はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

参列前に知っておきたい、三回忌法要でのお香典の相場と包み方

三回忌法要とは、故人が亡くなった年から満2年目の祥月命日前後に営む法要です。最近では、三回忌法要は、親族やごく親しい方だけを招いて営まれることが多いため、三回忌法要に参列した経験がある方は少ないかもしれません。ここでは三回忌法要に参列することになった方のために、親兄妹など親族や親戚、友人・知人など故人との関係別の香典の相場や、香典の包み方などのマナーについてご紹介します。

三回忌法要は、自宅や菩提寺で営まれるほか、葬祭場やホテルなどで営まれる場合もあります。また、法要の後に会食がある場合が多く、自宅や菩提寺で仕出し弁当を取り寄せて会食したり、ホテルや料亭などに移動して会食したりすることもあります。三回忌法要に招かれた際には、事前に法要の場所や会食の有無、会食会場の場所などについて施主に確認しておきましょう。

以上のことを確認した上で、香典の額は、「故人との関係性」「夫婦で参列するのか」「会食会場はどこか、料金はどの程度か」の3つの基準に基づいて判断します。

三回忌法要に夫婦で参列する場合

夫婦で参列する時は2人分の香典を包み、会食がある場合は1人5千円~1万円程度を香典に上乗せします。また、「四」や「九」は縁起の悪い数字とされているので、避けましょう。2万円などの偶数は、結婚祝ではタブーですが、三回忌法要など不祝儀の場合では問題はありません。

故人が自分や配偶者の両親など

故人が自分や配偶者の両親、兄妹・姉妹、祖父母など、一親等・二親等の親族である場合の相場は、次のとおりです。

 

会食がない場合は、1万円~3万円(夫婦で参列 2万円~5万円)

会食がある場合は、2万円~5万円(夫婦で参列 3万円~6万円)

自分や配偶者の叔父・叔母などの三回忌法要の場合

故人が自分や配偶者の叔父・叔母、甥・姪、曽祖父母など、三親等の親族である場合の相場は、次のとおりです。

 

会食がない場合は、5千円~2万円(夫婦で参列 1万円~3万円)

会食がある場合は、1万円~3万円(夫婦で参列 3万円~5万円)

自分や配偶者の従兄弟・従姉妹などの三回忌法要の場合

故人が自分や配偶者の従兄弟・従姉妹など、四親等以上の親族である場合の相場は、次のとおりです。

 

会食がない場合は、5千円~2万円(夫婦で参列 1万円~3万円)

会食がある場合は、1万円~3万円(夫婦で参列 3万円~5万円)

遠縁の親戚などの三回忌法要

故人が高齢の場合など、親戚といえども面識のない方もいらっしゃると思います。その場合は、大きな金額を包む必要はなく、同じぐらいの立場の親戚の方々と連名にして、一人あたり数千円ずつ出しで、1万円~3万円程度包むこともあります。

友人・知人の三回忌法要の場合

学生時代からの友人や会社の同僚、長年親しくしていたご近所の方などが、故人と生前親しかった友人・知人として、三回忌法要に招かれる場合の相場は、次のとおりです。

 

会食がない場合は、3千円~2万円(夫婦で参列 5千円~3万円)

会食がある場合は、1万円~3万円(夫婦で参列 3万円~5万円)

 

友人といっても、家族同様に親しくしていた場合は、親族と同程度の金額を包むこともあります。また、ご近所の方の場合、地域によって金額の取り決めがある場合もあります。同じような立場で招かれる方がいらっしゃるのなら、相談して決めましょう。

三回忌法要の香典の包み方

三回忌法要での香典の包み方のマナーをご紹介します。

包む金額によって異なる香典袋の「格」

三回忌法要の香典袋は、もちろん不祝儀袋を選びます。香典袋は、包む金額によって「格」があるので、包む金額にふさわしいものを選びましょう。

包む金額が3千円~5千円でしたら、水引がプリントされている封筒タイプの簡略香典袋でもよいです。包む金額が1万円~2万円の場合は、白黒の水引をかけた香典袋を選びます。関西では、白と黄色の香典袋を使う場合が多いです。

3万円以上を包む場合は、包みには高級和紙を使用し、双銀または黒白の高級な水引をかけた香典袋を選びます。

三回忌法要の香典袋の表書き

香典の表書きは、仏教の場合は「御仏前」または「御佛前」と書くのが一般的です。

通夜や葬儀で渡す香典は、突然の悲しみで流れた涙で墨が薄まってしまったという意味から薄墨で書きますが、事前に心の準備ができているので、三回忌法要の場合は濃い墨で書きます。

香典袋へのお金の入れ方

お札は、向きを揃えて香典袋に入れます。不祝儀なので、新札ではなく旧札を用意しますが、あまりに汚れていたり、皺の目立つお札は失礼にあたります。新札を一度折って、折り目をつけてから入れるのが丁寧とされています。

まとめ

三回忌法要に参列する前に確認しておきたい、香典の相場や香典の包み方のマナーなどについてご紹介しました。今回ご紹介した香典の相場は、あくまでも目安となります。親戚の間で決まりがあったり、地域でのしきたりなどがありますから、できれば親しい方に確認しておくとよいでしょう。三回忌法要などの法要や仏事についてご相談したい方は、ぜひお気軽にご相談ください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (3)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す