はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【知りたい!】大体いくらくらい?位牌の種類と相場


Warning: Illegal string offset 'post_id' in /var/www/le2-wordpress/guide/wp-content/plugins/multi-rating/includes/class-api.php on line 733

位牌とは、亡くなった人の戒名や法名を記した木でできた碑のことです。

亡くなった人の魂が宿る場所ですから、どのようなものを購入したら良いのか迷うものです。

あらかじめ位牌の価格の相場を知っておくことで、「品質の割には値段が高いものを購入してしまった」という失敗をすることを避けることができます。

故人にとっては一生に一度のもの、遺族にとっては今後故人の魂の象徴として家においてお参りするものですから、後悔しない選択をしたいものです。

 

位牌にはどんな種類があるの?

位牌の種類としては、四十九日の法要まで間「本位牌」の代わりとして祀る白木位牌と、四十九日までに準備して白木位牌と取り替える本位牌があります。

本位牌は、加工や形から大きく分けると塗り位牌、唐木位牌、モダン位牌の3つに分けられます。

塗り位牌は、漆や金粉、蒔絵が施されているもので高級感があり、昔から親しまれているものです。

唐木位牌は、黒壇や紫壇といった唐木の木材を使用しています。

正倉院の唐木細工にも用いられています。

重量感があり、美しい木目が特徴です。

モダン位牌は現代的なデザインが特徴で、洋風のリビングにおいても違和感がないスタイルになっています。

 

位牌

 

位牌の値段が違うのは何故?

塗り位牌には、合成漆と本漆の二種類があり使われている漆の種類によって値段が変わります。

本漆の場合は、塗り、研ぎ、磨きなどの工程が合成漆より長くかかり、その分、手間がかかって値段も高くなります。

唐木位牌は、素材の木目を活かすために透明な塗装をしたもので木材の質によって色合いや艶などの見た目も変わってきます。

唐木位牌は素材だけではなく、台座の装飾などにより値段が変わります。

また、最近人気なのはモダン位牌です。

塗り位牌や唐木位牌などの固定観念を超えて、自由な発想で作られたデザインが特徴で、中にはクリスタル素材でできたものもあり、故人の趣味や意向が反映されやすくなっています。

 

位牌の注文方法と価格帯について

位牌を注文するには、位牌の大きさや位牌に入れる戒名、梵字を伝える必要があります。

価格は、塗り位牌の場合、合成漆で仕上げたものなら1万円前後から購入できます。

唐木位牌の相場は、2万円から5万円になります。

モダン位牌の価格は、素材やデザイン次第ですが3万円位のものが多いです。

最近では、安いものも売り出されていますが、長く付き合うものなのでよく考えて購入する必要があります。

忘れてはいけないのは、位牌は購入しただけで終わりではなく、亡くなった人の魂を位牌に入れる「開眼供養」が必要となることです。

この供養は通常、四十九日法要で行われ、それまで使用していた白木位牌から魂が抜かれ、本位牌に魂が移ることになります。

この供養が終わってはじめて位牌を拝むことができるようになるのです。
位牌に関する情報はいい葬儀の姉妹サイト「いい仏壇」でも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【関連記事】

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す