はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

戒名を自分で作る場合の注意点

戒名とは、仏門に入った者に授与する名です。現在は、死後に付けられる別名であるという考え方が一般的ですが、本来は仏弟子となった証です。

なお、各宗教宗派によって、呼び方が異なります。仏教では戒名と呼ぶことが一般的ですが、浄土真宗では法名、日蓮宗では法号という呼び方をします。

戒名には、宗派によって決められた構成があり、自分で戒名を付ける場合も、その構成を守ることが重要となるでしょう。

使用してはいけない漢字もあるため、決まりをきちんと守ったうえで、その人の個性や人柄を表した戒名を作りましょう。

基本的な戒名の構成

戒名は、ただ好きな漢字を並べればよいというわけではなく、構成に沿って作られており、院号(院殿号)・道号・戒名・位号の4つで構成されています。

それでは、一般的な構成を、学者として有名な野口英世の戒名「大仁院殿済民英世居士」を具体例として理解しましょう。野口英世の戒名では、「大仁院殿」が院号、「済民」が道号、「英世」が戒名、「居士」が位号に該当します。

院号

戒名の冒頭に付けられる、仏教に深く帰依したとされる証の部分です。基本的には「院」を使用しますが、「院」よりも高い位として野口英世も付けている「院殿」があります。宗派によっては、「軒」や「庵」を付ける場合もあります。

道号

仏の道を究めた方の別名だったもので、現在では、故人の趣味や性格などに関する漢字を付けて個性を出すようになりました。

戒名

本来、この部分を「戒名」と呼び、基本的には2文字で付けられます。故人や故人が崇めていた人、仏様などのお名前などから1文字を取り、もう1字を俗名から取ることが一般的とされています。その他、人柄や、生前の職業に関連した文字を付けることもあるようです。

位号

戒名の下に付けられるものです。年齢・性別によって異なりますが、代表的な位号としては、居士・大姉、禅定門・禅定尼、信士・信女、童子・童女などがあります。

ちなみに、居士は「こじ」、信士は「しんじ」、大姉は「だいし」と読みます。

以上の内容、9文字を基本の構成としてまとめたものが戒名です。

構成に特徴のある宗派

浄土宗、浄土真宗、日蓮宗は、前述した構成に独自のルールを追加しています。

それぞれご説明しましょう。

浄土宗

浄土宗で道号は「誉号」という名称になり、2文字目に「誉」、またはその旧字である「譽」を使用すると決められています。

作家の谷崎潤一郎は、浄土宗系であったため、「安楽寿院功誉文林徳潤居士」と「誉」が入った戒名を付けられました。

浄土真宗

浄土真宗の戒名も「法名」と呼ばれ、道号・位号はなく、院号・釋号・法号の構成で6~7文字となります。

釋号(しゃくごう)は、女性の場合は「釋尼」とする場合もあります。浄土真宗の有名人の戒名としては、赤塚不二夫の「不二院釋漫雄」や司馬遼太郎の「遼望院釋淨定」が挙げられます。

日蓮宗

「法号」と呼ばれる日蓮宗の戒名では、1文字目に「日」を付ける決まりがあり、これを「日号」といいます。日と名の一部を合わせたものにすることが一般的であり、例えば、芥川龍之介の「懿文院龍之介日崇居士」や美空ひばりの「茲唱院美空日和清大姉」というような形になります。

戒名に使用可能な漢字・不可能な漢字

お坊さんに戒名を付けることを依頼した場合、経典などから故人に合った漢字を選んでもらえます。自分で選ぶ場合も、戒名について理解したうえで付けるようにしましょう。

反対に、使用しないほうがよい漢字には、皇室の方や著名人のお名前、めでたい動物以外の動物の名前、死や悪いことを連想させる漢字、普段熟語として使用する漢字などがあるため、注意しましょう。

また、使用できる漢字であっても、「阿宝」で「あほう」や「円満」で「えんま」のように、読んだ時に良くないものを連想させてしまう場合は、別のものに変更したほうがよいでしょう。

自分で戒名を付ける前に注意すること

戒名は、そもそも仏様の弟子になるにあたって授かる名前であり、仏の道に明るいお坊さんに付けてもらうのが一般的とされています。
無宗教墓地に墓を建てる場合や、霊園に埋葬する場合は問題ありませんが、菩提寺がある方は、戒名を考える前にまず、菩提寺に相談してみてはいかがでしょうか。

戒名を自分で付ける際、参考になりそうな書籍

漢字ばかりが並び、難しい決まりがある印象の戒名ですが、その意味を知ることにより、個人の人柄や生前の姿を思い浮かべることもできるのではないでしょうか。

戒名は、後世まで残る大切なものであるため、既にある戒名や戒名に関する書籍を参考にするのもよいでしょう。
例えば、『自分でつける戒名』(松原日治監修・門賀美央子著/エクスナレッジ/2011年)では、戒名のルールをはじめ、今の時代に合わせた戒名の付け方や戒名を付けた後にすることなど、あらゆる面から戒名に触れています。

また、『戒名は、自分で決める』(島田裕巳著/幻冬舎新書/2010年)では、戒名作成チャートも付いています。戒名というものについてこと細かく論じており、戒名を自分で付けることだけでなく、現在の名前(俗名)をそのまま使用することについても述べています。

まとめ

戒名を付ける際、菩提寺がある方は、まず戒名を自分で付けてもよいかどうかを、菩提寺に確認しましょう。許可が下りたら、前述したことに注意し、素敵な戒名を付けてください。
戒名の付け方について知りたい、付けた戒名について相談したい、といったお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。「戒名のみお願いしたい」といったご相談も承っています。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す