はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

社葬とは?社葬の種類・個人葬との違い・税法上の取り扱いなど

社葬とは、会社が運営主体となって執り行われる葬儀のことです。社葬と聞くと大きな会社が執り行うイメージがありますが、社葬には税制上のメリットなどもあり、中小企業や自営業の方にもおすすめの形式です。社葬と他の葬儀との違いは何か、社葬の目的、社葬の形式にはどのようなものがあるか、社葬を運営する際のポイント、社葬に参列する時のマナーなどについて詳しく紹介しています。

会社が施主となって執り行う葬儀を社葬といいます。社葬の対象となるのはそれぞれの企業によっても異なりますが、一般的には会社の創業者や、会長、社長、役員などの経営陣。また会社に大きく貢献した方や、業務中の事故で亡くなった方となります。会社が主体となって執り行うため、個人が執り行う一般葬とは、下記のような違いがあります。

社葬の施主と喪主の違い

喪主は葬儀の打ち合わせをしたり、葬儀で挨拶をしたり、弔問を受けたりなど、葬儀を取り仕切る人です。一方、施主は主に葬儀の費用を負担し、葬儀を運営・サポートする責任者のことです。通常、一般葬では遺族が喪主を務め、施主も兼任しますが、社葬では喪主は遺族、施主は会社が担い、葬儀委員長を会社の社長や重役が務めます。

社葬の費用負担

一般葬では葬儀に関わる費用を喪主や親族が負担しますが、社葬では葬儀に関わる費用の全額または一部を会社が負担します。大企業などでは、役職や後席によって負担する費用や範囲を社内規程で定めている場合もあります。

葬儀の目的

一般葬も社葬も、故人の死を悼み、遺族の悲しみを慰めるという目的は同じですが、社葬を執り行うことにはそのほかにも大切な目的があります。

社葬は、社内外に故人の功績を称え、故人の会社に対する想いを引き継いでいく意思をアピールする場でもあります。また、代表者が亡くなった場合は、後継者が取引先や社員など、関係者に対して事業の承継を宣言する場でもあります。

今後の体制が盤石であるということを示すためにも、社葬を滞りなく運営することが重要です。社葬が、今後の会社のイメージを左右することもあります。

社葬の種類

社葬には、遺族による密葬が終わった後に日を置いて行われる一般的な意味合いでの「社葬」と、遺族と会社が合同で行う「合同葬」、宗教色や儀式性を抑えた「お別れの会」があります。

合同葬とは

合同葬は遺族と企業が合同で執り行う葬儀です。

おおよその流れは一般葬と同様、それぞれの地域の慣習にそって、火葬前の遺体を前に通夜や葬儀・告別式を行うのが一般的です。

中小企業などの同族会社で多く見られます。葬儀費用の負担や葬儀の運営の仕方については、会社と遺族が話し合って決めます。スケジュールが厳しい場合もありますが、葬儀が一回で済むため遺族や参列者の負担が抑えられるというメリットがあります。

社葬とは

一方、社葬は企業が施主となります。喪主や遺族は社葬に出席することはありますが、運営にはかかわらないのが一般的です。遺族や親せき、親しい方々とのお別れはすでに行っているため、より企業色の強い葬儀となります。

お別れ会とは

お別れ会は、社葬の名称が変わったものです。特に定義があるわけではなく、内容も社葬と大きく変わることはありませんが、社葬と比べ、宗教儀式を廃して、故人の業績を称え告別することを主な目的とすることが多いようです。

また、ホテルの宴会場などを会場に参列者を会食でもてなし、故人の業績を展示するブースを設けたり、映像を流したりするなど、演出等の自由度がより高くなる傾向もあるようです。お別れの会、偲ぶ会と呼ばれることもあります。

 

一般的には社葬とお別れ会は、葬儀とは別に四十九日法要の前に執り行われます。日程に余裕があるため、葬儀委員会の設置や関係者への案内、当日の進行の打ち合わせなど、体制を整えた状態で執り行うことができます。

社葬を運営する上での注意点

どんな形式で社葬を執り行うとしても、大切にしなければならないのは遺族の想いです。社葬を執り行いたい場合は、故人が会社に貢献していたこと、仕事の関係者も多く参列できること、費用を会社が負担することなどを遺族に説明しましょう。

それでも遺族が社葬を辞退された場合は、遺族の想いを尊重し、最善の対応を考える必要があります。

社葬の税法上の取り扱い

社葬に関わる費用は、福利厚生費として損金算入することができます。税法上認められるのは、故人の会社に対する貢献度や亡くなった事由が、社会通念上相当と認められる場合です。社葬に関わるすべての費用が損金算入されるわけではなく、戒名料や墓石の購入費用など、認められない費用もあります。

また、損金算入するためには、社葬で執り行うことを取締役会で決定し、取締役会議事録に残す必要があります。

社葬に参列する際のマナー

社葬は会社だけでなく、故人や遺族にとっても大切なイベントです。会葬者として社葬に参加する場合は、失礼のないようにしましょう。

服装は、男女とも略礼服と呼ばれる喪服で参列します。「お別れ会」などの場合、案内状に「平服でお越しください」と書かれていることがあります。

その場合は、男性はダークスーツ、女性は黒や紺など、地味な色のスーツやワンピースがおすすめです。アクセサリーをつける場合は、パールを選ぶようにしましょう。それぞれの企業の特色や、その企業の属する業界の風潮などもあります。そうした企業文化なども考慮しながら、ふさわしい服装を心掛けましょう。

まとめ

社葬は、故人の死を悼むだけでなく、会社として社内外に将来性など企業力をアピールする場でもあります。慌てることなく社葬を執り行えるように、社内規程の整備や運営方法の検討など、事前準備を進めておくことをおすすめします。また、社葬の費用や会場、式の進行などわからないことがある方や、まずは相談したいという方は、お気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

4.91/5 (11)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す