【仏教解説】曹洞宗とは?歴史や教え、お経など

曹洞宗とは

曹洞宗(そうとうしゅう)とは、鎌倉時代に宋から日本に伝えられた禅宗です。臨済宗・黄檗宗とともに日本三大禅宗の一つであり、全国に多数の寺院数と信者数を持つ日本有数の仏教宗派です。

この記事では、大衆から広く信仰されてきた曹洞宗の歴史や教えの特徴、臨済宗との違い、総本山や主要な寺院などについて詳しくご紹介しますので、ご参考ください。

Adsense(SYASOH_PJ-195)

曹洞宗の歴史

曹洞宗の歴史

曹洞宗は、中国の禅宗五家の一つであり、唐の時代の禅僧・洞山良价(とうざんりょうかい)を開祖とします。

日本における曹洞宗は、鎌倉時代初期に道元により伝えられ、臨済宗などとともに鎌倉仏教の一つに数えられています。臨済宗の建仁寺で修業した道元は、宋に渡り天童山で曹洞宗の天童如浄により印可を受けました。1228(安貞2)年に帰国し、京都に興聖寺を開きましたが、比叡山から弾圧を受け、1244(寛元2)年に越前国(福井県)に下向し、永平寺を開山しました。その後、第四祖瑩山は多くの優れた弟子を養成し大衆教化にもつとめ、曹洞宗の素地をつくりました。曹洞宗では、道元を高祖、瑩山を太祖として仰いでいます。

「臨済将軍曹洞士民」という言葉があるように、臨済宗が鎌倉幕府や室町幕府など武家政権と強く結びついていたのに対して、曹洞宗は地方の武士や民衆に広まっていきました。

2017年現在、全国の曹洞宗の寺院数は14,713、信者数は3,480,943人を誇り、日本有数の仏教の宗派となっています。

道元の生い立ち

身分の高い生まれの道元

道元は、1200年に京都で生まれたと言われています。両親は時の内大臣、もと関白の血筋であるともいわれていますが、これは諸説あるためはっきりしたことはわかっていません。幼少時より非常に聡明であり、9歳の若さで難解な倶舎論(くしゃろん)を読んだとの逸話が残されています。

倶舎論は古来より仏教を学ぶ者にとって必修と言われていました。仏教の入門書とも言われており、宇宙の構造や輪廻転生などが書かれています。非常に難解で、8年は学ばなければ内容を理解できないといわれるほどでしたが、道元は9歳の若さで倶舎論を読み解き、内容も理解したと伝わっています。

幼少期に両親を亡くし、仏教の道に

道元は、決して恵まれた環境で育ったとはいえません。

彼が3歳のときには実父が亡くなっており、また8歳のときには母親も亡くしてしまいます。このような悲しい体験をしたことで、世の中の無常を感じずにはいられませんでした。これが、彼が仏教の道に入った大きな理由と言われています。

比叡山で出家

道元は非営利で修行、出家します

仏の道へ心を傾けた彼は、14歳のときに比叡山で剃髪、出家し、仏教について学びはじめます。

当時の比叡山といえば、仏教における最高峰の拠点でした。道元が学んでいたのは天台教学でしたが、経文の中で見つけたある一文に大きな疑問を抱くようになります。

それからは、自らの抱えたその疑問を解決するための活動をはじめます。そして日本臨済宗の開祖、栄西の高弟として名高かった明全(みょうぜん)に教えを請いにいきました。

宋(中国)への留学と禅との出会い

24歳の頃になると、さらに仏教の道を究めたいと、当時の宋、現在の中国に渡ることを決意します。

師である明全と共に宋にわたった道元は、天童如浄(てんどうにょじょう)という禅師と出会います。如浄の思想や考え方を聞いた彼は、生涯の師はこの人しかいないと考えます。

そのまま彼の弟子になり、ひたすら坐禅の修業に励み、やがて悟りの境地に達したことを証明する、印可証明を受けるほどになります。

こうして修業を続けてきた彼は、28歳のときに宋の地と師に別れを告げ日本に帰国します。なお、道元と共に宋に渡った明全は日本に帰ることなく亡くなりましたが、道元はその遺骨を持って帰国しました。

日本で坐禅を広める

日本に戻った彼は、坐禅における作法や心構えなどを著します。その後、坐禅の修業を行う場として京都に興聖寺を建立し、多くの人々に坐禅を広めたのです。

彼の教えに共感し多くの弟子が集まり、その名声はどんどん高まっていきました。寺に在籍する僧の数もますます増えたのですが、規模が大きくなりすぎたことで外圧を受けるようにもなりました。

生涯の師と仰いだ如浄禅師は、かつて権力とは距離を置き深山幽谷で仏の道にまい進するように、と道元に教えていました。道元はその教えに従い、福井県の山中に新たな寺を建立します。これが曹洞宗の大本山、永平寺の前身となります。

道元は、その後も弟子の育成や坐禅を広めることに尽力していましたが、1253年の9月に54歳の若さでこの世を去りました。

今なお生きる、道元の言葉

道元の説いた教えや修行の上で大切なことなどは、『正法眼蔵』や『永平元禅師清規』などの師書物に著しています。『正法眼蔵』は曹洞宗の根本聖典としてだけでなく、日本の思想史でも重要な書とされています。

道元の言葉には、今、私たちが暮らす日常の中にも通じるものがたくさんあります。

例えば、道元が35歳の時に記したと言われる「典座教訓」には、道元が宋で出会った禅語「他はこれ我にあらず(他不是吾)」という教えがあります。「人間には一人一人に役割や仕事があり、それを他人に任せてはならない」「どのようなことでも修業と思って過ごすべき」という教えです。何もかも他の人に任せてしまっては、自分のためにならないということです。

また「礼拜得随」には、「ただまさに法を重くし身を軽くするなり」という教えがあります。これは、人が嫌がることを自ら進んでやろうとする人々の優しい気持ち、思いやりこそが世の中を明るくする、という教えです。

さらに、道元は時間の大切さについても、無益なことで時間を無駄にするのはよくないことだと弟子や信者に説いています。

曹洞宗の教えとその特徴

曹洞宗の教えとその根幹

曹洞宗の教えの根幹は坐禅です。お釈迦様が坐禅の修行により悟りを開かれたことに由来し、曹洞宗の坐禅はただひたすらに坐るという「只管打坐(しかんたざ)」です。坐禅する姿そのものが「仏の姿」であり、「悟りの姿」であるとされます。悟りのための手段として修行するのではなく、修行と悟りは一体のものだという「修証一如(しゅしょういちにょ)」の教えにもとづいています。

また、道元は起床・食事・掃除・洗面・入浴など、日常生活のすべての行為に坐禅と同じ価値を見いだし、禅の修行として行うことを説いています。

臨済宗の坐禅が人と向かい合って坐禅を行うのに対して、曹洞宗では禅を組むときは、壁に向かって禅を組みます。これを「面壁坐禅(めんぺきざぜん)」と呼びます。

また、臨済宗では師から与えられる「公案」について考えながら坐禅を行う「看話禅(かんなぜん)」が特徴であるのに対して、黙ってひたすら坐禅する曹洞宗の坐禅のことを「黙照禅(もくしょうぜん)」と呼びます。このように、同じ禅宗でも曹洞宗と臨済宗では、禅についての思想の違いがあります。

曹洞宗の本尊には、厳格な決まりはなく、一般的には「釈迦如来」を祀りますが、各寺院の縁によって観世音菩薩や地蔵菩薩を本尊とすることもあります。一般の家庭の仏壇では、「一仏両祖」の三尊仏といい、中央に「釈迦如来」、脇侍として向かって右に「高祖・承陽大師(道元)」を、向かって左に「太祖・常済大師(瑩山)」の掛け軸を祀ります。

基本経典として、道元が著した「正法眼蔵」と瑩山の教えをまとめた「伝光録」を尊重し、日常経典として「正法眼蔵」から文言を抽出してまとめた「修証義」や「般若心経」などを読みます。

お唱えする言葉

「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」

曹洞宗をはじめとする禅宗では、浄土宗や浄土真宗で唱える念仏「南無阿弥陀仏」や日蓮宗で唱える題目「南無妙法蓮華経」などのように繰り返し唱えるものはありませんが、読経をはじめる前には「南無釈迦尼仏」と唱えます。「南無釈迦尼仏」とは、「お釈迦様に帰依します」という意味です。

よく読まれる経典

  • 「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)」
  • 「修証義(しゅしょうぎ)」
  • 「般若心経(はんにゃしんきょう)」
  • 「般若心経(はんにゃしんきょう)」
  • 「法華経(ほけきょう)」
  • 「大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)」
  • 「普勧坐禅義(ふかんざぜんぎ)」
  • 「坐禅用心記(ざぜんようじんき)」
  • 「伝光録(でんこうろく)」

お仏壇の飾り方

お仏壇の中央に、ご本尊の釈迦牟尼仏をまつり、向かって右に高祖承陽大師道元禅師を、左に太祖常済大師瑩山禅師を配して「一仏両祖」の三尊仏形式としてまつります(一仏両祖を一本とした、三尊仏の掛け軸もあります)。

また、右に達磨大師を、左に道元禅師と瑩山禅師をまつる場合もあるようです。

※地域や仏壇の大小などによってまつり方に違いがありますので、正しくは菩提寺にお聞きください。

主要な寺院と現在

主な寺院と現在

曹洞宗には大本山が二つあります。福井県永平寺町にある永平寺と神奈川県横浜市にある總持寺です。永平寺は1244(寛元2)年に道元が、總持寺は1321(元亨元)年に瑩山が開山しました。總持寺は石川県輪島市にありましたが、1898(明治31)年に焼失し、1911(明治44)年に現在地に移転しています。

永平寺では、今もなお、当時のまま多くの修行僧が厳しい修行生活を送っています。荘厳な空気に包まれた境内には、回廊で結ばれている七堂伽藍など70余棟の堂宇が建ち並び、禅の世界に触れようと、国内外から多くの参拝客が訪れています。永平寺では、坐禅や写経体験のほか、宿泊しながら修行僧のような生活が体験できる参籠や坐禅三昧の時間を過ごせる参禅を体験することができます。

總持寺は、広大な境内には仏殿、大祖堂をはじめ多くの堂宇が建ち並び、仏殿など16件の建造物が登録有形文化財に登録されています。また、石原裕次郎など著名人の墓が多いことでも知られています。

その他、曹洞宗の著名な寺院には、霊場として知られる恐山菩提寺、赤穂浪士の墓がある高輪・泉岳寺、とげぬき地蔵の名で知られる巣鴨・高岩寺、国宝に登録された高岡・瑞龍寺、美しい庭園の京都・詩仙堂などがあります。

まとめ

禅宗の一つである曹洞宗の歴史や教えとその特徴、総本山と主な寺院についてご紹介しました。曹洞宗の寺院は多く、曹洞宗の葬儀に参列されることも多いと思いますので、その際の参考にしていただければ幸いです。

また、曹洞宗の葬儀の執り行い方やマナーについて知りたい方、葬儀のお見積もりが欲しい方、どの葬儀社に頼めば良いかとお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す