はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【葬儀の知識】今さら聞けない!祭壇に飾る「位牌」とは【どこで買う?】

葬儀の際、祭壇に飾られている位牌、いつのタイミングで用意するのか、など知らない方も多いのではないでしょうか?

四十九日法要の際に、お寺が用意してくれるものだと思っていたりしませんか?

位牌とは、故人の戒名の書かれた木製の板のことです。

葬儀の際にはもちろん、葬儀後も仏壇に安置します。

位牌は「故人の霊魂が宿る場所・依代(ヨリシロ)となる」とされ、ずっと手元に置く故人の象徴ともいえる大切なものです。

いざという時に慌てないよう、しっかりとした知識を持っておきたいものです。

葬儀から四十九日までは仮の位牌

葬儀に参加したことのある方なら、きっと見たことがあると思いますが、戒名や没年などの入れられた白木の位牌。

白木の位牌は、実は仮の位牌であることをご存じでしょうか?実際に仏壇に納めることとなるのは本位牌と言って、黒く漆塗りされたものです。

仮位牌は寺や葬儀社が用意してくれますが、本位牌は遺族の方が仏壇店で購入しなければなりません。

では、いつまでに用意すればよいのでしょうか?

通常は、四十九日法要までに用意するものとなっています。

四十九日の忌明けのタイミングで本位牌に入魂し、仮位牌はその時に焚き上げるのが一般的です。

戒名の文字入れには二週間ほどかかりますから、位牌の手配は余裕を持っておこないましょう。

 

祭壇

 

位牌とは亡くなった方自身を表すもの

位牌とは、故人の象徴です。当然仏壇に手を合わせるとき、この位牌に向かって手を合わせることとなりますから、適当な気持ちで位牌を選ぶのは厳禁です。

形などを選ぶ際や、文字入れを依頼するときには、十分に気をつけるようにしましょう。

仏壇の大きさ、先祖の位牌の形や大きさ、故人に合うものなどを考慮してふさわしいと思えるものを選びましょう。

特に戒名を入れる際には、難しい漢字や旧字体などがある場合、注文の際にしっかりと確認することを忘れないでください。

 

戒名を入れる位牌は多様な種類がある

位牌には戒名の他にも没年月日、裏面には俗名と享年を入れるものですが、ひとくちに位牌と言っても、実はいろいろと種類があります。

まずは四十九日法要まで使うこととなる仮位牌。

本位牌は、戒名を入れる際に手書きか機械彫りかを選びます。

手書きである方が味わい深く、機械彫りではより整った文字を入れることができます。

これは宗派ごとに違いのあるものではありませんので、故人にあったものを選ぶとよいでしょう。

また、位牌の材質というものも、よく見られる黒漆位牌から、黒檀や紫檀などの高級木材を使った唐木位牌などがあります。

他にも位牌が複数毎あり、スペースの関係上1つにまとめたいとのニーズに答えた、回出位牌(くりだしいはい)というものもあります。

形には特に決まりがないこともあって、最近では自由なデザインの位牌をモダン位牌と呼び人気となっています。

位牌はなくなった方そのもの。しっかりと故人らしいものを選んでください。

お位牌についての詳細はいい仏壇(姉妹サイト)でもご紹介しています。詳細をお知りになりたい方はそちらも合わせてご覧ください。

 

【関連記事】

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

4/5 (1)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す