家族葬を後日知ったとき香典はどうする?葬儀後に香典を渡すときのマナー

葬儀後に香典を渡すときのマナー

家族葬は近親者や親しい人たちで故人を偲ぶ葬儀のため、葬儀後に訃報を知らされるケースも少なくありません。

その場合、香典を持って弔問したいと思うかもしれません。しかし、何もしない方が遺族にとっては良い可能性もあります。遺族に失礼のないよう、事前に確認するようにします。

この記事では家族葬を後から知った場合の、香典や弔問のマナーについて詳しく紹介します。

Adsense(SYASOH_PJ-195)

家族葬における香典

家族葬を行う理由のひとつに、故人との最期の時間を遺族だけで過ごしたいというのがあります。そのため、参列者の接待や事務作業の手間を減らすために、「家族葬だから香典は辞退したい」と考える人は多いようです。

香典を受け取ってしまうことで、後日遺族は香典返しを準備しないといけないからです。

友人・知人の立場からすると、親しい人の訃報で香典を送りたいという気持ちがあるものの、かえって迷惑になるなら香典を送るのは控えましょう。

一方、故人との別れを惜しんでくれた人の気持ちを大切にし、遺族が受け取る場合もあります。

このような香典を受け取るか受け取らないかの判断は、すべて喪主側がすることです。喪主側が、「香典をお断りします」など香典辞退を明示している場合は、香典を送ってはいけません。

葬儀後の香典の渡し方

香典を葬儀後に渡したいと思う場合は、まず遺族の意向を聞き、遠慮されるようであれば何もしません

香典を持ってお伺いしたい場合は、まずは喪家にその旨を伝え、ご遺族の意向を伺いましょう。

受け入れてもらえる場合は、あまり負担をかけない形で対応するようにしましょう。まずは弔問の日時を決め、自宅に伺います。基本的に香典は直接手渡しするのがマナー。ただし、遠方に住んでいるなどでどうしても弔問できないときは郵送でもかまいません。

金銭の郵送には、現金書留の封筒を購入して送ります。

自宅に弔問して直接手渡す

自宅に弔問することで、直接遺族にお悔やみを伝えることができます。一般的な葬儀では、通夜・告別式に参列できなければ後日弔問するようにします。

家族葬の場合は、遺族の了承が得られれば弔問が可能ですが、遺族への配慮を最優先し、手短に終えるようにします。

また、故人が職場関係者や取引先の場合は自分だけで判断せず、上司と相談して誰が弔問するかを決め、遺族と連絡を取ります。

現金書留で郵送する

香典を郵送する際には、現金書留の封筒を使用します。大きさなどに指定があるので、わからないときは教えてもらいましょう。

気を付けるのは、現金書留の封筒に直接お金を入れないことです。現金は香典袋に入れ、お悔やみの言葉を便箋に添えて送ります。

現金書留はポストに入れず、郵便局の窓口で郵送料を払います。郵便局は基本的に平日しか開いていませんが、ゆうゆう窓口がある支店だと休日でも受け付けてもらえます。

届け先の距離が近ければ翌日に届きます。離れている場合は少し日数がかかりますが、遅くても3日~一週間程度で届けてもらえます。

家族葬の香典の相場

家族葬の香典の相場は、故人との関係性によっても異なりますが、一般葬での香典と同じと考えて問題ありません。

また、地域やその家族によっても香典の額は変わるため、あくまで目安として考えるようにします。

友人や知人、近所の人が亡くなったとき

関係性 香典の相場・金額
友人・知人
(その家族も含む)
5千円~1万円
近所の人 5千円未満
スクロールできます
出典:第4回お葬式に関する全国調査より

親族が亡くなったとき

関係性 香典の相場・金額
自分の親 5万円~10万円
自分の祖父母 1万円~2万円
配偶者の親 5万円~10万円
配偶者の祖父母 1万円~2万円
兄弟・姉妹 3万円~5万円
配偶者の兄弟・姉妹 3万円~5万円
その他の親戚 1万円~2万円
スクロールできます
出典:第4回お葬式に関する全国調査より

香典袋の書き方

香典は不祝儀袋に入れて渡します

お香典を渡す時は香典袋に入れます。香典袋は不祝儀袋とも呼ばれ、さまざまな種類のものが売られています。水引が黒白、あるいは双銀のものを選びましょう。不幸が二度と起こらないよう結びきりの水引を選びます。

記載ミスがあっても大丈夫なよう予備を用意しておきます。書き間違えたときは新しいものに書き直します。

文字の記入にはすべて薄墨を使用します。薄墨を使用する理由は「早く駆けつけたため墨を充分にすれなかった」という意味を表しています。薄墨がないときは弔事用の筆ペンを使用し、ボールペンや鉛筆はNGです。

香典袋の文字はすべて縦書きで書きます。

香典袋の表書き

香典袋の表書きは「御霊前」「御香料」「御香典(御香奠)」などです。これは宗教によって異なるため書く前に確認します。始めから表書きが書いてあるものを購入してもかまいません。

水引の下にフルネームで自分の名前を書きます。3名まで連名が可能で、目上の人から右に記しますが、目上の人が真ん中の位置(御霊前の文字の下)になるようにします。

仏式

仏式のお香典の表書きは「御霊前」もしくは「御香典」「御香料」です。

仏教では四十九日を過ぎる前は故人は霊の状態であり、霊の前に供えるという意味で「御霊前」と書きます。そして四十九日を過ぎた後は、故人が仏となるため「御仏前」です。

ただし浄土真宗で御霊前はマナー違反。浄土真宗では、人は亡くなると即時に浄土に召され仏になると考えられているからです。

神式

神式の香典の表書きは「御榊料」「御玉串料」もしくは「神饌料」です。「御霊前」と書いてもかまいませんが、仏にはならないので「御仏前」と書かないことに注意しましょう。

キリスト教式

キリスト教では香典ではなく御花料として金銭を渡します。このときの封筒は無地のものを使うのが無難ですがキリスト教用の封筒があればそれでもかまいません。キリスト教用の封筒はユリの花や十字架が書かれています。

キリスト教式の書き方はカトリックかプロテスタントかどうかで変わります。

カトリックの場合、「御花料」「御ミサ料」と書きます。もしくは「御霊前」でもかまいません。「御霊前」と書く場合には、黒白もしくは双銀の結びきりの香典袋でも大丈夫です。「御香典」「御仏前」はマナー違反となります。

プロテスタントの場合は「御花料」「献花料」もしくは「忌慰料」と書きます。プロテスタントでは「御霊前」は不適切にあたるので注意しましょう。

不祝儀袋の裏書き

香典袋の裏には左下に住所と金額を書きます。住所の左側にお香典の金額を記入します。このとき頭に金を付け「金壱万円也」のように旧字体の漢数字で書くようにします。

お札の入れ方

香典袋にお金を入れるときは、開けたときにすぐ金額がわかるよう顔の印刷されている側を表下側にして入れます。また新札はNG。しわしわも良くないので適度にきれいなものを選びましょう。

弔問のマナー

弔問の際にはいくつかのマナーがあります。葬儀や告別式とは異なるので、事前に確認しておきましょう。弔問では長居せず、故人の思い出を少し話す程度にします。

お悔やみの言葉

自宅に弔問したときはまずは遺族にお悔やみの言葉を述べます。「この度はご愁傷様でした」などの短いものにします。故人の死因の詮索などはNGです。

服装

弔問するときの服装は、喪服ではなく「平服」がマナー。平服とは男性はビジネススーツ、女性はワンピースやアンサンブルなど、喪服に見えない落ち着いた色の訪問着です。

派手な服装や、カジュアルな雰囲気を感じさせるはNG。身だしなみもきちんと整え、清潔感のある格好にします。靴屋バッグもシンプルなものを選びます。

線香のあげ方

弔問に訪れたときは、線香をあげさせてもらえることがほとんどです。もしあがってほしくないようであれば、香典や

線香をあげるときは、直接線香に火をつけること口で火を吹き消すことおりんをならすことはマナー違反です。

線香をあげる手順

  1. 仏壇の前に座り一礼します。その後、遺族に一礼、次に遺影に一礼します
  2. 線香を手に取り、ろうそくから線香に火を付けます
  3. 線香を手で仰いで火を消します
  4. 線香を香炉に立て、もしくは寝かせます
  5. 合掌します
  6. 遺影に一礼し遺族に一礼します

香典はふくさに包んで持参

お香典はふくさに包んで持参するようにします。ふくさをひし形に置き、右、下、上、左の順で四隅を畳みます。また、ふくさは寒色系のものを選びましょう。慶長どちらも使える紫色のものがおすすめです。

また、香典は線香をあげた後に渡します。

香典の代わりに弔意を示したい場合

香典辞退されていても遺族に弔意を示したい時は、供物や供花、弔電などを送ることが多いです。メッセージカードを添えて送る場合もあります。

どの方法を取るにしても、まずは遺族に送ってもよいか確認してから手配しましょう。善意のつもりでもはかえって遺族の負担になりかねません。

香典と同様に、供物や供花の辞退が明記されているときに送るのはマナー違反です。自分の気持ちだけでなく遺族にとって最善の選択肢を取りましょう。

遺族に了承が取れたら、いつ、どこに届ければ良いかを確認します。葬儀場もしくは自宅に送ることが多いようです。

供物、供花などはこちらの好意で渡すものでから、気を遣わせないよう文面の最後に「お返しは不要です」と書いておくとよいでしょう。

供物

お菓子缶詰果物などは供物として送られることが多い品物です。もしくは故人が好きだったものなども選ばれます。供物とは、故人への感謝の気持ちや遺族への弔意を表すためのものです。

供物の金額としては数千円~2万円程度のものを選びます。お菓子であればなるべく日持ちするもの個包装のものが望ましいです。果物は盛籠にして送られますが、傷みにくいものを選びます。

また、仏教と神道ではそれぞれ供物としてふさわしくないものがあります。仏教では、殺生を連想させる肉や魚、神道では線香、ろうそく、抹香など供養に使用するものはふさわしくないとされています。

供物はデパートの特設コーナーやインターネットなどで注文します。水引の文字なども指定することが可能です。

のしと水引について

箱に入った供物にはのしをかけます。のしのかけ方には「外のし」と「内のし」があり、供物を郵送する場合には内のしにします。内のしは外側に包装紙が巻かれる方法です。

葬儀では外のしが好まれます。多くの供物が並ぶため誰からきたのかわかるようにするためです。

のし紙には、仏教では「御霊前」「御供」など、神道では「御玉串料」と記します。その下に送り主の名前をフルネームで書きます。

また、関東では黒白5本の結びきり関西では黄白5本の結びきりの水引を用いることが多いようです。わからないようであれば黒白の水引にします。

のし、水引については地域によって異なる場合があるため、手配する前に確認しておくと良いでしょう。

供花を送る

供花とは弔意を表すために送るお花のことです。胡蝶蘭やユリ、菊などが一般的で、白や優しい色合いのものがよく選ばれますが、季節によって取り扱う花が違う場合も。

スタイルがいくつかあり花籠やフラワースタンド、フラワーアレンジメントなどから選ぶことができます。

供花の金額相場は5千円~2万円ほどです。葬儀社もしくは花屋に依頼し、葬儀会場に届くように手配します。

インターネットから注文することも可能ですが、葬儀社によっては、他店からの持ち込みができない場合もあります。遺族が依頼している葬儀社に依頼するのが最も確実です。

弔電を打つ

供物や供花より手軽に手配でき、持ち帰る手間も少ないため、弔電を選ぶ場合もあります。

弔電とは通夜、葬儀・告別式に参列できないときに、弔意の気持ちを伝えるために用いられるものです。電話やインターネットから申し込むと、葬儀会場に直接届けてくれます。

弔電を送るための費用は3~5千円ほど。これは台紙の料金とメッセージ代、あればオプション料金をあわせた金額であり、選んだ台紙や文字数によっても文字数は変わります。

台紙は葬儀用の紫や黒、蓮の花が書かれたものなどを選びます。線香やブリザードフラワーが付いているものもあります。お悔やみの文例も文字数ごとの見本がいくつかあるため、そこから選択します。

お悔やみの手紙を送る

お悔やみの手紙も弔意を伝えるひとつの方法です。葬儀から一週間前後で届くようにします。お祝いごとではないため、シンプルで落ち着いた色味の便せん、封筒を選びます。

二重になっている封筒は不幸が重なるという意味合いになってしまうため、避けるようにします、

お悔やみの手紙を書く時のマナーとしては、まず「拝啓」「謹啓」のような頭語は付けない時候の挨拶は書かないことがあげられます。

それに加えて、不吉な言い回しや表現は避けます。たとえば「たびたび」「重ね重ね」、「再び」「迷う」などのほか、数字の4と9などが忌み言葉にあたります。

メールや電話でお悔やみを伝える

メールや電話で直接遺族にお悔やみを伝える方法もあります。メールで訃報連絡を受けた場合はメールでお悔やみの気持ちを伝えるようにしましょう。

メールか電話いずれも、家族葬から一週間以内にするようにします。しかし遺族は慌ただしくしていることもあり、電話はつながらない可能性があることに注意。

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す