はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

粉骨とは?粉骨方法と業者選定のポイント

粉骨

粉骨とは、遺骨を粉末状に砕くことです。近年は埋葬に対する考え方が変わりつつあり、海や山への散骨や手元供養が増えてきたこともあり、粉骨を希望する遺族が増えています。また納骨堂など限られたスペースに複数の遺骨を納骨する場合も、粉骨し遺骨の体積を減らした上で納骨するというケースもあります。粉骨は自分で行うことも可能ですが、実際には、信頼できる業者に依頼するというケースが大半です。ここでは粉骨の流れや業者の選び方などについて解説します。

粉骨する理由

近年、埋葬や供養への考え方が変化し、新しい埋葬方法が出てきています。その中でも山や海などに遺骨を撒いて埋葬する散骨と、故人の遺骨を自宅で供養する手元供養を選ぶ遺族が増加しており、粉骨の需要が年々高まっています。

散骨をする際には、骨と分からないように遺骨を2mm以下に粉砕しなければならないというように、散骨を執り行う事業者などが作る自主規制など、ルールが定められています。それ以上の大きさになると、第三者に発見された際に死体遺棄として事件に発展するおそれがある、また散骨を行う場所の周辺で生活する人々への精神的な負担なども考慮する必要があるといったことが、その主な理由です。

一方、手元供養では遺骨をコンパクトにまとめるために粉骨します。骨壺は場所をとるだけでなく圧迫感もあるため、仏間のない家などでは扱いに困ってしまうことがあります。遺骨を破砕することで、骨箱の大きさを3分の1程度まで小さくできます。

粉骨しても法律違反にはならない?

粉骨について、遺骨は法律上で物に該当するという見方が一般的です。
法律での遺骨の取り扱いが物である以上、遺骨も粉砕しても違法ではありません。

遺骨を粉骨する方法について

自分で粉骨する方法

人の骨を砕くというのは特殊な行為です。しかし、粉骨には資格や許可、認可などは必要ありません。そのため、自分の手で粉骨を行うことができる粉骨キットなども販売されています。

一般的に自分で粉骨するのであれば、まず袋に遺骨を入れた状態で、ハンマーなどで細かく砕きます。その後、すり鉢を利用して粉末状にしていきます。しかし、遺族が故人の骨を砕くことについては心理的な負担も大きいですし、体力的にも大変な作業です。

特別な事情がない限り、粉骨は信頼できる業者に依頼することをおすすめします。

粉骨サービスを利用する方法

粉骨サービスには大きく分けて手で砕く方法と機械で粉砕する方法があります。手作業の方が丁寧で気持ちがこもっている感じがありますが、そのぶん時間や費用がかかります。一方、機械で砕く方法を利用する場合は、手作業に比べて粉骨後の粒子が均一で細かくなり、価格が抑えられるというメリットがあります。

また、粉骨サービスを利用する際には、遺骨を郵送して粉骨した後に送り返してもらうタイプ作業に立ち会うタイプがあります。立ち会いでの粉骨は基本的にどちらの方法でも可能です。

散骨を行っている業者や、葬儀社に紹介された業者に依頼することで粉骨サービスを利用できます。また永代供養墓を運営している寺院では、お寺で粉骨をしてくれることもあります。

粉骨サービスの選び方や注意点

粉骨を機械で行っているか、手作業で行っているかという点については、それぞれメリットとデメリットがあるので、一概にどちらがよいとは言えません。ただし、粉骨への立ち会いを歓迎しているかどうかは、業者を選定する際には重要なポイントといえます。

遺族からすれば、粉骨も大切な葬送の一部です。可能であれば立ち会って見届けたいところです。

遠方から遺骨を郵送する場合は粉骨に立ち会うことは困難ですが、それでも遺族の立ち会いに前向きかどうかについてしっかりチェックすることをおすすめします。

さらに、業者が身元を明らかにしているかどうかも大きなポイントです。粉骨は作業にそれほど場所をとらないので、マンションの1室などでも行えてしまいます。会社や代表者の情報がきちんと公開されていない業者は避けるようにしましょう。

まとめ

ここでは、粉骨の方法や業者の選び方について紹介しました。
遺骨は一度砕いてしまうと、元には戻りません。散骨や手元供養をするために粉骨が必要になることがありますが、後悔をしないためにも粉骨は専門の業者に依頼することをおすすめします。散骨や手元供養を検討されている方や粉骨の業者を紹介して欲しいという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

海へ還るという選択肢「海洋散骨」のご案内

近年では、大自然に還るということを意識して「海洋散骨(海洋葬)」を利用される方が増えており、葬送の新たな選択肢として注目されています。
海洋散骨の「ブルーオーシャンセレモニー」は、チャーター散骨、合同散骨、代理委託散骨など自社所有の船で1,000件以上の実績を持ち、NHKをはじめ多数メディアから特集されています。散骨をする前に必要となる粉骨(ご遺骨の粉末化)も自社の粉骨室でお客様立ち合いのもと実施。墓じまいの後のご供養としての散骨を、心を込めてお手伝いしています。
※ブルーオーシャンセレモニーは、「いいお墓」の運営会社である鎌倉新書の関連会社:株式会社ハウスボートクラブが提供しています。

海へ還るという選択肢「海洋散骨」のご案内

海へ還るという選択肢「海洋散骨」のご案内

 

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す