はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

社葬の際の服装と持っていくべき持ち物に関する注意点

社葬とは、大きく会社へ貢献した方が亡くなった際などに、会社を挙げて執り行うものです。この社葬に参列する際の服装や持ち物は、どうするべきなのでしょうか。個人の葬儀とは異なる部分のある社葬。社葬における平服のマナーや、企業の代表として参加するとき、必ず持っていきたい物などをまとめてご紹介します。会社の葬儀は、礼儀とマナーが特に重んじられる場所です。いざというときでも落ち着いて参列できるよう、基本的な知識を確認しておきましょう。

社葬に参列するときの服装

社葬でも、普通の葬儀と同じように、暗い色のスーツや略礼服を着て参列するのが基本です。

スーツの色は、男女ともに黒か濃紺色を選んでください。無地、もしくは目立たないストライプ柄であれば問題ないとされています。肌が見えない丈の長袖を選びましょう。スーツの中には白のワイシャツを選んで、男性は黒のネクタイを締めます。

女性の場合は、ワンピースでもよいでしょう。その際、スカート丈は膝下のものを選ぶのがポイントです。

服だけでなく、靴やカバンも黒のものを選びます。男性は光沢や金具の目立たない革靴を、女性はフォーマルなパンプスを選びましょう。その際、ヒールは3~5センチ程度のものが理想です。また、素足ではなく黒色のストッキングも履いておきます。

アクセサリーは、結婚指輪を除き、身につけません。ただし女性の場合は、一連タイプの真珠のネックレスなど、華美でない程度に着用してもかまいません。

社章は基本的には外していきますが、企業の代表として参列する場合にはつけることもあります。

避けた方がよい装いや持ち物

一般の葬儀と同様に、避けた方がよい装いもあります。

まずは髪型に気を配りましょう。男性は、清潔感のあるスタイルに整えます。女性の場合は、まとめる位置を下の方にしましょう。そしてメイクも薄めにして、チークやアイシャドウが目立たないようにします。ただし、口紅は健康的に見せるために多少色があってもかまいませんが、派手な色合いは避けた方がよいでしょう。

持ち物にも注意が必要です。バッグは、金具などが目立たない布地の素材を選んでください。

特に、蛇など動物の革を使ったものは殺生を連想するので控えます。靴に関しても金具の目立つものや、光沢のあるものは避けてください。また、ネクタイピンは光るためよくないとされています。その会社の代表として参列するつもりで、身だしなみには気を付けましょう。

平服指定の場合は略喪服を着用して参列する

葬儀では喪服を着るのが通常ですが、社葬の場合は平服でお越しください、と指定されることがあります。喪服は略喪服、準喪服、正喪服の順に正式でかしこまったものとなりますが、会社から平服を指定された場合は、略喪服を着ていきましょう。その際は、男女共通で黒・紺・ダークグレーなど、暗い色のスーツを選んでください。

平服には普段着という意味もありますが、社葬の場合は格式の高い服装ではなく、落ち着きのある服という意味合いがあります。だからといって礼儀を欠いたり、カジュアルにしたりしていいというわけではありませんので、注意してください。

社葬に必要な持ち物

社葬に必要な持ち物は、数珠、名刺、不祝儀袋、袱紗です。

数珠は仏式の葬儀のときに持っていきます。日本のほとんどの葬儀は仏式なので、持参しておくと安心です。

名刺は会社の代表として参列する場合、必須のアイテムとなります。

弔事で渡す名刺には作法があり、右肩に「弔」という字を書いたり、左下を折り曲げて渡すことで弔いの意を示すことができます。また、代理人の場合は、弔の代わりに「代」という字を書くこともあります。

次に、不祝儀袋は香典袋のことです。香典の受付がある社葬の場合、忘れずに持っていきましょう。社葬の香典の相場は、会社同士の付き合いや故人の役職で変わってきます。だいたい1万~5万円が一般的ですが、香典の慣例が会社内にある場合は、そちらに合わせることをおすすめします。

香典袋を包むための袱紗は、包み方にも注意が必要です。正方形ものなら右端から包みます。二つ折りのタイプなら左開きのものにしましょう。

社葬が一般的な葬儀と異なる点

社葬には、企業を創り上げた社長や、多大な貢献した社員を弔い、功績を称えるという意味があります。大きな会場で行われることが多く、数百~数千人が参列することもあります。また、社葬を行うことで、社会に対して企業の組織力・信用力を示したり、広報的な意味合いを持ったりすることもあるでしょう。

お亡くなりになった方を哀悼する大切な儀式であることは間違いないですが、企業にとっては社会に存在感を示すという、大きな意義もあります。

まとめ

社葬の服装と持ち物について解説しました。社葬でも、通常の葬儀と同じように喪服を着用します。平服が指定されることがありますが、その際も基本的に派手な色や装飾は身に着けず、地味な格好を心がけましょう。企業の代表として参列する場合には、社章や名刺、香典など忘れずに持参します。社葬での服装のほか、葬儀についてのお悩みがあったり、お見積もりをご希望されたりしている場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (3)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す