はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

お香典を送る郵送する時の正しいマナー〜一緒に添える手紙の例文あり〜

香典とは、本来は葬儀の際に持参するものです。しかし外せない用事や仕事があったり、遠方にいたりする場合、参列できないこともあるでしょう。そうした場合、香典を郵便で送ることでお悔やみの気持ちを伝えられます。この記事では、香典の郵送方法や必要なマナーなどをまとめてご紹介します。香典に添える手紙の例文もお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

そもそも香典は郵送しても良い?

香典は葬儀において、故人のために供える金品のことであり、遺族への支援や気遣いの意味も含んだものです。仏教だけでなく、キリスト教でも同様の風習があります。葬儀に参列できない場合、弔電を送りますが、同様に香典についても郵送することはマナー違反ではありません。むしろ、お悔やみの気持ちを伝えるためには送った方が良いでしょう。

香典を郵送する場合の基本的なポイント

香典を郵送する場合、まずはお金を不祝儀袋に入れます。そして、故人に対するお悔やみと参列できなかったお詫びの手紙を添えて、現金書留封筒に入れ、郵便局から送りましょう。現金は一般の封筒や宅配便では送れないので、注意が必要です。
現金書留封筒は大きめにできているので、通常の不祝儀袋であれば問題なく入ります。ただし大きいサイズの不祝儀袋は入らないこともありますので、一般的なものを選ぶようにしましょう。現金書留封筒には自分の名前や住所を書きますが、不祝儀袋にも自分の名前や住所を記入します。封筒の宛名は葬儀の喪主の名前を書きます。

香典を郵送する宛先とタイミング

通夜まで日があり、当日までに郵送が間に合う場合は、斎場に直接香典の入った現金書留封筒を送ることも可能です。一般的には投函してから1,2日で到着しますが、できるだけ余裕を見て、日付指定で送ると確実です。
通夜がすぐに行われる場合は、斎場に送っても間に合わないため、後から喪主の住所宛に送ります。葬儀の直後は何かと忙しい時期となるので、避けるのが賢明です。かと言って遅すぎてもタイミングを逸してしまいますので、葬儀から数日程度たった頃に着くように手配すると良いでしょう。喪主は香典を頂いた方に対して、まとめて香典返しを行います。到着が遅れると二度手間をかけてしまうので、あまり時間を空けすぎても負担を与えてしまいます。

香典の金額と、お金の入れ方

香典に使う紙幣は、1万円札や1,000円札など、同じ種類のもので統一します。そして、合計額の頭が1,3,5,10になるようにします。また、4や9は避けるべき数字といわれています。具体的な金額としては、知り合い程度であれば3,000円~5,000円、仲の良い友人や職場関係であれば5,000円〜10,000円、親戚の場合は10,000円~30,000円が相場となります。
不祝儀袋にお金を入れる際には、すでに使われていて折り目のある紙幣を用意します。新札を使っても問題ありませんが、その場合は一回折ってから使うようにしましょう。あまり汚くシワのついたお札も失礼になります。そして必要な金額の紙幣を、向きを揃えて入れるようにします。

手紙の添え方

香典を送る際には、絶対ということではありませんが、手紙を添えるとより丁寧です。実際に手渡しする場合は、「この度はご愁傷様でした」などの言葉を添えるのが一般的ですから、それに当たるものと思えば良いでしょう。ですから、決して長々と文章を書く必要はありません。ポイントをおさえて簡潔に書いてください。
使う便箋は、白色の縦書き無地のタイプを使います。また、便箋よりも小さい一筆箋でも問題ありません。一般的な便箋であれば三つ折りで、一筆箋の場合はそのまま封筒に入ります。

香典に添える手紙の文例

香典に添えるお悔やみの手紙では、時候の挨拶や「拝啓」などの書き出しは不要です。書く内容の要素は、故人に対するお悔やみ、葬儀に行けなかったお詫び、香典を同封しますという主旨、そして遺族への心遣いと故人の冥福を祈り、纏めます。喪主との面識がない場合は、自分と故人との関係性も書いておきましょう。
実際の例文は、以下のようになります。

○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。本来であればご葬儀に参列すべきところですが、遠方にてかなわず、誠に申し訳ございません。
心ばかりではありますが、ご香典を同封いたしますので、ご霊前にお供えくださいますようお願い申し上げます。
家族の皆様にはお力をお落としのことと存じますが、くれぐれもご自愛くださいませ。略儀ながら書中にて、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

まとめ

突然の訃報で葬儀に参列できないことはあるものです。そうした時は手紙を添えた香典を遺族の方に送れば、あなたの気持ちも伝わります。葬儀に関しては一定のマナーや決まりごともあるため、それらを踏まえることも必要です。もし葬儀に関して分からないことがあれば、いつでも経験豊富な当社までご連絡ください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

4.83/5 (6)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す