はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

精進落としの意味とかかる費用

葬式で行うべきことが一通り済んだ後に、喪主は僧侶と参列者の人たちに精進落としを振る舞います。ここでは精進落としの意味と費用の目安について解説していきます。

精進落としというのは、初七日法要や火葬の後、親族をはじめお世話になった方などに振る舞う食事のことです。お斎(おとき)やお清めということもあります。

本来は四十九日の忌明けとともに行うもので、日常の生活に戻ることを意味していましたが、時代とともに初七日法要の後に行われるようになりました。

さらに、最近では初七日法要を、葬儀のすぐ後に行う式中初七日や、火葬場から戻って行う繰り上げ初七日法要とすることが増えたため、精進落としも火葬場から戻ってすぐに、振る舞うことが多くなりました火葬を待つ間に、精進落としをすることもあります。

遺族が会葬者に感謝する立場になるため、宴が始まったら遺族は会葬者一人ひとりに酌などをしながらお礼を述べて回ります。1時間ほどをめどに喪主または親族代表があいさつに立ち、お開きとなります。

人生のエンディングをお手伝いする総合ガイドブックをプレゼント

◼️葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。

  • 看取りから葬儀までの流れ
  • 葬儀形式について詳しく解説
  • 葬儀費用の内訳を詳しく解説
  • 葬儀場を選ぶ3つのポイント
  • 相続準備や葬儀後の各種手続き
  • 経験者の「困った」から学ぶ相続
  • 納骨&仏壇tの種類と特徴
  • 一周忌までのスケジュール
資料請求はこちら

精進落としの由来

精進落としという呼び名から、振る舞われる食事は精進料理をイメージする方もいるかもしれませんが、肉や魚も入った通常の会席のお膳などが一般的です。精進落としという呼び名は昔の風習が大きく関係しています。

かつては仏教のしきたりにより、親族が亡くなった後、四十九日の忌明けとともに、精進料理から通常の料理への切り替えという意味で、精進落としと呼んでいました。地域によっては精進上げということもあります。

もともと、死を穢れとされていた時代、その穢れは火を通して広がると考えられていました。そのため喪に服している人は食事のための煮炊きをはじめ、生活の中で使用する火を分けることで、穢れが広がることを防ぐ、別火(べつび)と呼ばれる風習がありました。服喪中の人がこもる小屋を用意し、生活を分けることもあったようです。そうした生活から、通常の食生活に戻ることを意味するのが、精進落としです。

現在では、親族が亡くなった直後でも、肉類や魚を食べないで過ごす風習はほとんど残っていません。しかし、昔の名残として精進落としという呼び名が現在でも使用されています。

僧侶や親族をはじめ、葬儀でお世話になった方に対するお礼としての意味合いが強いでしょう。

通夜振る舞いとの違い

精進落としとよく似ているものとして通夜振る舞いがあります。

精進落としが告別式や初七日法要の後で振る舞われる食事であるのに対して、通夜振る舞いは通夜の後に振る舞われる食事です。

時間を作って通夜に参列してくれた弔問客の人たちをもてなしたり、故人との思い出話をしたりするのが趣旨です。

通夜には誰が参列するのかはわかりません。

おおよその人数は把握できるものの、具体的な人数はわからないため、大皿の料理を用意するのが一般的です。寿司やサンドイッチ、オードブル、乾きものなどを組み合わせ、不足した場合にはすぐに追加できるよう、急な人数の変化にも対応できるようにします。お清めという意味もあり、日本酒をはじめアルコールも出します(ただし、車の運転をする人に対してはアルコールをすすめてはいけません)。

一方、告別式の場合は、通夜と異なり、参列している人がわかります。火葬場まで同行する人の人数も具体的に把握できるため、精進落としでは、大皿に盛り付けられた料理ではなく個別のお膳で料理を振る舞うのが一般的です。料理も通夜振る舞いよりランクの高いものが選ばれているようです。

なお、地域によっては、通夜振る舞いは親族のみで行うというように、通夜振る舞いも精進落としも、それぞれの地域や宗旨宗派によって習わしが異なります。わからないことがあれば、葬儀の担当者に確認しましょう。

>>通夜の日程はどう決める?開始~終了時刻の目安は?通夜の流れと焼香の順番は?通夜振る舞いの席には着くべき?

献杯の挨拶は喪主以外が行う場合も

精進落としのときには全員が席に着いてから、献杯の挨拶をします。献杯の挨拶は、必ずしも喪主が行う必要はありません。親族の中で年長者や故人と親しかった人に頼むのが一般的です。故人や喪主のきょうだいが献杯の挨拶をするケースが多いですが、特に誰に頼まなければならないという決まりがあるわけではありません。

ただ、喪主は精進落としの最初と最後に挨拶をするため、最初の挨拶に続いて献杯の音頭をとることはよくあります。

また、献杯の音頭をとるときには、簡単な挨拶をしますので、喪主以外の人に献杯の音頭をお願いする場合には、事前に打診しておきましょう。

献杯の挨拶では、最初に故人との関係を言います。告別式には親族だけでなく仕事関係の人など、初対面の人もいるためです。親族だけで行う場合には省いても問題はありません。

続いて、告別式に参列してくれたことに対するお礼の言葉を述べます。

次に故人を偲ぶ言葉や思い出、エピソードなどを語ります。このとき、故人との思い出がたくさんあっても、あまり長くならないように簡単にお話するのがポイントです。

簡単な挨拶の後に、献杯をします。

喪主の挨拶と同様、献杯の挨拶も重ねることを意味する言葉や続くことを意味する言葉、ストレートすぎる表現などは使わないようにしましょう。

献杯の音頭が済んだら「ありがとうございました」と一言お礼を言ってから着席し、食事をします。

献杯で注意しなければならないことは、献杯の音頭をとるときにあまり大きな声を出さないことです。

声が小さすぎても聞こえませんが、人が亡くなったことで行われる儀式ということを意識して行いましょう。また、グラスとグラスを当て合うような動作や、グラスを高く上げるようなことも行いません。グラスは軽く手で持つだけです。

人生のエンディングをお手伝いする総合ガイドブックをプレゼント

◼️葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。

  • 看取りから葬儀までの流れ
  • 葬儀形式について詳しく解説
  • 葬儀費用の内訳を詳しく解説
  • 葬儀場を選ぶ3つのポイント
  • 相続準備や葬儀後の各種手続き
  • 経験者の「困った」から学ぶ相続
  • 納骨&仏壇tの種類と特徴
  • 一周忌までのスケジュール
資料請求はこちら

精進落としの料理の相場

精進落としは懐石料理店に注文して配達してもらったり、仕出し弁当店に注文したりします。葬儀業者が精進落としの料理の手配を代行してくれるケースも多いです。

精進落としの費用の相場については、1人あたりの料金で見てみると、3,000円から8,000円程度です。平均的な相場を考慮すると、1人あたり4,000円から5,000円前後のものを用意するのが無難です。精進落としに参席する人数が20人であれば8万円から10万円程度と見ておくといいでしょう。

一般的に通夜振る舞いよりも精進落としの方が高価な料理になりますが、参席者の人数の関係で、合計金額も精進落としの方が高いとは限りません。

宗教者が精進落としの席を辞退されたら

僧侶が都合によって精進落としに同席できないこともあります。

この場合、お膳料などをお渡しすることもあります。相場は1万円程度です。

精進落としに参席する際のマナー

精進落としでは参席する人があらかじめ決まっていることもあり、席順も決められていることが多いです。

喪主を務める人が席順を決めます。葬儀へ参列した人や僧侶をもてなすことを考慮して席順を決めるため、喪主は入口付近の末席です。

僧侶がもっとも上座の位置に座ります。僧侶の次には仕事関係の参席者や友人、知人などです。親族は喪主と同様に末席に座ります。

精進落としの基本的なマナー

精進落としのときの基本的なマナーとしては、献杯の挨拶の前に料理に手をつけたりお酒を飲んだりしてはいけません。

故人との思い出話などをしながら、食事をしてお酒を飲みますが、あまり大きな声を出してしまわないように注意しましょう。遺族の人が、友人や知人などにお酒を注いでくれます。参席者に対して1人ずつ簡単に話をすることも多いです。参席者から遺族の人に対しては、一言励ますような言葉をかけるといいでしょう。ただ、改めてお悔やみを言う必要はありません。

精進落としに参席するときに意識して注意しなければならないことは、あくまで故人を偲ぶ趣旨で行っているということです。

参席者同士で久しぶりに顔を合わせる機会になることもよくあります。お酒が入っていることもあり、つい話が盛り上がってしまうことも珍しくありません。故人とはあまり関係のない話題に花が咲さかせて大声を出したり、笑い声を出したりしてしまうこともあるかも知れません。しかし、精進落としの場で大声や笑い声はマナー違反です。久しぶりに会った兄弟や親戚などと話が盛り上がることも多いですが、度が過ぎると遺族に対して失礼にあたってしまいます。特にお酒を飲みすぎないように注意しましょう。もちろん、車を運転する人にお酒をすすめるのは禁止です。

また、喪主の職場の人や仕事関係の人の場合には、普段の飲み会のような調子になってしまわないように注意しましょう。話の話題はあくまで故人との思い出話が中心です。友人や知人なども同窓会のような調子になってしまうことがあるため注意しましょう。

精進落としに香典は包む?

精進落としの席に参会する際に、お香典を気にする方もいらっしゃいます。

基本的には、精進落としは喪主からのお礼ということもありますので、あまり気にする必要はないでしょう。喪主に配慮して、葬儀の際のお香典に、少し多めに包むということもあります。

また、地域によっては別で包む習わしのところもあるようです。わからないことがあれば、葬儀の担当者に確認してみましょう。

人生のエンディングをお手伝いする総合ガイドブックをプレゼント

◼️葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。

  • 看取りから葬儀までの流れ
  • 葬儀形式について詳しく解説
  • 葬儀費用の内訳を詳しく解説
  • 葬儀場を選ぶ3つのポイント
  • 相続準備や葬儀後の各種手続き
  • 経験者の「困った」から学ぶ相続
  • 納骨&仏壇tの種類と特徴
  • 一周忌までのスケジュール
資料請求はこちら

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (4)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す