまいな伝え方だったり、よくわからない場合は、遺族に聞いてみるのが良いでしょう。

一般的に身内でない限り参列はしない

基本としては「家族葬を行う」という連絡を受けた場合は、お通夜などへの参列もしない方が良いと考えた方が無難。参列してほしい場合には参列をお願いしたい旨が書かれているはずです。

その一方、お通夜の参列について「遠慮する」「お断りする」と明記されていないようであれば、参列できるかどうか遺族に確認することで確実な判断ができます。

「わざわざ遺族に連絡したら迷惑かも」と遠慮する気持ちがある場合は、葬儀を行う葬儀社や斎場・葬儀場などに「一般会葬を設ける予定があるか」を問い合わせることで、近親者以外を招くかどうかを確認することができるでしょう。

そもそも訃報の連絡がない

訃報を伝えることで、参列したほうが良いか迷わせてしまうのも申し訳ない…と思う家族もいません。そのような気を遣わせないためにあえて訃報連絡をしないことも。

もし人づてに訃報を知ったとしても、余計な詮索や無理な参列は控えましょう。無理に参列して遺族を困らせる可能性があります。

葬儀の情報が伝えられない

訃報の連絡が来たとしても「参列不要(遠慮する、お断りする)」と書かれていた場合と、「葬儀場や日に関する情報が一切ない」場合には参列しません。

参列できなくても「故人にお世話になったからどうしてもお焼香をあげたい」のならば、葬儀・告別式の後で「ご焼香をあげに弔問させていただきたい」旨の連絡を取りましょう。

また、明記されていなくても家族葬と書かれていた場合は、基本的に参列しない方が良いと考えておきましょう。

家族葬とは、会社関係者や知人など「一般参列する人をお断りする」ものだと心得て、その際には香典なども控えておいて、後で遺族と顔を合わせる機会があった時にお悔みの言葉をかける方が、相手にとっても負担にならないでしょう。

参列しても問題ない家族葬とは

参列しても問題ない家族葬とは「葬儀会場や日取りの情報が記載されていて、特に辞退するような文章がない」という場合があげられます。

大々的に葬儀を行うわけではないものの、故人と親しい関係の人を一部招いていると考えられます。ただし、そのような判断で失礼ではないか心配ならば、やはり遺族に直接聞いてから行くのが確実です。

家族葬に参列するときのマナー

家族葬に参列する際のマナーを紹介します。故人を偲ぶ大切な儀式ですから、親しい身内の葬儀といえども失礼のないようにしましょう。

香典

香典を辞退されているかわからない場合は念の為持参します。

家族葬の通夜に参列することになった時、「香典は送らない場合がある」と考えておいたほうがよいでしょう。

香典を受け取ると、遺族は後で香典返しを送らねばなりません。そういった仰々しいやり取りをしたくないという意向によって、選択されることも多いのが家族葬です。

ただし、家族葬では「香典は送らないことがマナー」というものの、案内状などに香典辞退すると明記・明言されていない場合については、香典を「持参しない」より、「辞退」の言葉を聞いてから取り下げる形にすることが多いです。したがって、念のため香典を持参しておくと間違いがありません。

また香典の額は、故人との関係性によって変わります。また、身内のため香典は出さないという場合もあります。

服装

家族葬に参列するときは、準喪服もしくは略喪服を着用します。身内での葬儀ですが、一般葬と服装は同じです。

男性は光沢のない黒のスーツ、女性は光沢のない黒のワンピースやアンサンブルです。カジュアルな服装や派手な服装はマナー違反。女性はノースリーブなどの露出の多い服装は避け、ストッキングを履きます。

また、服装だけでなく身だしなみにも注意。派手なメイク、髪型、アクセサリーなどは葬儀の場にふさわしくありません。控えめかつ清潔感のある身だしなみを意識しましょう。

お悔やみの言葉

家族葬では参列者の人数が少ないため、受付が設けられていないことも。そういった場合には、遺族に直接声をかけても問題ありません。

遺族は忙しいので「お悔やみ申し上げます」などの短い言葉でお悔やみを述べます。ただし、忌み言葉などには一般的な葬儀同様に注意を払うようにします。

一般葬では受付で香典を渡しますが、受付がない場合は遺族に手渡して大丈夫です。

焼香

焼香な故人の宗派のやり方にならいます

焼香は一般葬と同様に行いますが、宗派・宗旨によって作法が異なります。故人の宗派に合わせることが一番だと言われています。喪主から順番に行いますが、やり方がわからない場合は前の人に習って行います。

家族葬を参列辞退されたときのマナー

遺族から家族葬の参列を辞退したい旨の連絡が来たときのマナーを紹介します。遺族は葬儀の準備などで多忙のため、おせっかいをして迷惑をかけないようにしましょう。

香典や供物、供花などを勝手に送らない

家族葬に参列しないならせめてお香典でも…と思うかもしれません。遠方で葬儀に出られない場合には郵送する場合はありますが、家族葬はそもそも参列を辞退されているため勝手に送るのはやめましょう。

遺族も香典をもらってしまうと、香典返しや返礼品を用意しなければ…と気を遣ってしまいます。香典や弔電などを送りたいときは遺族の了承を得てから郵送します。

弔問するときは遺族の意向に従う

家族葬の後日に遺族の自宅に弔問にいくことは可能ですが、このときもできるだけ遺族の意思にしたがい、遺族の都合に合わせて訪問するようにしましょう。葬儀が終わってもしばらくは故人も忙しいため、弔問は手短に終わらせます。

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す