はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【大掃除】上手な仏壇の掃除の仕方


Warning: Illegal string offset 'post_id' in /var/www/le2-wordpress/guide/wp-content/plugins/multi-rating/includes/class-api.php on line 733

 

今年も大掃除の季節です。

大掃除というのは、ただの大きな掃除ではありません。一年間の厄を落として、新しい来年の歳神様をお迎えする、年に一度の大切な儀式と言われています。

日々の掃除では手の届かない所もきれいにして、気持ちの良い年を迎えたいですね。

ということで、今回は上手な仏壇のお掃除の仕方をご紹介します。

 

仏壇掃除の注意

butsudan

仏壇の掃除で気を付けたいのが、“から拭き”が基本ということです。

仏壇の内部は飾りも多く、傷ついやすいものもあります。直接手を振れない方が良いものもあります。掃除の時は、綿の手袋などをしておくといいでしょう。

 

細かい部分は筆を使って

まず、ほこりを払います。

扉のサンの部分や、細工が施されているところは、筆先を使って丁寧にほこりを取り除きましょう。仏像や位牌も同じように、細かい所は筆で掃除します。

 

金仏壇の掃除

金仏壇の金箔部分は直接手で触れると指紋がついてしまいます。毛バタキでほこりを払う程度にしましょう。

漆塗りの部分も水拭きはせず、やわらかい布で拭きます。

 

線香立ての掃除の仕方

osenkou

線香立ての灰の中に残ってしまった線香は割り箸で取り除いた後、専用の灰ふるいか茶こしを使って灰をふるいにかけます。

新聞紙か何か、大きな紙を敷いてふるいましょう。サラサラになった灰は、再び線香立ての中に戻します。

線香立てを手に持って、側面を軽くたたくと、灰が平らになります。

「香炉くまで」や「灰ならし」などの道具を使うのも便利です。

 

お花を飾ってお掃除終了

掃除が終わったら、打敷(うちしき)を飾りましょう。

生花も、若松や若竹・梅、南天などを加えるとお正月らしくなります。

床の間や神棚などにその家の大切な場所に飾る鏡餅を、仏壇にも飾ることもあります。ただ、宗派や地域、お寺によって仏壇のお供え物や飾り方は変わります。

迷った時はお寺や近くの仏壇店などに聞いてみるのが一番です。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す