はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

「はじめてのお葬式ガイド」では、終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

法要の種類

法要とは、葬儀の後故人の冥福を祈り供養することです。初七日法要から四十九日法要、百箇日法要、一周忌法要、そして三回忌、七回忌と続きます。それぞれの法要によってその意味合いや重要度、規模が異なります。
また三十三回忌、五十回忌など最後の法要となる、弔い上げをすることで、故人の霊は先祖となって、子孫を守ると考えられています。

法事と法要はほぼ同じ意味で使われています。しばしば法事・法要と一緒に扱われることもありますが、そのニュアンスはやや異なります。
法事とは仏教の行事のことを指します。仏事、年忌、年回、供養、追善ともいいます。

一方で法要とは、法事の中でも特に供養のための仏教的な儀式のことを指します。
言葉を換えれば、法事は法要とその後の会食なども含めた一連の行事ということができます。

法要の主な目的

法要とは、遺族が故人を偲び、故人の冥福を祈るために行う「追善供養(ついぜんくよう)」のことです。
追善供養とは、生きている人が善行を行うことで、故人の善行になるという考え方です。
仏教の世界では故人は死後に極楽へ行くため、生前の行いを審判にかけられるとされています。そのため、故人が無事に極楽浄土へ行けるように、遺族が善行を積むわけです。
ただし、浄土真宗では故人は死後すぐに仏になると考えられていることから、法要は追善供養のためではなく、故人を偲び、仏法に接するためと考えます。

法要の種類(一周忌まで)

仏教では、亡くなってから一定の日数で法要を行います。
基本的には、故人が亡くなった日から数えますが、地域によってはその前日から数えることもあります。
仏教では、死後7日ごとに7回にわたって、生前の行いが審判によって裁かれると考えられています。

亡くなった日、またはその前日から数えて7日目が初七日、その翌日から7日目が二七日(ふたなぬか)、三七日(みなぬか)、四七日(よなのか)、五七日(いつなのか)、六七日(むなのか)というように、七七日(なななぬか)である四十九日まで、7日ごとに法要を営みます。

初七日法要

死後7日目に当たる初七日は、この世とあの世の間にある「三途の川」のほとりに到着する日だとされており、ここでの裁きによって橋を渡るか、浅瀬を渡るか、急流を渡るかが決まるといわれています。

そのため残された遺族は、故人が無事に極楽浄土へと旅立てるように裁きの日に追善供養として法要を営み、現世で善行を積むというわけです。
最近では、告別式の後に続けて行う式中初七日や、火葬場から戻った後に行う繰り上げ初七日など、葬儀の当日に初七日法要まで合わせて行う場合も増えています。

五七日法要

五七日法要は四十九日法要と同じくらい、大切な法要とされています。
この日は、閻魔大王の裁きの日ともいわれており、地域や宗派によっては四十九日より盛大に営む場合もあります。
また、故人の亡くなった日にもよりますが、中陰が3ヵ月以上になる場合、それをさけるために五七日を忌明けとすることもあるようです。

四十九日法要

死者は死後7日ごとに7回にわたって裁きを受けると前述しましたが、この裁きが終わり来世の行き先が決まるのが、49日目だとされています。
そのため遺族は、故人が極楽浄土へ旅立てるように、現世で法要を営み、裁きの日の追善供養を行います。

死後すぐに仏になると考える浄土真宗以外の宗派では、49日で死者の魂は現世から離れ、あの世へ旅立って行くと考えているので、四十九日法要と同時に納骨の法要を行うのが一般的です。

百箇日法要

四十九日法要の後の法要は、故人の命日を含めて数えて100日目に行う百箇日法要です。
百箇日法要は別名、卒哭忌(そっこくき、そっこうき)とも呼ばれます。これは100日目をもって遺族は泣くことから卒業する、つまり悲しみに泣き暮れる日々を終了するという日とされています。

百箇日法要は四十九日法要などとは異なり、遺族や近親者のみで自宅に僧侶を招いて行うのが一般的です。
法要の内容は四十九日法要と同じで、僧侶の読経と法話であり、終わった後に会食を行うことが多いですが、この会食は親族同士が集まって挨拶も兼ねて食事をするという意味合いが強くなります。
また、この百箇日法要までに故人の遺品を整理したり、形見分けを済ませたりするのが一般的です。法要の後に親族や近親者でこれを済ませるのもいいでしょう。

法要の種類(一周忌以降)

百箇日法要が終わったら、故人の亡くなった年に行う儀式はすべて終了です。
その後は次にあげる通りに、没年後の経過年数に合わせて年次法要を行います。

一般的に法要は命日に行うのが最も良いとされていますが、平日に家族や親族などの参列者が集まることが難しいことから命日の前の休日に行うのが一般的です。
なお、一周忌は故人が亡くなって1年後に行われますが、三回忌の法要が営まれるのは2年後です。三回忌以降は数え年で計算すると覚えておくとわかりやすいかもしれません。

一周忌

一周忌はその文字の通り故人が亡くなった翌年の命日に行う法要です。
四十九日法要と同じくらいの規模で遺族・親族に友人や知人なども招いて行われることが多く、一周忌をもって喪が明けるということになります。

三回忌

三回忌は、故人がなくなってから満2年目に行う法要です。
三回忌という呼び方から勘違いされている方も多いですが、この法要は故人が亡くなってから3年後ではなく、2年後です。

七回忌

七回忌は、故人の没年から6年後の命日に行う法要です。
三回忌の項目で前述したように、7回忌といえども、数え年の6年目に行います。
七回忌から法要の規模を縮小して、家族や親族のみで行うのが一般的です。

十三回忌

故人の没年から12年後の命日前に行う法要です。
地域の慣習にもよりますが、十三回忌までは法要を行い、この後は三十三回忌の弔いあげまで法要を行わない家庭も増えています。

十七回忌

故人の没年から16年後の命日前に行う法要です。
このあと、三十三回忌の前に、二十三回忌(22年後)、二十五回忌(24年後)、二十七回忌(26年後)と法要を行う場合もありますが、十七回忌の後は三十三回忌まで法要を行わない場合も増えてきています。

三十三回忌

年忌法要についてご紹介してきましたが、年数に応じて永遠に法要を行うかというとそうではなく、三十三回忌で弔いあげとするのが一般的です。
このほか、三十三回忌のあと、三十七回忌(36年後)を行い五十回忌(49年後)で弔いあげとする場合もあります。

年忌法要とは・いつまで法要をする(弔い上げ)

故人は三十三回忌(もしくは五十回忌)をもって、弔いあげとし、位牌を菩提寺に納め、戒名を過去帳に転記することが多いようです。弔いあげとなると、死者の穢れがなくなり、故人はいわゆる先祖として子孫を守る存在となります。ある意味、古くから日本に伝わる神道のような考え方です。

さらに、場合によっては五十回忌の後、百回忌まで法要を営むケースもあります。この場合、故人の供養というよりは、長い年月先祖を守ってきたという、ある意味おめでたい行事といった雰囲気になります。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (6)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す