はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

お布施とは

お布施とは

お布施とは、葬儀や法要などの際にお坊さんに渡すお礼のことです。しかし、葬儀費用などとは異なり、読経や戒名の料金、価格は決まっていないため、多くの方が「どのくらい包めばいいのだろうか」と不安になることが多いようです。

また、お布施の包み方や渡すタイミング、渡す際のマナーなどについても迷われる方もいらっしゃるかもしれません。今回はお布施のもともとの意味から、相場、渡すタイミング、渡す際のマナーまで、詳しく紹介します。

お布施ってなに?

お布施ってなに?

お布施は読経や戒名のお礼として僧侶に渡しますが、なぜ金額が決められておらず、お布施という形で納めるのでしょうか。

仏教には「六波羅蜜(ろくはらみつ)」と呼ばれる6つの修行方法があります。これは布施、自戒、精進、忍辱(にんにく)、禅定(ぜんじょう)、智慧(ちえ)の6徳目を実践することで煩悩を消し、悟りの境地に辿り着くことができるというお釈迦様の教えです。

この教えは僧侶や仏教徒にとってのみならず、すべての人たちにとって大切であると説かれています。そして、これらの修行のひとつである「布施」は、私たちがお坊さんに納める「お布施」にあたります。

六波羅蜜のお布施の意味とは?

仏教の大切な教えのひとつである布施には、大きく分けて3つの種類があります。この3つを合わせて三施と呼びます。

財施(ざいせ)

清らかな心で食べ物、お金、衣服を施すこと。

法施(ほうせ)

具体的な物質ではなく、お釈迦様の教えを説いたり、お経をあげたりすること。

無畏施(むいせ)

さまざまな恐怖や不安を取り除き、穏やかな心持ちにさせること。

お坊さんが葬儀のときにお経を読んで故人の成仏を祈ることや、お釈迦様の教えを説いて残された家族の心に安寧をもたらす行為は、法施と無畏施にあたります。

そして、遺族がお坊さんやお寺に対してお布施を渡すことは財施に該当します。このお布施によって、お坊さんはお寺を維持し、本尊を守っていくことができるのです。お布施は、お寺と檀家が一緒にご本尊を守るためにあるとも言えます。

お布施の相場とは

お布施の相場とは

読経や戒名は六波羅蜜の教えのひとつであるため、対価を求めたり、支払ったりする類のものではありません。

そのため、お坊さんが読経や戒名費用として具体的な金額を請求することはないのです。すでにお付き合いのあるお寺があれば、そこでお布施について直接質問した方が無難と言えます。

しかし、「いくらですか?」と聞いても「お気持ちで結構です」と言われてしまうことも少なくありませんので、「皆さんはおいくらくらい包まれていますか?」と聞くようにしましょう。そのお寺に納めるお布施の相場を聞くことができます。

また、あくまで目安ですが、お通夜・葬儀・告別式にお坊さんを呼んだ場合は20万円前後からと言われています。これらは地域性やそれぞれの家庭とお寺とのお付き合いの度合い、関係性にもよります。

葬儀社などを利用してお寺を紹介してもらった場合は、お布施の金額を教えてくれることもあります。他にも、喪主の経験がある親族に具体的な額を相談するのもひとつの方法です。

>>宗教者、僧侶、寺院のご紹介はこちら

お布施に関してのマナー

お布施の渡し方のマナー
お墓参りをする女性

お布施にも渡し方やタイミングなどにマナーがあります。

まず、お布施の包み方には奉書紙を使う方法と白い封筒を使う方法とに、大きく分けられます。奉書紙を使う場合は、お金を半紙で包み、中包みにいれます。半紙に包まず、中袋に直接お金をいれても失礼ではありません。そして、その中包みを奉書紙でさらに包みます。

お布施は弔事とは関係がないため、奉書紙は慶事の形に折ります。この奉書紙を使った包み方が最も丁寧な方法とされています。

もし奉書紙が用意できない場合は、白い封筒の中にお金をいれてもかまいません。白い封筒は郵便番号欄のない無地のものを選ぶようにしましょう。

お布施は不幸とまったく関係がないので、薄墨は使用しません。通常の黒墨で、封筒の裏面に住所と金額を記入するようにしましょう。

また、一般的にお布施に水引をつける必要はないとされていますが、地域によって違いがあるため事前に確認しておくことをおすすめします。

ただし、葬儀はあくまで遺族の不幸であって、お寺に不幸があったわけではないので、水引がないほうが好ましく丁寧であると言われています。そのため、宗教や宗派でつけるべきとされている場合や、決まった風習などがない場合は、水引はつけないほうが無難です。

お布施を渡すタイミングはお通夜の後、葬儀のはじまる前、または終わった後が一般的です。葬儀社の担当者に頼んでおくとお渡しするタイミングを教えてくれます。わからないことがあれば葬儀社に確認しましょう。

また、お坊さんに渡す方法にもいくつか方法があり、準備したお布施を小さいお盆に乗せて渡す方法や、袱紗の上に置いて渡す方法などがあります。その際に「本日はよろしくお願いいたします」「本日は故人の供養のためにお越しいただきありがとうございました」など一言を添えるとより丁寧です。

まとめ

お布施の本来の意味は「葬儀に来てもらった謝礼としてお坊さんに渡すもの」という、一般的に浸透しているイメージとは少しニュアンスが違います。現代では謝礼としての意味合いが強まっているので、故人のために祈りを捧げてくれたお坊さんに感謝の気持ちを込めてお布施を渡しましょう。

お布施やマナーなどでお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す